職場の雰囲気が合わないが退職理由はあまえてる?働きやすい職場の調べ方

この記事は約7分で読めます。
スポンサードリンク

いまの職場の雰囲気は、あなたに合っていますか?

仕事のしやすい環境ですか?

雰囲気が自分に合っていないと、一日がすごく長く感じてしまって、とっても辛いですよね。

いくら仕事内容が好きでも、人間関係などうまくいかなければ、退職を考えることもあるかもしれません。

私も職場の環境で悩んだことは、何度もあります。

そのたび、逃げ出したくなったのは苦い思い出です。

そこで今回は、そんな職場の雰囲気が合う、合わないってどういうことなのか?

職場の雰囲気が合わないことが、退職の理由になるのって変なことなのか?ということについて、一緒に考えていきましょう。

スポンサードリンク

そもそも職場の雰囲気が悪い原因って何なの?

職場の雰囲気が悪いと、気分が落ち込み、仕事もうまくいかないことが多くなります。

職場の雰囲気が悪い原因としては、いくつか挙げられます。

あなたの職場にあてはまっているものはありませんか?

職場の雰囲気が悪い原因①コミュニケーション不足

あなたの職場に会話はありますか?

もし、ひとり黙々と仕事をこなす人が多いようであれば、会話は少なくなります。

仕事のことだけでも、意見交換のできる環境であればいいのですが、ひどい場合だと仕事のことすら十分にコミュニケーションが取れていないかもしれません。

そうすると、仕事上のミスにもつながり、職場環境の悪循環につながってしまいます。

職場の雰囲気が悪い原因②非協力的な人が多い

「自分の仕事をしたら、それで終わり」という人が周りにいませんか?

もちろん、自分に与えられてた仕事をこなすことが第一ではありますが、会社で働いている以上、働いている仲間がいるはずです。

困っている人がいたら、自然と助け合える環境でなければ、その職場の雰囲気はあまりよくないと言えるでしょう。

職場の雰囲気が悪い原因③パワハラがある

上司から部下へのパワハラ。部下から上司への逆パワハラなどありませんか?

過度な注意があったり仕事の押しつけなどと、誰かが故意に責められている状況は、雰囲気が悪い職場につながります。

職場の雰囲気が悪い原因④チームとしての一体感がない

職場の人は、みんな同じ方向のベクトルに向いていますか?

  • 何が目標とすべきところかわからない
  • 何を達成したらゴールなのかわからない
といったような人がいると、職場の一体感は薄れてしまいます。

そうすると、その職場の雰囲気も決していいものではないですよね。


スポンサードリンク

自分にあった職場の雰囲気とは?働きやすい職場探しのポイント

実際の職場の雰囲気というものは、入社して実際に働きださないとなかなか見えてこないものですよね。

それでも、まったく分からないよりは、事前に雰囲気を多少は知っておきたいですよね。

働きやすい職場探し①職場の雰囲気を探る方法

では、「働きやすい職場の雰囲気」なのかどうかは、どうすればわかるのでしょうか?

★仕事内容をしっかり把握する
実際、自分が入社したらどのような仕事に携わることになるのか?

予め会社のHPなどでよく調べておき、面接の際により詳しく聞いてください。

その仕事内容がそもそも、自分のやりたいこととマッチしてなければ、その会社の雰囲気は自分にとって「居心地の悪いもの」になるかもしれません。

★一瞬で職場の雰囲気をつかむ
面接場所が、実際の職場の一室などで行われる場合はラッキーです。

面接室に入るまでのわずかな時間に、職場の雰囲気を見てみましょう。

  • 挨拶をしたら返ってくるか
  • 会話が飛び交っているか
などなど、自分の理想の職場の雰囲気をイメージしておきましょう。

「あなたのそのイメージに合致するか」一瞬で見極めるのです。

職場見学などがあれば、積極的に活用するのも手です。

じっくり見ることができますね。

働きやすい職場探し②自分に合った環境の職場探しのポイント

自分の興味のあることを仕事にするのが、働きやすい環境につながる可能性が高いです。

★職場の年齢層
同世代の人がたくさんいるところがいいのか、自分より年上の人が多い方が働きやすいのか。

その職場の平均年齢を面接で聞いてみましょう。

★口コミ
転職サイトの口コミなどで、情報集めをするのもよい手です。

退職者や転職者が、実際の職場の雰囲気を素直な気持ちで書いています。

私は仕事を辞めたことがあり、退社後に興味本位でそのような口コミを見てみました。

書かれている口コミを見て、いい意味でも悪い意味でも「たしかに…」と思ったことはたくさんありました。

こういった口コミでは、面接では聞き出せない生の声が見れますよ。

退職理由に職場の雰囲気が合わないは書いてもいいもの?例文を紹介

馴染めるようにがんばってみたけれど、どうしても職場に溶け込むことが難しい場合があります。

気持ちを切り替えてそのまま同じ職場で働き続けることができる人もいますが、退職を考える人も少なくないでしょう。

退職をする場合は、退職の理由を伝える必要があります。

退職理由で、「職場の雰囲気が合わなかったから退職します」とストレートに伝えるのは、悪い印象を与えてしまいます。

退職するときは、なるべく円満な退職を目指したいもの。

「職場の雰囲気が合わない」ということを、他の言い方に言い換えて伝えるようにしましょう。

退職理由は、上司や周りの人が納得できるものであることが基本です。

病気や家庭の事情など止むを得ない場合の他に

  • スキルアップしたい
  • 他のことに挑戦したい
といった前向きな気持ちを伝えると、円満な退職につながります。

ですので、職場の雰囲気が合わない場合は、なるべくポジティブな理由に言い換えましょう。

おすすめは、「他の仕事に挑戦したい」という言い方です。

職場の雰囲気が合わないということは、自分の気持ちが今の仕事ではなく他の仕事に向かっていると考えることができます。

他の仕事は、営業や事務、接客など、少しでも興味がある分野にするとよいでしょう。

つまり、

「職場の雰囲気が合わない≒他の仕事(興味がある分野)に挑戦したい」

と言い換えれば、嘘をつかずに円満な退職ができるはずです。

具体的な例文は次の通りです。

「仕事をしていく中で〇〇にチャレンジしたいという思いが強くなり、退職を決意いたしました。」
「夢だった〇〇に挑戦できるのはこれが最後のチャンスと考え、退職の意を固めました。」

職場の雰囲気が合わない場合でも円満な退職を目指して、ぜひ前向きな退職理由を考えてみてくださいね。

退職の理由が職場の雰囲気って変なこと?のまとめ

働く上で、職場環境はとても大切です。

職場の雰囲気が原因でストレスがかかっている状態だと、仕事に打ち込めません。

また、仕事がうまくいかないだけでなく、過度なストレスから体にも悪影響が出る場合もあります。

だれでも合う人合わない人はいます。

そのため、人間関係の完璧を求めることは、もしかしたら難しいかもしれません。

■働きやすさにこだわった転職エージェント「楽な転職.com」の詳細を見てみる

「体がおかしくなってしまう」ほどの、職場の雰囲気に悩まれている場合は、、転職先を探してみてもよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント