ついに2018ワールドカップも終わり、まさかのフランスが優勝しました。地区予選ではイタリアが敗退し、本戦の1次リーグでは、ランキング1位で大本命だったドイツが敗れ去りました。
  • ネイマールのブラジル
  • メッシのアルゼンチン
  • クリスティアーノ・ロナウドのポルトガル

これらのチームも、決勝に姿を現すことはありませんでした。われらが日本も、久方ぶりに1次予選を突破したものの、初のベスト8にはあと一歩足りませんでしたね。

しかし、決勝ラウンドで勝ち上がってきた国を見ると、やはりそれなりに力のあるチームが勝ち上がってきたように見えます。

優勝したフランスは

  • スピードがあり
  • 若いムバッペや得点力があり
  • 守備力も高いグリーズマンなどを擁し

振り返ってみれば、優勝するのもうなずけるチームでした。

準優勝のクロアチアは、ベテランが多く32歳のモドリッチを中心に、試合巧者で決勝トーナメント1回戦から3試合連続の延長戦を戦い、勝負強さを見せてくれました。

決勝では惜しくも敗れましたが、モドリッチはゴールデンボールに輝きました。

2018ワールドカップサッカーは以上のような結果となりましたが、世界各国のサッカーリーグについて、観戦するならどこがいいのか、各リーグの特徴とともにオススメのリーグをご紹介していきますね。

今回のワールドカップで世界のサッカーに興味をもたれた肩は、ぜひお気に入りのリーグを見つけて、サッカー観戦をもっと楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク

ヨーロッパのサッカーリーグ

ヨーロッパのサッカーリーグで、大きなリーグと言えば

  • イングランドのプレミアリーグ
  • ドイツのブンデスリーガ
  • スペインのリーガ・エスパニョーラ
  • イタリアのセリエA

が挙げられるでしょう。

イングランドのプレミアリーグ

イングランドのプレミアリーグで最も人気のあるチームは、マンチェスターユナイテッドです。

中心選手には、MFにフランス代表のポグバ、FWに新加入のあのベルギー代表のルカクを擁します。

他に、マンチェスターユナイテッドを含めて、ビッグ4と呼ばれるクラブには

  • アーセナル
  • リヴァプール
  • チェルシー

があります。

プレミアリーグで活躍している日本人選手

プレミアリーグで活躍している有名な日本人選手には

  • レスターシティ―の岡崎
  • サウサンプトンの吉田麻耶
  • ニューカッスル・ユナイテッドの武藤選手

となっています。

アーセナルに浅野選手、リーズユナイテッドに井手口選手がいますが、他国のチームへレンタルされており、現時点ではプレミアリーグでは試合に出ていません。

プレミアリーグは、現在欧州のサッカーリーグで最高の売上高を誇り、2位のブンデスリーガに大きく水をあけています。

ドイツのブンデスリーガ

ドイツのブンデスリーガで、最も実力人気のあるチームは、バイエルン・ミュンヘンです。

過去の名選手には

  • フランツ・ベッケンバウアー
  • カールハインツ・ルンメニゲ
  • ゲルト・ミューラー
  • ローター・マテウス
  • オリバー・カーン

そして、日本代表監督候補に挙げられていたユルゲン・クリンスマンがいます。

ブンデスリーガで活躍している日本人選手

ブンデスリーガで活躍する主な日本人選手は

  • アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠
  • ボルシア・ドルトムントの香川真司
  • ヴェルダー・ブレーメンの大迫勇也
  • ハンブルガーSVの酒井高徳

らがいます。ブンデスリーガは、平均観客動員数が世界1位で、なんと4万人を超えます。因みにJリーグは世界12位で1万6千人位となっています。

スペインのリーガエスパニョーラ

スペインのリーガエスパニョーラのビッグクラブと言えば、
言わずと知れた
  • レアルマドリード
  • FCバルセロナ

ですね。

レアルマドリードはリーグ優勝33回、FIFAクラブワールドカップ優勝3回、インターコンチネンタルカップ優勝3回を誇る、世界で最も実績のあるクラブの一つです。

FCバルセロナは、レアルマドリードのライバルであり、リーグ優勝25回FIFAクラブワールドカップ優勝3回を誇る、こちらも世界切っての名門クラブです。

中心選手には、アルゼンチン代表のメッシがいます。

ブンデスリーガで活躍している日本人選手

日本人選手では、ワールドカップ2得点の乾貴士がいます。所属クラブはセビリアのレアル・ベティスです。

イタリアのセリエA

セリエAは、イタリアのサッカー1部リーグであり、数多くの名門チームがあります。

  • 最多優勝34回を誇るユヴェントス
  • 18回で続くACミラン
  • インテルナシオナル

などが有名ですね。

セリエAで活躍した日本人選手

セリエAで活躍した選手には

  • 中田英寿
  • 本田圭佑
  • 長友佑都

らがいます。

イタリアのサッカーの特徴は「カテナチオ」と呼ばれる、守りのサッカーです。

南米のサッカーリーグ

南米はヨーロッパと共に、世界のサッカーの中心にある地域です。

有名なクラブもたくさん存在していますが、資金面などでヨーロッパのチームより規模が小さく有望な選手がヨーロッパクラブに移っていくなどで、クローズアップされることが少ない傾向にあります。

ブラジルの有名なクラブ

ブラジルの有名なサッカークラブとしては

  • 日本でも活躍したジーコが所属していたフラメンゴ
  • 王様ペレの所属していたサントスFC
  • コリンチャンス
  • グレミオ
  • インテルナシオナル
  • FCサンパウロ
  • パルメイラス
  • ヴァスコ・ダ・ガマ
  • クルゼイロ

などがあります。

アルゼンチンの有名なクラブ

アルゼンチンでは

  • マラドーナのいたボカ・ジュニア―ス
  • CAインデペンディエンテ
  • 名門リバープレート

などが有名ですね。

その他にウルグアイのペニャロール、ナシオナルなどが有名です。


スポンサードリンク

Jリーグについて

最後に、日本のJリーグを見ていきましょう。

Jリーグは、正式には「日本プロサッカーリーグ」と言います。チーム数は54クラブ(J1:18、J2:22、J3:14)から構成されています。

1993年にサッカープロリーグとして開催され、優勝回数は鹿島アントラーズが最多の8回を記録しています。

歴代優勝チームには

  • ヴェルディ川崎
  • 横浜マリノス
  • ジュビロ磐田
  • ガンバ大阪
  • 浦和レッズ
  • 名古屋グランパス
  • 柏レイソル
  • サンフレッチェ広島
  • 川崎フロンターレ

があります。

サッカーリーグを観戦するなら!のまとめ

世界のサッカーリーグに比べると、まだまだ引けを取るJリーグですが、今年はヴィッセル神戸に久々に海外の大物選手「スペインのイニエスタ選手」が加入し、とっても盛り上がっています。

Jリーグも発足からもうすぐ30年になり、日本代表は、その昔は「夢」でしかなかったワールドカップに、アジア代表として連続して出場しています。

これからの日本のサッカーも、目が離せないのではないでしょうか?世界のサッカーもですが、日本のサッカーのこれからの成長にも目を向けて、見続けていけるといいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください