寝違えたときの治癒期間はどのぐらい?やってはいけないこととは?

寝違えたときって、なかなか治りませんよね!

私自身も寝違えた経験は何度もあります。

いつも気付いたときに治っているのですが、治るまでが辛いですよね。

そもそも寝違えると、治癒期間はどのぐらいなのでしょうか?

結論からお伝えをすると、最低でも1週間はかかります!

でも、寝違えた場所やどのぐらい痛めたのかによって、変わりますよ。

この記事では、寝違えたときの治癒期間について、詳しく解説していきます!

また、寝違えたときにやってはいけないこともご紹介しますね。

よく寝違える!という方、必見です!

スポンサードリンク

寝違えたときの治癒期間はどのぐらい?

寝違えたときの治癒期間はどのぐらいなのか…について。

これは冒頭でもお話をした通り、最低でも1週間です!

ただ、寝違えたからといって、ずっと安静にしていられないときもあります。

寝違えた場所を動かしてしまうと、結局治りが遅くなったりするものです。

寝違えると聞くと、イメージするのって首ですよね!

首は日常生活の中でも、使わないわけにはいかない部分です。

なので、治るまでには最低でも1週間ですが、もっとかかる場合も多いです。

ちなみに私自身も、以前首を寝違えたときに2週間ぐらい痛かったことがあります!

そのときも、仕事もあり安静にできなかったのも理由かなと思いました。

特に首って、寝違えたことを忘れて動かしてしまうことって多いですよね。

動かしてしまったあとには、本当にテンションが下がります…。

寝違えた痛みは2~3日頃に一番痛くなる?

寝違えた痛みは、2~3日頃に一番痛くなる…というのはご存知ですか?

もちろん、必ずそうなるとは限りません。

寝違えた箇所や寝違えた痛みの具合によって変わります。

ただ、一度寝違えると、同じ痛みがずっと続くという感じでもないようです。

寝違えると、最初は炎症を起こしたような痛みがあります。

ちょっと熱をもつ感じですよね。

そして、ちょっと熱が引いたかな?と思ったときに、筋肉痛のような痛みを感じます。

筋肉痛のような痛みが数日続いて、しばらくするといつの間にか治るパターンが多いです!

でも、中には1週間ぐらい経っても治らないこともあります。

私自身もそうだったのですが、1週間経っても治らない場合は、病院に行くのがおすすめです。

自分で治そうとして更に痛みが酷くなることは避けたいですね!


スポンサードリンク

寝違えたときにやってはいけないことってなに?

寝違えたときにやってはいけないことについて、お話していきますね!

寝違えた時って、だいぶテンションが下がるものです。

そして、どうにかして早く治したいと思いますよね。

早く治したい…と思うあまり、もしかしたらやってはいけないことをやっていることもあります!

よく寝違えてしまう…という方は、やってはいけないことを必ずチェックして下さい!

寝違えたときにやってはいけないこと①痛めた部分を温めてしまう

痛めた部分を温めてしまうのは、避けましょう!

これはなぜかというと、炎症を起こしているということは、熱をもっています。

まずはその熱を逃がさないと、痛みは引きません。

なんとなく、どこかを痛めた時って温める方が良いのかな?と思いがちですよね。

実は私自身も、寝違えたときは温めた方が良い!と思いこんでいました。

寝違えた時は、必ず冷やしましょう!

湿布を使う場合も、温湿布ではなく冷湿布を使ってくださいね。

熱を冷まして、炎症が落ち着いてからは、温めるのも効果がありますよ。

その場合は、温湿布を使っても良いですし、お風呂で温めても良いですね!

寝違えたときにやってはいけないこと②自分でマッサージをしてしまう

自分でマッサージをしてしまうのも、絶対にやめましょう!

私自身も、自分でほぐそうとしてしまったことがあります。

でもなんとなく、自分でマッサージをしてもよくならないものですよね。

そこで調べてみたら、自分でマッサージをしてはいけないと書いてありました。

整体のように、プロのマッサージ師がほぐすのとはわけが違いますよね!

素人が自分でやろうとすると、更に痛くなってしまうことの方が多いということです。

早く治したいのであれば、自分でマッサージをすることは避けたいところです。

寝違えたときにやってはいけないこと③無理に動かそうとしてしまう

痛めた部分を、無理に動かそうとしてしまうのもよくないですよ!

これは自分でマッサージをするというのも含まれますよね。

無理に動かしてほぐそうとすると、絶対に痛みが長引きます。

寝違えた時は、安静にするのが一番治りは早いです。

でも、日常生活の中で安静にしておくのって難しいですよね。

仕事や家事、育児をしていると、動かさないようにするのも難しいものです。

絶対に動かさない!というのが無理でも、負担をかけないようにはできますよね。

例えば、重たいものを持たないようにするとか、痛い方向には動かさないなど。

意識すれば少しでも動かさないようにはできるはずです。

寝違えた場所などによってはサポーターや湿布を貼るのは難しいこともあります。

でも、家にいる時間帯だけでも良いので、なるべく安静にしておきたいものですね。

スポンサードリンク

寝違えたときの治癒期間はどのぐらい?のまとめ

寝違えたときは、1週間ぐらいで治る!ということが多いです。

寝違えると痛み方が少しずつ変化します。

最初に熱をもって炎症を起こしていたところから、熱が引くと違う痛みになりますよね。

もちろん、痛め方が酷い場合は1週間経っても治らないかもしれません。

湿布などを使って家で処置をしてもなかなか治らない!という場合。

気になったら早めに病院に行くのが安心ですね。

病院に行けば、具体的にどうすれば良いのか、医者から話が聞けます。

それだけでも、気持ち的にはちょっと楽になるはずです!

1日でも早く治すためには、なるべく安静にして下さいね。

無理に動かしてしまうとか、負担をかけるようなことは避けましょう!

よく寝違えて困っているという方は、是非参考にしてみて下さいね!