通帳からの現金引き出しは本人以外でも可能?必要なものは何?

みなさんは、ご主人や奥様、ご両親がどこの銀行を利用しているかご存じでしょうか?

家族での共有の口座でも作らない限り、なかなか自分以外の名義の口座に触れる機会はないと思います。

でも、ご両親が高齢になったり、ご主人が病気や仕事で銀行に行けない場合、代わりに銀行に行く機会があるかもしれませんよね。

最近では、高齢のご両親を介護している方も多く、病気などの健康上の問題などで、ご両親の口座からお金を引き出さなくてはいけないケースも増えてきているそうです。

だからと言って、そう簡単に本人以外の人が銀行口座からお金を引き出すことってできるんでしょうか?

そして、その場合はどんな手続きをすればよいのでしょうか?

今回は、そんな本人以外の銀行口座の取引の方法や注意点について、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

銀行で通帳と印鑑があれば引き出しは本人以外でもできるの?

そもそも、本人以外の人間が銀行口座からお金を引き出すことは可能なのでしょうか?

銀行窓口での本人以外の取引

基本的には、銀行口座にはキャッシュカードがありますので、その場合は口座の持ち主から暗証番号をきいて、ATMでの取引をすれば問題なくお金を引き出すことが可能です。

でも、口座の持ち主がもともとキャッシュカードを作っていなかったり、ATMの限度額以上の引き出しをおこなう場合には、銀行の窓口での取引が必要となります。

ここでポイントとなるのが、「窓口を利用する場合は、本人による引き出しが原則」だということ。

通帳と印鑑をもって、「本人に言われて引き出しに来たんです!」というものは通用しません。

なぜなら、通帳が盗難にあっていたり、不正送金事件が増加していたりと、通帳や印鑑を悪用した犯罪が増加しているからなんですね。

そのような理由から、窓口での本人確認の対応が以前よりもぐっと厳しくなっています。

しかし、口座の持ち主からの委任状と本人確認書類があれば、本人以外でも口座からのお金の引き出しが可能となります。

確かに、私の両親もキャッシュカードは使わないからといって、いつも通帳と印鑑で銀行に行っていました。

そのようなご家庭も結構あると思うので、本人以外は絶対に引き出せないとなると、とても困ってしまいますよね。

子供の口座の場合

窓口での本人以外の取引は、基本的には委任状や本人確認書類などが必要になります。

でも未成年である子供や孫の場合は、その親子関係を証明できるものがあれば、それだけで手続きが可能となります。

我が家も3人子供がいるのですが、3人ともその手続きで口座の開設や取引をおこなっています。

でも、いくら自分の子供だからと言っても、口座の名義人が成人すると、今度こそ代理人届や委任状が必要となりますので、忘れないようにしてくださいね!


スポンサードリンク

預金の引き出しを本人以外が行う場合!委任状ってどんな風に書けばいいの?

銀行の窓口で”本人以外がお金の引き出しを行う場合は委任状が必要”とありますが、その委任状はどんな風に書けば良いのでしょうか?

委任状は、それぞれの銀行によって多少の違いがありますが、大体が銀行のホームページからダウンロードし、印刷することが可能です。

自分で印刷することができない場合は、直接銀行にもらいに行きましょう。

書く内容としては、名義人本人が

  • 住所
  • 氏名
  • 支払金額
などを自署することが必要となります。

それとあわせて、大体の銀行で、次のものが必要となります。

  • 通帳または証書・契約の証
  • 来店する代理人の本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポート等)
  • 届出印
これらを持参して、委任状と一緒に提出することが必要となります。

これで代理人でも口座からお金を引き出すことが可能となります。
(委任状や持ち物はそれぞれの銀行によって違う場合もありますので、必ず事前に確認をお願いします)

代理で口座から引き出す際に気を付けておきたいこと

ご両親やご主人のために銀行口座からお金をおろす場合、万が一のトラブルにそなえて引き出した証拠はのこしておくことが大切です。

いくら家族のこととはいえ、お金の処理にかかわることなので、トラブルがないとはいいきれません。

とくにご両親の預金口座の場合、兄弟姉妹や親戚などが金額や引き出した理由を確認したいということがあるかもしれません。

そのようなときに、すぐにわかるように金額や理由を明確にしておくことはとても大切です。

他の家族との無用なトラブルはなるべく避けたいですよね。

使うことがないのが1番ですが、もしもの時のために用意しておくようにしましょう。

通帳からの現金引き出しは本人以外でも可能?

通帳からの現金引き出しは本人以外でも大丈夫?とうことについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

中々ほかの人の口座からお金を引き出すことはないかもしれませんが、とっさの病気や入院など突発的なトラブルでそのような事態がおこる場合もあります。

我が家も、先日祖父が急に入院をしてしまい、入院費用のために母が代理で銀行に行っていました。

やっぱり祖父は高齢なので、キャッシュカードは作っていなかったんです。

そんなときに困ってしまわないように、今回の知識を少し役立てていただけたらうれしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント