普段から家でも家族から「よくいびきをかいていて、うるさくて眠れない!」と苦情を言われていて、いびきの自覚のある人は、旅行に行って友達にいびきをかいて迷惑になりたくないですよね。でもですね、旅行中はいつもよりもいびきをかきやすくなる条件がそろっているのです。

いびきをかいて寝ていると自覚している人は、気になってなかなか眠れませんよね。

そんないびきの自覚があると、友達から旅行に誘われても「いびき」が気になってしまって、気持ちよく「うん!行くよ!」と返事もできません。そんなとき。「即効性のあるいびき対策」があったとしたら…。こころおきなく、友達との旅行を満喫できちゃいますよね?

そこで今回は、旅行先で友達にいびきを聞かれたくないというあなたに、即効性のあるいびき対策をご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

なぜ旅行中にいびきが大きくなるのか?

さて。どうして人って、いびきをかくのでしょうか?

人がいびきをかくしくみ

いびきをかく原因は、人の身体の構造にあるんですよね。空気は鼻から吸われると、気道を経由して肺に送り込まれます。気道は喉にありますが、人間の体の中では細かなパーツが集まっている場所の1つです。

そして重力に逆らって、垂直に姿勢をとっている時(立位あるいは座位)には、気道は、圧迫されずに空気が通れる十分な広さを確保できます。

それが、眠るときのように身体を横にすると、重力によって喉の筋肉や脂肪が気道を圧迫してしまいます。それに加えて、人は眠っている時には筋肉が緩んでいるので、舌の付け根も気道に落ち込んでいるんです。

つまり、睡眠中って起きている時よりも気道が狭くなっているのです。

睡眠中は、呼吸が起きている時に比べてゆっくりになっており、一度に吸い込む空気の量が増加します。気道が狭くなった時に、たくさんの空気が入ると、気道の粘膜が振動して音が出ます。

この時の振動音が「いびきの正体」なんですね。

気道がせまくなる理由にはいろいろある

このように気道が狭まるのは、肥満や飲酒によることもありますし、その時々の寝相にも影響されます。

いずれにしても空気の流れが阻害されることで、大きないびきになったり、空気が流れないというストレスを脳が受け取って、それが歯ぎしりになったりするんです。

いろいろある!いびきの原因

いびきがどういうものかわかったところで、いびきをかいてしまう原因についても、お伝えしておきましょう。

肥満と脂肪によるいびき

よくドラマなどで、太っている人がいびきをかいているシーンがありますよね。実際に、これには確たる裏付けがあって、「太っている人はいびきをかきやすい」といった傾向があるんです。

太り過ぎの人は、体全体に脂肪が多くなっているのですが、

  • 首回り
  • のど

なんかにも、太っていない人に比べて、たくさんの脂肪が付着しているんですよね。その脂肪によって、気道が狭くなる原因になっているのです。

だからといって、痩せている人も安心できません。

体が痩せていても、二重あごの人、首の太い人は喉周りに脂肪がついていることだってあるからです。

このような人は「無呼吸症候群」などになりやすいという説があります。

  • ダイエットにより脂肪を落とす
  • 首周りを鍛える
  • 運動やマッサージをする

など、普段からの対応が必要です。

鼻づまりと鼻炎が原因のいびき

鼻が詰まると息をするのが苦しくなって、それを口呼吸で補おうとします。

口呼吸によって喉奥の筋肉がゆるんできて、それによって気道がふさがれていびきをかいてしまう原因につながります。

また炎症やポリープなどの異常によっても、鼻の奥が鳴る「鼻いびき」の原因となります。そういった場合には、早めに耳鼻科にかかることが必要です。

口呼吸が原因のいびき

「鼻づまりはないけれど、普段から口は空いている」と言う人は、口呼吸の可能性があります。口呼吸の人も、気道が狭くなりやすく、いびきの原因になります。

また口呼吸は、喉の炎症を引き起こしやすく、そういったことも「いびき」につながります。

さらには、普段から口呼吸の人は、喉が乾燥しやすいために

  • 風邪
  • インフルエンザ

などにもかかりやすいと言われているので、良くない習慣ですよね。

それに加えて口呼吸の人は、寝ている時に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)」にかかっている人も多いので、要注意な原因です。

疲労とストレスが原因のいびき

普段はいびきをかかない人でも、疲れやストレスが溜まってしまうことで、いびきはかきやすくなります。例えば、何かしらのスポーツイベントで、身体をいつも以上に動かした日の夜には、いびきをかきやすくなってしまうんですね。

これは、疲れると寝ている時に、「早く疲れを回復しなきゃいけない」と、ふだんよりも多くの酸素を必要とするからです。

それと同時に、疲労は筋肉のゆるみも引き起こします。呼吸が深くなり筋肉が緩むことで、気道がいつもよりも狭くなっているのに、多くの酸素がその気道を通過しようとします。

その結果「いびきをかいてしまう」ということが起きてしまうんですね。

小さな顎(あご)が原因のいびき

実は、あごや顔が小さい人も、いびきをかきやすい傾向があると言われています。

あごが発達していないと、噛む筋肉が弱くなってしまいます。すると、寝ている時に舌を支える力も弱くなってしまうんです。

普段から、食べる時は硬めのものをよく噛んで食べ、あごを鍛えるようにしましょう。


スポンサードリンク

旅行中に効果のあるいびき対策

では、いびきをかいてしまう人でも、安心して友達と旅行中に行けるための「即効性のあるいびき対策」をご紹介していきたいと思います。

お酒を制限する

旅行中のいびきを抑えたいのなら、お酒の量を少なくするだけでも、いびきをかく可能性減らせますよ。

横になって寝る

横向きに寝ると、気道が圧迫されにくくなり、それによっていびきをある程度は抑えることができます。

でも実際には、寝ている時に自分の姿勢をコントロールするのは難しですよね。

そんな時には、余っている枕や布団でガードを作って、仰向けになりにくくするのもおすすめの方法ですよ。

いびき対策グッズ いびき防止指輪

旅行中に誰にもばれずに、いびき対策ができればうれしいですよね。そんなあなたにおすすめできるのが「いびき防止効果のある指輪」です。

小指の付け根に「小腸経路」と「心経路」を刺激するツボがあります。このツボを刺激することで、気の流れを円滑にしてくれるのです。

その効果で気道を広げて、いびきを抑えるというわけですね。指輪の中央に突起があり、この突起がツボを刺激するという仕組みです。

いびき対策グッズ 鼻腔(びこう)を広げるクリップ

より、物理的にいびきを防ぐ方法もあります。

よくマラソン選手なんかが使っている「鼻腔(びこう)を広げるクリップ」を装着することによって、空気の通る量を増やしてやることもできます。

その結果口呼吸の必要がなくなり、いびきを防止できるわけです。

旅行先で友達にいびきを聞かれたくない!のまとめ

いかがだったでしょうか?

旅行中でなくとも、いびきや呼吸に問題がある人は、問題を解決したいですよね。一人暮らしならともかく、家族がいるならなおさらです。

もし、いびきなどで悩んでいるのなら、早めに耳鼻科に行ってお医者様に見てもらうのが得策ですよ。

あとは、最近ではこういった「いびきグッズ専門店」なんかもあるので、あなたにあったいびき対策グッズを探してみるのもいいですね。

専門店のいびき対策グッズを見てみる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください