あなたは、「ハッカ油」って何なのかご存知ですか?
ハッカ油とは、ハッカソウというミントを乾燥させて抽出した植物油のことです。
つまり、化学物質は一切使用されておりません。
なので、赤ちゃんや子供にも安心して使うことができちゃうんです。

そして、このハッカ油を使った虫よけスプレーは、自分で簡単に作ることができてしまうんです。
でも、使い方の注意点、自作で虫除けスプレーを作る際には気をつけることもたくさんあります。

そこで今回は、ハッカ油を使うときにはどんな点を気をつけたら良いのか、どうやって虫除けスプレーを作るかなどをご紹介していきますね。

スポンサードリンク

ハッカ油スプレーを肌に直接しても大丈夫??注意すべき点は?

ハッカ油で作ったスプレーって、肌に直接かけちゃっても大丈夫かどうかって心配ですよね。
でも大丈夫。
作り方をしっかり守り、ハッカ油を薄めて使用すれば、肌に直接かけて使用できますよ。

実は、ハッカ油の主成分であるメンソールに虫除けの効果があるようです。
あのスースーした臭い、あれが虫たちにとっては大の苦手。
その臭いを身にまとうことで、虫が近寄ってくるのを防げるんです。
近くに飛んでくるとちょっとこわい、蜂やアブにも効果が期待できるので、うれしいですよね!

ハッカ油スプレーの作り方

では、虫よけのためのハッカ油スプレーの作り方をご紹介していきます。

■材料
  • ハッカ油・・・5、6滴
  • エタノール・・・10ml(無水エタノールでも消毒用エタノールでもok)
  • 水・・・45ml(水道水でも精製水でもok)

■用意するもの

  • スプレー容器
  • 計量カップなどの計れるもの

■作り方
①ハッカ油とエタノールを容器に入れ混ぜ合わせる。
②混ざり合ったところに水を加える。
③全体をよく混ぜて完成

どうですか?
材料さえそろえれば、あとはとっても簡単に作れてしまいますよね。

スプレー選びの注意点

ただこのとき、スプレー容器を選ぶ際に気をつけて欲しいことがあります。
プラスチック製品の中には、ハッカ油でスプレーの容器が溶けてしまうことがあるんです。
というのも、ハッカ油には「ポリエチレンps」を溶かす作用があります。
似ている名前でも「ポリプロピレン」、「ポリエスチレン」はokです。
その他にも

  • ガラス
  • 陶器
  • 耐油性
  • 耐アルコール性
の容器でも大丈夫です。

薄めていないハッカ油原液は要注意

ハッカ油にいくら虫よけの効果が期待できるからといっても、くれぐれも原液を肌に直接噴きかけたり塗ったりはしないでくださいね。
理由としては、ハッカ油などのエッセンシャルオイルは、原液のままだととても刺激が強いからです。
なので、原液を肌につけてしまうと、肌がヒリヒリしちゃったりする肌トラブルの原因になります。

あとは、ハッカ油の強すぎる臭いによる健康被害もある場合があります。
ハッカ油の副作用として、消化器系のトラブルがあります。
最悪のケースだと、下痢になったり吐き気を催したりすることもあるようです。

きちんと薄めていれば、もちろん安全なものなので大丈夫です。
ですが、妊娠中の方や授乳中の方は使用を避けましょう。
なぜかというと、ハッカ油にはホルモンバランスを乱したり流産を引き起こす作用があるそうです。
こういったわけで、ハッカ油の原液をかなり濃い濃度で使用する場合に、何点か注意が必要になります。


スポンサードリンク

ハッカ油スプレーの保存方法は?適した保存で最後まで使い切るポイント

せっかく作ったハッカ油スプレー、保存方法や使用期限、気になりますよね。

ハッカ油スプレーの使用期限

ハッカ油スプレーの使用期限は、1週間から10日程となります。

作り方の方で、「使用する水は精製水でも水道水でもok」とご紹介しましたね。
ハッカ油は色々なシチュエーションで、さまざまな効果を発揮します。
なので、使う場所や作る物によっては「精製水」を使用することを勧めることもあります。

精製水には、不純物が一切含まれていませんよね。
でも開封してしまうと、菌が入ることによって腐りやすいんです。
そういった菌の繁殖を防ぐために、エタノールを使用します。
一方水道水は、消毒するときの塩素やミネラルなど色々混じっています。

虫除けスプレーを作る際であれば、水道水と精製水のどちらを使用しても大丈夫です。
また、水道水と精製水どちらを使用したにしろ、使用期限内のなるべく早い段階で使い切ることをお勧めします。
そうですね、コツとしては使い切れる分だけを作るのがベストと言えます。

ハッカ油スプレーの保管場所は?

作ったハッカ油スプレーは、涼しくて陽の当たらない場所での保管になります。

ハッカ油スプレーの使用後は?

容器が空いたらエタノールで消毒したり、ガラス製のものであれば沸騰消毒しましょう。
そうしておくことで、次回からも清潔に使うことができますよ。

ハッカ油を使った虫よけの自作まとめ

いかがでしたか?
天然成分のもので虫除けスプレーを簡単に自作できるなんて、とっても便利ですよね。
色々な注意点を踏まえた上で使用すれば、とても助かるものです。
赤ちゃんや子供にも、安心して使えるのでありがたいですよね。
そういった小さい子に使用する場合は、目や口などの粘膜に気を付けてスプレーしましょう。

そして、香りが弱くなったら、効果も弱まってしまうのでその都度かけてみてくださいね。
ぜひハッカ油で虫除けスプレー作り、試してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください