年齢を重ねれば、必ず衰えを感じると言われている目!特に、白内障になると見えづらくなって困るものの、最初のうちはごまかしごまかし…。

「できれば手術など怖いことはしたくない!」きっとそんな方も多いと思います。もし、アトピーをお持ちだと、余計に手術が不安なのではないでしょうか?

そこで今回は白内障について、特にアトピーの方が白内障の手術をすることについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそも白内障はどんな病気なの?

白内障と聞くと、かなりお年寄りの年齢になって発症するイメージがありますが、実は早い人は40代から発症します。

加齢性白内障の場合

  • 40代=全体の約40%
  • 50代=約65%
  • 60代=約75%
  • 70代=約85%

で発症するという調査結果が出ております。80代以上では、ほぼ全員に加齢性白内障の症状が見られ、つまり年齢を重ねれば、誰もが白内障になるということです。

目はカメラのように、水晶体というレンズを通して眼底にあるスクリーン、網膜に映像を映しています。白内障はそのレンズ部分が白く濁ってしまう病気です。

加齢によるもの、糖尿病などの病気に起因するもの、外傷を受け発症する場合もあります。

濁ったレンズは元には戻らない

そして濁ってしまったレンズは、投薬などでもとに直すことはできないのです。

白内障が進行すると、レンズ(水晶体)は白ではなく黄色くなっていきます。そのため視界は、全体的に黄みがかって見えるようになります。

アトピー性白内障と老人性白内障

アトピーと白内障は密接に関係しています。そもそも、白内障の原因の大部分は老人性白内障であり、加齢に伴い必ず起こる老化現象です。

アトピー性皮膚炎は誰でもではありません。そして、何故か白内障を合併しやすいのです。

若い年齢での白内障

理由は不明ですが、最近、アトピー性皮膚炎の患者さんが増加傾向にあります。

10 代から30 代の若年層でもかなり進行した白内障となることがあり、若年者に発生することがアトピー性白内障には多いです。

アトピー性白内障においては、水晶体の後嚢の中央部から白濁が始まることが多いとされています。中央部が混濁するので、比較的早くから視力障害や霧視感に悩み、手術に至ることもあります。

老人性の白内障

一方で老人性の場合は、視野の周辺部から発生し中心に向かって進行していくことが多いです。このため初期段階では気付きにくく、また症状の進行速度は個人差が大きくあると言えます。

光源を直視しなくても眩しく感じたり、症状の進行で眩しさが強くなるため、眼が疲れやすくなったり、眼底に痛みを感じるようになります。

さらに進行してしまうと、黒目部分が白く濁って見えるようになり、視界が白濁して見えなくなります。

一度濁った水晶体はもとに戻らない

現在のところ、残念ながら治療薬は開発されておらず、一旦発症し混濁すると元には戻すことは不可能です。

そして最終的には失明するとはいえ、日常生活や業務により、手術の適応には個人差が大きく、早い時期に手術をすることが好ましいと考えられます。


スポンサードリンク

白内障の手術について

白内障を治す方法は、現段階では手術が唯一の手段となっています。

白内障手術は、濁った水晶体(レンズ)を取り除き、なくなった代りに人工のものを挿入するものです。これによって患者は、視力を取り戻しモノがしっかり見えるようになります。

白内障手術は、外科手術を伴う治療では日本で最も件数が多い部類の手術であり、年間140万例も行われます。

白内障の手術は短時間で終わる

多くの場合は全身麻酔でなく、目の局所麻酔で済むため、手術時間は短時間で終わります。眼科によっては、入院することなくそのまま帰宅する事も可能です。

ただし、術後の合併症等の観点から、手術後の医師の指示はしっかり守ることが必要ですよ。

アトピーがあるから白内障の手術が心配!のまとめ

現在のところ、白内障そのものは最終的に手術しか方法がないようです。しかし、今は技術も進歩し日帰りという割とお手軽なのかなという印象も受けます。

ただし、もし本当に手術を検討する段階に入ったら、あとでトラブルにならないよう、手術する病院調べ、手術のリスクをしっかり頭に入れ、手術後は医師の言葉をしっかり守るということを心がけたいものですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください