結婚式の招待状を受け取ったとき

  • 普段から連絡を取り合っている友達からの招待
  • 最近はほとんど連絡をしていない友達からの招待

この2つでは、あなた自身の感じ方もずいぶん違うと思います。

そして、招待された結婚式に、出席するにしても欠席するにしても、招待状に対する共通しているマナーがいくつかあります。

この記事でお伝えしたいこと
  • 結婚式の招待状 メッセージには何て書けばいい?
  • 友達の結婚式二次会のお誘い…行きたくない時のスマートな断り方は?
  • 結婚式の友達代表スピーチ…断る選択肢もアリ!?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

1.結婚式の招待状 メッセージには何て書けばいい?

まず、招待状には「共通マナー」があります。

  • 出来るだけ早めに返事をすること
  • 「御」や「御芳」は二重線で消すこと
  • できるだけ友達として何か気の利いた一言を添えること
  • 添える文章には終止符「、」や「。」を打たないこと
  • 「、」は一文字空けて、「。」は改行すること
  • 段落の一文字下げはしないこと

それらをしっかりと意識して、招待状への返信をするようにしましょう。

では次に、実際に招待状に書くメッセージの例文を3つ、ご紹介しておきますね。ぜひ参考にされてみてください。

メッセージ例文1
この度は ご結婚おめでとうございます

結婚式まではさぞや忙しいと思うけど 身体には気をつけて

君の(あるいは友達の名前)晴れ姿を楽しみにしているよ!

メッセージ例文2
結婚おめでとう!

結婚式への招待ありがとう

ぜひとも出席させてもらいます

当日楽しみにしていますよ!

メッセージ例文3
ご結婚おめでとうございます!

結婚式のお招きありがとう

お似合いの夫婦だね!

当日を楽しみにしています

このまま使ってもいいですし、これらの例文をもとに「あなたなりにアレンジ」して使われてもいいです。

あとは、友達への「あなたなりの一言」を書いてあげれば、バッチリですね。

2.友達の結婚式二次会のお誘い…行きたくない時のスマートな断り方は?

二次会を主催する招待する側にしてみれば、二次会の会場を貸し切るために、ある程度の人数が必要という現実的な事情があります。

そして、あなたは「二次会には行きたくない」わけです。

結婚する友達や他に招待されているであろう、他の友達との今後の人間関係を踏まえて、できれば穏便に断りをしたほうが良いでしょう。

(1)結婚式の二次会 断り方のポイント

欠席の返事は、とにかく早く出すようにしましょう。招待状にははっきりと「欠席」に印をつけてください

そして欠席となる都合の、「都合の悪い理由」をきっちりと書くようにしましょう。できるだけ「行きたいんだけど、行けなくて残念」という印象を伝えられればいいですね。

なので

  • お金がないから
  • 次の日朝が早いから

というような理由は避けた方がいいですね。

自分の家族の出産や、身内の結婚は伝えても構わない理由になります。ただし「結婚式」というおめでたいイベントなので、自分の身内の不幸を欠席の理由にはしないでくださいね。

都合の悪い理由は、どうしても動かせない他の理由を書くようにしましょう。

(2)結婚式の二次会 断り方のメッセージ例

二次会の断り例文1
二次会に招待していただいてありがとう。

せっかく誘っていただけたのだけどやむを得ない事情があって参加できません。

今度またおふたりの幸せそうな様子を見せていただけたらって思っているよ

その時はよろしく

二次会の断り例文2
二次会への招待ありがとう

嬉しかったよ

とても残念ですが、実は前日から3日間の予定で旅行に出かけています

落ち着いたらぜひお祝いをさせてくださいね


スポンサードリンク

3.結婚式の友達代表スピーチ…断る選択肢もアリ!?

友達を代表してスピーチを依頼されるのは、

  • 最も親しい、あなただからこそ選ばれた
  • 頼む側もいろいろ考えた結果として選ばれた

そんな風に、「相手側があなたを選んだ理由」があるんです。なので、断るにも相手への配慮が必要です。

(1)スピーチ依頼の断り方のポイント

  • 早く返事をすること(決して引き延ばさないこと)
  • 大役に選んでくれたことへのお礼を述べること
  • 断る理由をはっきり伝えること
  • 可能ならば他の役割を申し出ること

(2)スピーチ依頼を断る理由

  • 仕事が忙しすぎてスピーチに集中できない
  • 転職を検討していて結婚式そのものに出られない可能性
  • 同じ時期に、先に他の結婚式で頼まれごとを引き受けてしまっている
  • 人前で話すのは苦手だと、素直に伝える

(3)スピーチ依頼の断り方例

友人代表スピーチの断り例文1
友達の代表スピーチを頼まれて光栄です。

でも申し訳ないのだけど、重要な案件の仕事を抱えている最中で、大切なスピーチを中途半端な形ではとてもできないし、やりたくないのです。

ごめんなさい、引き受けることはできないです。

友人代表スピーチの断り例文2
大事なスピーチを自分に頼んでくれてありがとう

せっかくの機会なのに、申し訳ないけどできない事情があります。

実は転職を考えていて、時間的に少し流動的な状況になっています。

万が一に結婚式そのものに出られない可能性も考えられるので、申し訳ないけど辞退させてください。

友人代表スピーチの断り例文3
友人代表スピーチだなんて、すごく嬉しかった。
でも、実はすごいあがり症なので、人前でどうしても話すのが苦手なんだ。

本当にごめんね。緊張すると何も話せなくなってしまって返っておふたりに迷惑をかけてしまうから、引き受けられないです。

4.友達から結婚式の招待状のメッセージのまとめ

結婚式やその二次会に招待されるということは、招待された側も「おめでたい席」に参加することです。
なので、祝福を送ることはもちろんのこと、ふたりの幸せを分けてもらえるのだというくらいの心構えで捉えましょう。

その上で、欠席や断りをするのは、マナーはもとより「相手に対してのお祝いと感謝」と共に、「謝意の気持ち」を素直に伝えることが大切です。
ご紹介した「例文」を参考にしながら、ぜひあなたなりの気持ちを伝えてあげてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください