保育士のみなさんにとって、季節の行事の遊びを考えることは大変だと思います。
新年度になって初めの大きなイベントが、この「こどもの日」ではないでしょうか?

5月5日は「こどもの日」ですが、どうしてこどもの日というか知っていますか?
昔は「端午の節句」で男の子をお祝いする日でした。

しかし、1945年に
「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」
ということで「端午の節句」から「こどもの日」と呼び名が変更され、祝日となったんですね。

子どもの成長を祝う日を保育園でも子どものために、祝ってあげたいですよね。

そこで今回は、3歳児くらいのお子さんと一緒にできる

  • かさ袋を使ってこいのぼりを作って
  • 作ったこいのぼりで遊びながら
  • どうしてこどもの日には「鯉」なのかおはなしを聞かせてあげる

そんなやり方について、お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

1.こいのぼりを使ったゲームで保育園で節句を楽しみながら学んでいこう!

まずはこどもの日には欠かせない「こいのぼり」を子ども達と一緒に作りましょう。

子供たちには、貼ったり書いたりする作業をしてもらいましょう。
ビニールのかさ袋を使って、こいのぼりを作って遊ぶことを紹介しますね。

(1)こいのぼりを作ろう

■準備するもの

  • ビニールのかさ袋(百円ショップで購入できます)
  • 色画用紙
  • 油性マジック
  • タコ糸
  • セロハンテープ

■作り方
まずは、かさ袋の口の部分を頭になるように、油性マジックで顔を描いたり、ウロコを描いたりしましょう

胴体ができたら尾っぽを作ります。
かさ袋の底の部分に、色画用紙をM字型に切って作った尾っぽをセロハンテープで貼り付けたら、こいのぼりの完成です。

口の部分に、タコ糸を輪になるようにつけたら(タコ糸の輪の部分が持ち手になります)こいのぼりたこのかんせいです。

(2)こいのぼりたこを使って遊ぼう!

みんなで作った「こいのぼりたこ」を使って遊びましょう。

園庭に出て、自分たちで作ったこいのぼりのタコ糸の部分を持って、思いっきり走ってもらいましょう。
空気がこいのぼりの中に入ってふくらんで、立派な鯉になりますね。

こどもたちは、自分の作ったこいのぼりを見て喜んだり、お友達のこいのぼりを見たりしながら楽しむことができますよ。


スポンサードリンク

2.こいのぼりの歌の意味 あれ?お母さんがいないよね?

こどもの日といえば「鯉」なのですが、どうして鯉なのか知っていますか?

鯉は流れの速い川を元気に泳ぎ、滝をものぼるくらい元気な魚です。
そんな「元気でたくましい鯉のような子どもに成長して欲しい」との願いを込めて、こどもの日には鯉が飾られるようになったのです。

(1)こいのぼりの歌にお母さんが出てこない理由は?

おなじみの「こいのぼり」の歌

こいのぼりの歌
やねより たかい こいのぼり

おおきな まごいは おとうさん

ちいさい ひごいは こどもたち

おもしろそうに およいでる

あれ~?お母さんが出てこない!
何故だろう?と思い調べてみました。

こいのぼりの歌は1910年に、近藤宮子さんによって作詞されましたが、実は作曲者はわからないようです。
そして当時の時代背景から「お母さん」が出てこないということが分かりました。

(2)こいのぼりの歴史

こいのぼりの起源は、なんと江戸時代なのです。
当時のこいのぼりは「真鯉(まごい)1匹だけ」だったようで「真鯉=子ども(長子)」を表していました。

明治時代になる頃から、こいのぼりは真鯉と緋鯉のセットで販売されるようになり

  • 「真鯉(まごい)」=「お父さん」
  • 「緋鯉(ひごい)」=「子ども達」

という形になりました。

男尊女卑(だんそんじょひ)の時代背景のなかで、母親の立場というのが低い考えであったためと考えられます。

1968年の東京オリンピックの頃からは、今のような「家族セット」ならぬこいのぼりが販売されるのです。
女性の社会進出がきっかけで、こいのぼりにもお母さんが登場し、今のように

  • 「真鯉(黒)」=「おとうさん」
  • 「赤」    =「お母さん」
  • 「緋鯉(青)」=「子ども達」

と「家族を表すこいのぼり」になったようです。

(3)幻の2番の歌詞があった! 

ところで、「お母さんはこいのぼりの歌に登場しないのか?」という問題ですが、さらに作詞者不明の「2番の歌詞」があることがわかりました。

こいのぼりの歌 幻の2番
やねより たかい こいのぼり 

おおきい ひごいは おかあさん 

ちいさい まごいは こどもたち 

おもしろそうに およいでる

この歌は、1977年の「しょうがくせいのおんがく 1」の教科書に載っていました。

…が、今ではみなさんが良く知っている「1番」だけが教科書に載っているようです。

3.こいのぼりの制作のまとめ

こいのぼりの政策について、お話してきました。

こいのぼりの歌には、そのときそのときの「時代背景」が関わっていたなんて思いもしませんでしたね。

お子さん達の楽しい「こどもの日」の、遊びのヒントになりましたらうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<子育てのお役立ち情報>
子育てのお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください