温かい季節になってくると、畑の作物もスクスクと大きくなり、お世話が大変になってきます。

そのお世話も『美味しい野菜たちを育てるため!』と思えば苦になりませんが、暑い時期はやっぱり熱中症の危険と隣り合わせです。

そこで今回は、畑仕事を楽しむために、熱中症の危険から身を守る方法をお伝えします。土いじりの好きな私が、独自で行っている対策法もお伝えしますね。

この記事でお伝えしたいこと
  • 畑仕事中のもしもの時にできる応急処置
  • 熱中症にならないために自分でできること
スポンサードリンク

熱中症の症状ってどういうものがあるの?

熱中症になると、どんな症状が起こるのでしょうか?

まずは、そこをしっかりと知っておくことが大切です。

熱中症の主な症状
  • めまい
  • 筋肉痛やけいれん
  • 吐き気や体のだるさ
  • 汗のかきかたが普段と違う
  • 体が熱い
  • 歩くことができない
  • トイレの回数が少なすぎる

このような症状が現れると、熱中症の危険を疑う必要があります。

畑仕事中に熱中症になったときの応急処置

めまいやけいれん、吐き気を感じたら初期の熱中症です。体を楽にして水分補給をしながら、涼しいところで休みましょう。

服のボタンをはずしたり、ベルトを緩めることも大切な処置です。まずはこの処置が基本的な処置となります。

体に熱がこもってしまっている場合

体が熱いのに汗が少ない、玉のような汗が噴出してくる、といった普段とは違う汗のかきかたをしているときも要注意です。

体の熱が汗になって放射できていなかったり、体に必要なものまで汗として出ていて、体の機能が異常になっています。

そんなときには、濡れタオルで体を拭いて、体の熱を逃がしてあげましょう。濡れタオルで体を拭いてあげると、気化熱で肌の表面温度を下げる効果がありますよ。

体を冷やすときのポイント

首すじやわきの下、足の付け根などを氷枕や保冷剤をあてて体温を下げるようにしましょう。

氷枕や保冷剤がない場合は、冷たいペットボトルでもいいですよ。

トイレの回数が普段より極端に少ない場合

長時間トイレに行っていない場合も、注意が必要です。

体の水分がずいぶん減っていることが考えられますので、すぐに水分補給しましょう。

熱中症の症状が重症の場合

歩くことができなかったり、自分で水分補給ができない場合は、熱中症の症状として重症と疑われます。

この場合は躊躇(ちゅうちょ)せずに救急車を呼んだりして、すぐに病院へ行くことが大切になってきます。救急車を待っている間や病院に行っている途中も、体を冷やしてあげることを続けていてくださいね。

スポンサードリンク

熱中症にならないために自分でできること

熱中症にならないために、自分でできる対策があります。

できるだけ畑仕事は涼しいうちに!
同じ一時間でも、朝と昼とでは気温がぜんぜん違います。

炎天下での作業は、できるだけ涼しいうちに終わらせてしまうように心がけましょう。

20分ぐらい作業をしたら必ず休憩を!
定期的に休憩をとることで熱中症の危険から身を守ることができます。

休憩の時には水分補給を忘れずに!のどが渇いていなくても必ずです。

直射日光を避けるために必ず帽子をかぶりましょう
炎天下での作業をするときには、必ず帽子をかぶって直射日光で頭があつくなることを防ぎましょう!

帽子の中でも「麦わら帽子」は、風も通すのでおすすめですよ。

水分だけでなく塩分もお忘れなく!
汗で体の水分だけでなく、塩分も奪われてしまうので塩分補給も必要です。

塩アメなどをなめながら作業をするのもおすすめですよ。

クーラーボックスなどに保冷剤を用意しておくと安心!
万が一熱中症になったときに、体を冷やすことに使えますよ。

クーラーボックスの中に濡れタオルを入れておくと、ひんやりタオルで汗拭きのときに気持ちいいですよ

私が独自で行っている熱中症対策

以前職場で、中程度の熱中症を起こしてしまったことがあり、翌日点滴治療を受けた経験から、私独自の予防法を行っています。

タオルに保冷剤をくるんで首筋に巻きます
こうすることで、首にある太い血管が冷やされて、体温を下げてくれる効果が期待できますよ。

ひんやりしていて気持ちがいいです。

梅干をつけたときの梅酢を利用
500mlのペットボトルに麦茶を半分位と、小さじ一杯ほどの梅酢を入れて凍らせます。

出かけるときに、ペットボトルの残り半分に麦茶を注ぎます。だんだん塩分が溶けてきて、塩分入りの麦茶になりますよ。塩分とクエン酸が含まれるので、水筒ではサビの原因になる事があるので、私はペッとボトルの使用をおすすめします。

梅好きの私ならではの方法なのですが、食塩を麦茶に溶かすよりは、梅干の酸味も加わって飲みやすくなりますよ。興味があればお試しください。

夏バテ効果抜群の梅シロップの作り方!短時間で作る裏技と失敗しないコツを伝授!

こちらの記事には、私も愛用していて毎年作っている夏バテや熱中症に効果抜群な「梅シロップ」の作り方を開設してますので、ぜひ参考にされてみてくださいね!

畑仕事での熱中症対策!のまとめ

畑仕事のときの熱中症対策について、お伝えしました。

「体の調子がおかしいな?」と思ったら、まずはすぐに休みましょう。そして、水分と塩分補給は大切です。十分な休憩をとりながら、畑仕事を楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください