ハッカ油作る虫除は赤ちゃんにも安心?自作の方法と使う時の注意点

スポンサードリンク

「ハッカ油が、虫除けに効果的」という話をご存知でしょうか?
ハッカ油は植物由来の精油で、原料となっているハッカソウに防虫効果があるんですね。
爽やかな香り成分であるメントール、それが虫除けに効果を発揮するのです。

なぜかと言うと、ハッカの爽やかな香りは人間には人気ですが、虫たちにとっては「物凄い悪臭」に感じるからなんです。
ただ、赤ちゃんがいる家庭でハッカ油を使っても、赤ちゃんには影響はないのでしょうか?

そこで今回は、ハッカ油を使った虫除け方法だけではなく、赤ちゃんや小さな子供への安全性についてもお伝えしていきますね!

スポンサードリンク

ハッカ油の虫除けを自作してみよう?用途に合わせて濃度調整しよう!

まずハッカ油を虫除けに使う場合、原液をそのままスプレーして使うわけではありません。
用途や家庭環境に応じて、濃度を調整して使用します。

ハッカ油スプレーを作ってみよう!

用意するものは、以下の通りです。


★ハッカ油スプレーの材料
■ハッカ油
ホームセンターやドラッグストアに売られている場合が多いです。
基本的にどのメーカーを選んでも問題ないので、好きなメーカーを選んでくださいね。

■エタノール
エタノールはアルコール濃度が高く、強い殺菌性があります。
揮発性が高い為、赤ちゃんのいるご家庭で使っても大丈夫です。

■精製水
精製水は不純物を取り除いた、純度の高い綺麗な水です。
こちらもドラッグストアで購入できます。

■スプレーボトル
エタノールを入れる為、耐アルコールのスプレーボトルを選んでください。
分からなければ、ガラス製のものを選べば間違いありません。

そして、これらの材料を使った「ハッカ油スプレー」の作り方は、とっても簡単です。


  • エタノール10ml
  • ハッカ油20滴~60滴
  • 精製水90ml

これらの分量の材料をスプレーボトルに入れ、振って溶かすだけです。

ハッカ油の量に幅があるのは、用途によって濃度を調整する為です。
虫が湧きやすい場所には濃いハッカ油スプレーを使い、赤ちゃんの周りに使う場合は薄くするなどして、適宜濃度を調整して使ってください。


スポンサードリンク

赤ちゃんでも安心して使える?ハッカ油使い方の注意点とは?

赤ちゃんにハッカ油を使うのは、問題ありません。
ハッカ油は自然由来の成分ですので、赤ちゃんにも安心して使えますよ。

ただ、ハッカ油を使いすぎるのはよくありません。
使いすぎてしまうと「肌トラブル」の原因になりますので、使用量は十分に気を配る必要があります。

また、ハッカ油の清涼感の元である「メントール」は、刺激作用もあります。
傷口や目や鼻などの粘膜に塗ってしまうと、それはそれは痛い思いをしてしまいます(><)
赤ちゃんに使うときには「少な目」に使うことを意識すると、トラブルなく使えるはずです。

虫除けとして使う場合の注意点は?

ハッカ油の虫除けスプレーは、自然由来で安全に使えますが、その分効果が切れやすいのが難点です。
1時間に1回程度スプレーするようにしますと、効果が持続するまで言われています。

また、虫除け効果はありますが、虫がいなくなる訳ではありません。
家の中や自分たちに虫が寄ってくるのを防ぎはしますが、家にいる虫を追い払ったり、駆除する役目はないのです。
ただし虫除け効果は高く、以下のような虫に効果を発揮します。


  • クモ
  • ハチ
  • アリ
  • ゴキブリ
  • カメムシ

逆にハッカ油が効かない虫は、


  • アブラムシ
  • てんとう虫
  • バッタ

等の、家庭菜園の野菜に付きやすい虫は防げません。
家庭菜園の虫除けは他の方法をとるといいですね。

最後に、ハッカ油の虫除けスプレーは1週間程度で使い切るようにしましょう。
作り置きはできないので、その都度作って作るようにしてくださいね。

ハッカ油作った虫除って赤ちゃんにも安心?のまとめ

ハッカ油は、清涼感を味わえるだけではなく、高い虫除け効果もあります。
その上自然由来の天然成分ですので、赤ちゃんやペットのいる家庭でも安心して使う事ができます。

しかし、清涼感の元であるメントールは、肌に刺激になる場合もあります。
更に目や鼻などの粘膜に入ると、とても痛い思いをしてしまいます。
赤ちゃんがいる家庭では原液で使わず、しっかり希釈して使用するのがポイントです。
正しく使い、安心安全に虫除けをしてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント