インフルエンザの流行する季節が近づいてくると、妊娠中に産婦人科の先生から『インフルエンザの予防接種』を進められますよね。

そんな時、やっぱり気になるのが

  • 先生が言うから大丈夫なんだろうけど、妊娠中に予防接種って大丈夫なの?
  • インフルエンザの予防接種をしても胎児には影響ないの?

っていうことですよね。

この記事でお伝えしたいこと
  • 妊娠中でもインフルエンザの予防接種をしても大丈夫なの?
  • 予防接種は胎児に影響ないの?
  • 妊娠何週目くらいから予防接種を受けても良いの?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

妊婦がインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫なの?

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、体力も低下しやすいので、風邪などの感染症にかかりやすくなりますよね。既にお子さんのおられる妊婦さんの場合、学校や幼稚園から病気をもらって帰ってくることなんて、しょっちゅうです。

いくら対策をしても、家の中にウイルスが入ってこないようになんて『どう考えても無理』ってなっちゃいますもんね。

妊婦がインフルエンザ予防接種を受けることのリスクって?

妊娠中にインフルエンザにかかると、使える治療薬も限られますし『ウイルスが胎児に感染したらどうしよう』とか『高熱が出て、胎児に影響があったら。。。』とか心配事も尽きません。

なので、インフルエンザが流行する前になると、産婦人科の先生からも予防接種をすすめられると思います。

これは、厚生労働省が『妊娠されている方へ』として

・海外において妊婦さんが新型インフルエンザを発病した時に
 重篤化するリスクがある
・WHOでも妊婦をワクチン接種の優先対象としている
といった内容が記載されており、最近では産婦人科でもインフルエンザの予防接種を勧めているところが増えてきているんですね。

実際に、外国では、妊娠初期を過ぎた妊婦さんには、進んでワクチン接種を受けるようにさせていて、実際ほとんどの妊婦さんが接種しているようですよ。

日本では、まだ統計がまとまっていない関係で『接種することによる利益が受けないことの危険を上回ると想定される場合のみ』という条件付きなっているようです。なんとまぁ、曖昧な言い回しですよね。だから、本当に大丈夫なの?って心配になっちゃうんですよねぇ。

でも実際のところ、予防接種を受けないでインフルエンザにかかって重篤化してしまい母子ともに及ぼす危険のほうが大きいので、産婦人科でも積極的に接種が勧められています。

ちなみに、インフルエンザのワクチンは『不活性ワクチン』と言って、死んだウイルスを使用して作られているので、接種してもウイルスの毒性はありません。なので、妊娠中に予防接種をしても母体・胎児子ともに影響は極めて低いとされています。

インフルエンザ・ワクチンの副作用

インフルエンザの予防接種時に起こり得る副作用としては

・摂取した部分が赤くなる、腫れる、痛くなる
・10人に1~2人くらいの程度
・発熱、頭痛、寒気、体の倦怠感
・10人に05~1人位の程度
・まれにアナフィラキシーショック
・接種後30分以内:ジンマシンや呼吸困難
・非常にまれにその他の症状もある
があります。

でも、これらは特に妊婦だから起こる副作用ではなく、妊娠をしていない人も起こり得る副作用です。

気になる症状や、副作用がある場合は、速やかにかかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。『これって本当に大丈夫なのかなぁ?』と不安に感じていることは、早めに解決しましょう。ストレスや不安な気持ちは、おなかの中の胎児にも、影響がありますからね。

インフルエンザの予防接種が胎児に及ぼす影響は?

インフルエンザの重篤化が母子ともに危険を及ぼすことはわかっていてもやっぱり妊娠中に体内にワクチンを接種することで、胎児への影響が気になりますよね。

先ほどご紹介した、厚生労働省発表している『妊娠されている方へ』の中で

・インフルエンザワクチンの予防接種を受けることによって『流産・先天性異常』
 での発生リスクの報告はない
・インフルエンザワクチンは母乳を介して乳児には影響をあたえるものではない
といったような内容も記載されています。

ワクチンの防腐剤

インフルエンザのワクチンには、水銀由来の防腐剤が使用されているのは結構知られています。この防腐剤は『チメロサール』と呼ばれていて、正式名を『エチル水銀チオサリチル酸ナトリウム』って言います。

名前に『水銀』と言う言葉がでてくると『胎児に本当に影響はないの?』と不安になってしまいますよね?

その防腐剤ってどれくらいの量が含まれているの?

現在、インフルエンザのワクチンに含まれている防腐剤の量は1ミリリットル中、0.004ミリグラム~0.008ミリグラムと、極めて微量となっています。そして、この防腐剤は体内に蓄積されないという性質があります。

なので、防腐剤入りのワクチンを接種しても、すぐに対外へと排出されます。防腐剤に特殊な副作用もないので、妊娠中の方が防腐剤入りのワクチンを接種しても、特別危険はないとされています。

それでもやっぱり気になる方は、防腐剤が入っていないワクチンというのもあるので、かかりつけの産婦人科の先生に相談してみるといいですよ^^b


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種を受けても大丈夫な週数って?

妊娠中のインフルエンザ・ワクチンの接種時期については、妊娠の全期間で可能とされています。

ただし妊娠初期の安定期に入る前までは、自然流産の起こりやすい時期でもあることからこの時期の予防接種は、避けた方が良いとする意見もあります。かかりつけの産婦人科の先生に相談して、確認をしておくようにしましょうね。

さいごに

妊娠中の予防接種と言われると、副作用のことばかりが気になりがちですが、ワクチンを接種せずにインフルエンザかかってしまうことで、症状が重篤化してしまうことの方が更に大変で、母子ともにリスクが高いんですね。

とはいえ、やっぱりおなかの中の赤ちゃんへの影響を考えてしまうのも当然ですよね。気になること心配なことは、小さなことでも、しっかりと係りつけの産婦人科の先生に相談して、納得した上で予防接種を検討されるのが大切です。

それに、実は妊娠中にインフルエンザの予防接種をすることで、お母さんにインフルエンザの免疫ができるのと同時に、おなかの中の赤ちゃんにも免疫ができるんです。赤ちゃんが産まれてきた時に、インフルエンザが流行していても免疫がついているから大丈夫っていう安心感もありますよね*^^*

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す