海外旅行の持ち物で便利なものヨーロッパ編!防犯のポイントは?

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

長期休暇が取れたら海外旅行してみたいって考えている人いますよね。

せっかくの休みですから有意義に過ごしたいものです。

初めてのヨーロッパ旅行、楽しみと同時に不安もたくさんありますね。

アジア圏とは違いますから、治安の問題もありますし食べ物の問題もあります。

旅行先では日本のようにいつでもほしい時にほしいものが手に入るわけではないので、もっていけばよかったなってものが出てきそうですよね。

スポンサードリンク

海外旅行にあったら便利なアイテムは?

ここでは、持っていくのが当たり前のものではなくて、あったら便利なものをご紹介したいと思います。

海外旅行にあったら便利なアイテム①ウェットティッシュ

いつでも手が洗えるわけじゃないし、おしぼりがない店もあったりトイレで手が洗えない場合など、あると絶対便利です。

海外旅行にあったら便利なアイテム②携帯スリッパ

スリッパが置いてないホテルがあったりするし、飛行機内でも靴を脱いでスリッパをはけばリラックスできますからね。

特に長時間のフライトでは大活躍。

海外旅行にあったら便利なアイテム③ジッパー付きビニール袋

旅行にもっていく物の大半をジッパー付きビニール袋に入れて置けば、中身が見えて探しやすいです。

また、通貨などを入れておくのにもいいし、財布代わりに使う人も多いです。

いらなくなればすぐ捨てられるのも手軽でいいですね。

海外旅行にあったら便利なアイテム④折り畳みのサブバッグ

これは帰りの時に活躍します。

お土産などを買うと荷物が増えるのでサブバックに入れて持ち帰れるので助かります。

海外旅行にあったら便利なアイテム⑤モバイルバッテリー

スマホは旅行の必需品ですから、充電がなくなると困りますね。

せっかくの思い出の写真が撮れなくては・・・ヨーロッパは電圧が違うのでホテルで充電するときは変圧器も持参してくださいね。

海外旅行にあったら便利なアイテム⑥アイマスク・耳栓・ネックピロー

どれも長時間フライト対策のものです。

これがあれば静かに安眠できますよ。

機内ではずっと起きているという人には不要かもしれませんが・・・

海外旅行で日本食を持ち込みたい!おすすめの食べ物10選

海外旅行での現地の外食も楽しみですが、毎日になると飽きてきます。

やはり日本食が恋しくなってきますよね。

ぜひ持ち込んでおきたい日本食をご紹介したいと思います。

いくら恋しい日本食でも機内に持ち込みできないとか国に持ち込みできないものというものもあるので、そこは気を付けないといけませんね。

特に液体状のものは機内に持ち込めないので、乾燥したものを選んだ方がいいです。

なんと味噌や漬け物も液体として扱われるのでNGなんですよね・・・。

だけど裏技!?があるのでご心配なく。

<おすすめ日本食10選!>

  • お茶漬け
  • ふりかけ
  • インスタントごはん(アルファ米がおすすめ)
  • 味のり
  • インスタント味噌汁(生味噌タイプはNG)
  • 梅しば(お菓子)
  • 都こんぶ(お菓子)
  • おせんべい
  • とろろ昆布(お湯に入れると溶ける)
  • 日本茶ティーパック
裏技というのは液体じゃなければOKということです。

他にも梅は個包装されていて汁がなければ液体として扱わないので問題ないなど、こちらも選び方を工夫すれば持ち込み可能です。

他にもフリーズドライされたものなら大丈夫なので、スーパーの売り場などで食べたくなりそうな食材を見つけてみてくださいね。

インスタントごはんは、サトウのごはんみたいなパックのもNGではないのですが、電子レンジがないと食べられませんね。

だけどアルファ米は、お湯か水を入れれば食べられる災害時の非常食にも活躍しているお米なので、レンジがなくても安心ですよ。

白米だけじゃなく炊き込みご飯など味のバリエションも豊富です。

そうそう、割りばしや使い捨てのフォークやスプーンがあるとホテルで食べるのに困りません。


スポンサードリンク

海外旅行の手荷物を入れるバッグのおすすめは!?防犯もポイント

海外旅行で一番怖いのはスリですね。

とにかく荷物から目を離したら一瞬のうちにとられてしまいます。

日本のように、場所取りなんて言ってテーブルに荷物を置いておくなんてことをしたら100%盗まれますよ。

それどころか、ほんのちょっと数秒地面に荷物を置いただけでも危険です。

日本人をターゲットにしている場合が多いので、たまたまではなく後をつけられていることもありますから、厳重に用心してください。

スリ予防に便利なのはセキュリティーバッグ!何を入れておくと良い?

そんなときにあると便利なのが、セキュリティバッグです。

セキュリティといってもブザーがなるなど特殊な機能がついているわけではないです。

いわゆるウエストポーチみたいなものですが、とても薄型なので上に服を着てしまえば隠れてしまいます。

特に大事な「パスポート」や「スマホ」、「クレジットカード」、「現金」などをこのセキュリティバッグに入れて置けば肌身離さず持ち歩けます。

なので、万が一着替えなどの入ったバッグを置き引きされても、遭難することはありません。

どんな形であれ体に密着させておけるものがあるといいですね。

それでも万が一ということもあります。

クレジットカードなどは複数持ち、別々な場所に所持しておけば、手持ちがまったくゼロということもなくなります。

パスポートの再発行では日数がかかるので、滞在期間が延長になることもありますが、その間クレジットカードがあればホテルに泊まれますからね。

海外旅行の持ち物で便利なものヨーロッパ編のまとめ

ヨーロッパ旅行も主に機内で快適に過ごすものが大半でしたが、長時間だと疲れますからね。

あとは急に恋しくなる日本食、これはフリーズドライや粉末状のものを持ち込みましょう。

それ以外は持ち込めませんので。

防犯対策にはセキュリティポーチをぜひ検討してください。

一瞬の隙に盗まれますので、用心用心ですよ。

スポンサードリンク

コメント