不幸があった人への声かけは?友達への気の利いた一言集

この記事は約6分で読めます。

不幸は突然やってくるものです。

ですから、訃報の連絡をもらったときなど、急なことでなんと言葉を返していいのか戸惑ってしまうことはよくあることです。

ですが、連絡をしてくれた方もきっとまだ気持ちの整理がつかないままで、お葬式などの準備に追われていることでしょう。

訃報の連絡に戸惑う気持ちもあるでしょうが、きちんと返事を返すように心がけましょう。

一般的に不幸があったご家族には、「この度はご愁傷さまです。心よりお悔やみ申し上げます」と声をかけます。

また、故人様の死後の幸福を祈って「(故人)様のご冥福をお祈りします」と言うこともあります。

ただし、浄土真宗の葬儀の場合は「冥福」という言葉は使わないほうがいいでしょう。

また、キリスト教式葬の場合はお悔やみの言葉ではなく、

「(故人)様の平安をお祈りいたします」
「(故人)様が安らかにご永眠されますようお祈りいたします」

といった、なぐさめの言葉をかけるようにします。

スポンサードリンク

大切な人を亡くしたとき!友達にかける言葉の第一声は何がいい?

不幸があった時、第一声はやはり相手を思いやる言葉がいいでしょう。

「何かできることある?」など、相手を心配していることが分かる言葉でもいいです。

「あれからずっと気になってたんだけど、体調を崩したりしてない?」など、体を気遣う言葉もおすすめです。

逆に、「気持ちは分かるよ」といった共感や、「頑張って」「元気出して」などの励ましは、相手の気分を害してしまうこともあります。

「あなたを心配している人がここにいるよ」という思いが伝わるような言葉選びをしましょう。

「こんな時、なんて声をかけてよいのかわからないけど、気を落とさないでね。」

こんなふうに友達の祖父が亡くなったお通夜の時に、声をかけ、手紙を渡したという体験談も見かけました。

手紙を受け取った友達からは後日、「その気持ちが嬉しかった」と言ってもらえたそうです。

他にも、知らない人からだったけど

「辛いだろうけど、彼が大好きだったあなたのまま生きること。

それが、あなたに出来ること。」

と言ってもらえた言葉が一番心にしみたとおっしゃっていている方もいらっしゃいました。

大切な人が亡くなれば、誰だって言い表せない悲しみに包まれます。

その気持ちを汲み、心配してあげることが友達として出来ることであり、一番大切なことなのです。

大切な人が亡くなった時にかける言葉!ラインで友達に送るタイミングは?

さて、簡単にではありますが、お悔やみの言葉を紹介させていただきました。

ですが、親しい間柄であれば、最初に紹介した言葉は、堅苦しいかったり、少し冷たく感じられたりしてしまうかもしれません。

そんなときは、相手に寄り添った言葉をかけるようにしましょう。

なんと言葉を返していいのか分からなければ、

「連絡ありがとう。

突然のことで驚いています。

なんと言って声をかければいいのか分からないけれど、

私に出来ることがあれば、遠慮しないで言ってね!」

と自分の気持ちをそのまま伝えてもいいですね。

この例ように

  • 無理しないでね
  • できることがあったら言ってね
  • 何か手伝えることがあれば、いつでもいいから言ってね
  • 辛いだろうけど体に気を付けてね
  • 休めるときに休んで、体を大切にしてね
  • 落ち着いたらまた連絡してね
  • また今度ご飯でも一緒に食べにいこうね
といった、相手を思いやる言葉があるだけで、気の持ちようは変わってきます。

辛い時、自分がかえてもらえると心が温かくなる言葉を伝えるのがおすすめです。

また、ラインなどの文章で相手に送る場合は、相手は忙しい中読むことになります。

分かりやすいように、最初に自分の名前を書いたり、文章を短く書いたりしましょう。

そして、訃報のへ返事はなるべく早く送るのが原則です。

もし遅くなってしまったのなら、「遅くなってごめんね」と一言謝るようにしましょう。

書き方の例文を2つ紹介しますので、よければ参考にしてみてくださいね。

訃報のへ返事の例文①
(自分の名前)です。

お悔やみ申し上げます。

お祖母様が亡くなったと知り、とても驚いています。

辛い時に知らせてくれてありがとう。

心からお悔やみを申し上げます。

訃報のへ返事の例文②
心よりお悔やみ申し上げます(自分のフルネーム)です。

突然のことで言葉が見つかりません。

(相手の名前)さんが無理をしていないか心配です。

私に出来ることがあれば、遠慮しないで言ってね。

ご冥福をお祈りいたします。


スポンサードリンク

不幸のあった人には使ってはいけない忌み言葉

さらに、不幸のあった人に使ってはいけない「忌み言葉」というものがあります。

「忌み言葉」にはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

忌み言葉①重ね言葉
同じ言葉を重ねる表現は、不幸が重なることを連想させるので、使わないようにします。

重ねる表現とは、例えば

「度々」
「次々」
「重ね重ね」
「しばしば」
「ますます」
「いよいよ」
「いろいろ」
「またまた」
「わざわざ」

といったものです。

一見重ねる表現に見えないかもしれませんが、「くれぐれも」も重ね言葉です。

これらの次のように言葉は言い換えるのがいいでしょう。

  • 「度々」→「よく」
  • 「次々」→「たくさん」
  • 「重ね重ね」→「あわせて」
  • 「ますます」や「いよいよ」→「一段と」や「もっと」
  • 「いろいろ」→「多くの」
  • 「わざわざ」→「そのために」
  • 「くれぐれも」→「十分に」や「よく」

普段よく使う重ね言葉ですが、使ってしまわないように気をつけてくださいね。

忌み言葉②繰り返しが連想される言葉
繰り返しが連想される言葉も、不幸が繰り返すと連想されるので使わないようにします。

例えば、

「次に」
「再び」
「また」
「引き続き」
「追って」

などです。

こちらも言い換えることができます。

  • 「次に」→「その後」
  • 「再び」→「いま一度」
  • 「また」と「引き続き」→「さらに」
  • 「追って」→「後ほど」

使わない方がいい言葉が多く大変でんすが、言い換え方を覚ておきましょう。

不幸があった人への声かけのまとめ

私は、高校生の時と、社会人になってから、それと結婚してから、祖父や曾祖母を亡くしました。

今まで会えていた人に会えなくなるのは、心にぽっかりと穴が開いたような感覚になります。

不安になったり、心細くなることだってあるでしょう。

楽しい思い出が多い分だけ、辛さを感じてしまいます。

そんな時、1人でもいいんです。

悲しみをすぐに忘れることは出来ません。

それでも、自分のことを心配してくれる人がいるだけで、とても心強いのです。

不幸があった際には、相手を思いやることを忘れず、お悔やみの言葉をかけてあげるようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント