引っ越しの準備!ダンボールを使わない意外な方法とは?

この記事は約6分で読めます。

引っ越しの準備って本当に大変ですよね。
箱に詰めようと思って片づけている最中に思い出の品を発掘してしまってあっという間に時間がたってしまう、というのは「引っ越し準備あるある」です。

そして、準備を進めていくと、あまりの荷物の多さに嫌気がさしてくるのも「あるある」。
引っ越し業者さんのアドバイスを受けて注文したダンボールが足りなくなるのも「あるある」だと思います。

ダンボールは、荷物への衝撃を緩和する役目があります。
形が揃っているので積み上げるときも効率的です。
重たい本などもうまく収まりますし、細かい物もざっくりと入れることができます。
そのため、ダンボールを一箱も使わずに引っ越しするのはなかなか厳しいと思います。
しかし、ダンボールが足りなくなったときの“奥の手”を知っていると、ダンボールの節約につながり、困ったときの参考になるはずです。

今回は、ダンボールの代用ができるものには、どんなものがあるのか?ということについてご紹介していきますね!

スポンサードリンク

引っ越しの準備でダンボール以外を使う方法!家にある意外なものでOK?!

ダンボールが足りなくなった。
もう一度注文したらお金がかかってしまう。
困った。

…というときに、まず第一に考えていただきたいのは、「近所のスーパーなどで余っているダンボールを無料でもらってくる方法」です。
レジが終わって商品を袋に詰めるあたりによく置いてますよね。
個人的には、みかん箱が一番オススメです!
少し小振りですが、手で持ちやすい穴があいているし、引っ越した後でも「しばらく使わないかな」というものは、そのまま積み重ねて置いておけます。

スーパーでダンボールが手に入らない、または、ダンボール自体が、荷ほどき後の処理に困るから極力使いたくない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな方は、家にある以下のようなものをお使いになるのはいかがでしょうか。


①衣装ケース
フタがついている、きちんとした衣装ケースであれば、食器などの割れ物も入れることができます。
割れ物を入れた場合はきちんとその表示をし、緩衝材(タオルでもOK)などを入れるようにしてくださいね。

②引き出し
たんすの引き出しを、服が入ったそのままでも運んでいただける場合があるそうです。
引っ越し業者さんがこれでOKと言ってくだされば、衣類の箱詰めは大幅に削減できます!

③スーツケース
当日の朝にしかまとめられないものや貴重品があれば、スーツケースに入れると良いと思います。
ご自身で転がして運搬することもできます。

④クーラーボックス
大きなクーラーボックスがあれば、これにも物を詰めることができます。
私が引っ越ししたときは、調味料などの冷蔵庫の最後に残ったものたちを入れて、クーラーボックス本来の使い方をしました。
すき間があれば、台所周りのもの(おたま等の小さめの調理器具)を入れても良いと思います。
コツとしては、荷ほどき時に収納する位置が近くのものを入れることです。

⑤ゴミ袋
衣類はまとめてゴミ袋に入れてしまう、という方法もあります。
シワにならないものを入れてくださいね。

⑥紙袋
途中で敗れてしまうリスクがありますが、軽いものなら紙袋にも入ります。

⑦布団袋
布団の圧縮袋も使えます。
布団の他に、衣類やタオル類も入れられると思います。

⑧かばん・エコバック
カバンやエコバッグなどの袋を使うのも、ちょっとしたものを詰めるのに結構便利ですよ。

これらのものは、引っ越し後もそのまま利用できるので、荷ほどき後の処理に困ることはありません。
しかし、ダンボールに比べると強度が弱く、運搬時も安定しにくいです。

中に入れるものは、万が一落としても壊れないものにし、事前に引っ越し業者さんにも「○○に入れても運んでもらえますか」と相談されると良いと思います。
引っ越し当日に「これでは運べません」と言われたら大変ですから。
おそらく、ダンボールで運ぶことを基本とされているので、上記の物を使うときは慎重に荷造りをし、自己責任でお願いします。


スポンサードリンク

引っ越し準備で小物を自分でまとめるとき!荷ほどきで困らない方法

文房具、スプーン類といった小物をまとめるのも頭を悩ませます。
こういった小物で、割れ物以外の場合は、綺麗に梱包しようとせずがさっと袋の入れてしまいましょう。
こつとしては、荷ほどきするときを考え、引き出し毎にまとめることです。

普通のナイロン袋でも良いし、丈夫なジップロックでも良いです。
どちらも再利用できます。
袋の中でバラバラになるのが気になる場合は、輪ゴムでとめましょう。
スプーン類はこれでOKです。

ただ、荷ほどき時にすぐ使いそうなメモ用の文房具や、お箸、スプーンなどはすぐ出せるところに梱包しておかないと、宝探し状態になってしまうので気をつけてくださいね。

引っ越しの準備!ダンボールを使わない意外な方法とは?のまとめ

引っ越しの準備のとき、ダンボールを使わない方法についてご紹介してきましたが、何か参考になる部分はあったでしょうか?
ご紹介してきたことを簡単にまとめておきましょう!


  • ダンボールが足りなくなったら、まずはスーパーで無料でもらえないか探しましょう。
  • ダンボールがなくなっても、衣装ケース、引き出し、スーツケース、クーラーボックス、ゴミ袋、紙袋、布団袋、かばん、エコバック等が使えます。
  • 事前に引っ越し業者に確認してください。

荷造りと荷ほどきを少しでも楽にするためには、断捨離がオススメです。
引っ越しが断捨離のベストタイミングです。

荷造りに少し余裕があれば、断捨離にもチャレンジしてみてください。
無事に荷物がまとまって、早く新居での生活が落ち着かれると良いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント