みなさんのお裁縫箱の中で困っている針たちはいないですか?折れたり曲がってしまったり、さびてしまった針も…。

そんな針をどうしていいのか分からず、ピンクッションに刺さったままになっていませんか
  • 大切な洋服のボタンつけや繕い物
  • お子さんの保育所や幼稚園の制服のお直し
  • 学校に持っていく小物たちの裁縫

中にはそんな風に、思い出のものもあるのではないでしょうか。一生懸命に働いてくれた針たちに、感謝して休ませてあげませんか

「針供養」という言葉をきいたことがありますか?使っているうちに折れたり曲がったりした針たちに、感謝してから処分することです

この「針供養」という行事は、洋裁学校などでは毎年行われているようです。お寺や神社で行われているところもありますよ。でも、針供養ってお寺や神社に行かないとだめなのでしょうか?

いえ、そんなことはありませんよ!みなさんのお家で簡単な方法でできますよ。

そこで今回は「みなさんも針供養をしてみませんか」と題して

この記事でお伝えしたいこと

  • 針供養っていつすればいいの?
  • 針供養をするために用意するものは?
  • わたしが針供養を知ったきっかけ

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

針供養っていつすればいいの?

まず針供養をいつすればいいのか?についてですが、針供養を行う日にちは
  • 12月8日
  • 2月8日

のどちらかと、決まっています。

これは、むかしの「事八日」というしきたりに習ったもので「事始め」「事納め」それぞれの日にちが、「12月8日」と「2月8日」の、どちらかの日にちだったからと言われています。

現代では

  • 2月8日は関西地区で
  • 12月8日は関東地区

というのが、針供養の行われている、一般的な日程となっているようですね。

針供養をするために用意するものとやり方は?

まずは、自宅で針供養をするために用意するものですが
  • 豆腐かこんにゃく
  • 半紙などの白い紙

を用意します。

豆腐かこんにゃく、どちらをつかってもよいのですが、「やわらかいものを使う」ということですね。

針は硬い布にはさまれて仕事をします。いつも固い場所ばかりなので「やわらかい場所で休んでください」という意味を込めて、豆腐かこんにゃくを使うのですね。

針供養のやり方

次に「針供養」のやり方ですが、やり方は簡単です。まずは、使い終わった針を豆腐かこんにゃくにさします。そして、感謝の気持ちを込めてそっと手を合わせましょう。

そのあとは、半紙などに針を包んで、地域の分別処分の方法に従って捨てればおしまいです。


スポンサードリンク

わたしが針供養を知ったきっかけ

知ってしまえば簡単なのですが、針供養を知るまでは、使い終わった針をどうしていいのか分からずに、ピンクッションにささりっぱなしで困っていました

「この針って、どうしたらいいのだろう?」と長年おもっていたのですね。

小学校の時に買ってもらった、わたしのお裁縫箱。折れた針もたくさん入っていて、趣味でチクチク縫い物をするので
  • 曲がった針
  • 曲がったまち針

などが、かなりあったのです

困って母に相談すると(母は洋裁学校の卒業です)、針供養のことを教えてくれました

ふつうに分別して捨てるのでなくて、一度針たちに感謝をしてから処分するのは、気持ちがよく「これからも針仕事をがんばれろう」と、励みにもなりました

針供養のやり方のまとめ

いまは、百円ショップでも裁縫道具はそろいますよね。ものが豊富にある時代ですが、使った後の感謝の気持ちをこめて「針供養」をしてみませんか。

これを機会に、裁縫箱の整理をしてみることをおすすめしますよ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください