桃を追熟する方法!追熟待ちを塾させて極上の桃にするには?

この季節になると、おいしそうな桃をスーパーなどで見かけます。
いい匂いに誘われて、思わず手にしてしまいますよね。
しっかり熟した桃の香りには、ついついうっとりしてしまいます。

そんな桃ですが、まだ身が固いころよりもやわらかい食感になった頃が食べごろですよね。
でも追熟に失敗してしまうと、ダメにしてしまうこともあります。

そこで今回は、桃を追熟するための方法や、食べごろの見分け方についてご紹介します。
どうせ食べるなら、美味しく熟して「食べごろ」になった桃を美味しくいただいちゃいましょう!

スポンサードリンク

桃の追熟ってどれくらいの期間が必要なものなの?食べごろの見極め方のコツ

桃は少し固めで売られているものを購入したり、いただくことが多いと思います。
これは、熟した状態でトラックなどにより運んでしまうと、つぶれてしまうからですね。
そのためゲットした桃は、追熟しなければいけないことが多いです。
どうせなら「一番の食べごろの時期」になった桃を食べたいですもんね。

追熟した桃を想像するだけで、ほっぺたが落ちそうです。
では具体的な桃の追熟方法をご紹介します。

桃の追熟は常温で!

桃は食べごろになるまでは、常温で保存します。
新聞紙などに包んで冷暗所で保存するようにしましょう。
風通しのいいところがいいですね。

風通しがいいところがないからと、クーラーなどの風を直接あてるのはNGです。
直接風をあててしまうと桃の水分が飛んでしまいます。
そのためあくまで「自然な風通しのよいところ」を選びましょう。

「デリケートな桃を常温保存するのは、ちょっと…」と考えて、自己判断で桃を冷蔵庫に入れるのは間違っています。
冷蔵庫に熟していない桃を入れても、追熟しません。
固いまま冷やされてしまうだけです。
美味しく塾すどころか美味しさが半減してしまうので、常温の冷暗所を確保してくださいね。

桃の追熟期間

桃の追熟期間としては2~3日ほどです。
桃の特有の甘~い香りがしてきたら追熟できた印です。
桃を箱でいただいたときなどは、部屋中に桃の香りが広がります。
そうなったら食べごろと考えていいでしょう。

見た目で判断するのであれば、桃の色が白色になったときが食べごろです。
逆に追熟していない桃は「緑の部分」が残っています。
そういう桃は、もう少し時間を置いた方がいいですね。

スポンサードリンク

香りと見た目以外にも手に持った感じが「やわらかい」と感じられれば食べごろと判断していいでしょう。

追熟した桃は取り扱い注意!

ただでさえ桃はやわらかい果物ですもんね。
でも追熟した桃は、よりデリケートさが増します。
追熟するとさらにやわらかくなるんです。
ゲットしてきたときよりも、さらに慎重に扱うようにしましょう。

ちなみにスーパーで「完熟桃」と表示があるものは追熟の必要がありません。
買って帰ったときが食べごろとされるので、すぐに食べたいときは「完熟桃」を選んでくださいね。

桃って追熟することでどれくらい糖度が増すものなの?

桃を追熟すると糖度が変わります。
一般的には桃の糖度は12~13度が平均です。
品種にもよりますが、追熟すると糖度は14度以上になります。
甘味と果汁がアップするので、口の中にふわーっと広がる美味しさは格段です。

糖度が1度あがるごとに、甘味を強く感じられます。
ただ、カロリーもわずかですがあがります。100gあたり4kcalアップします。
甘さが増すのも納得ですね。

追熟した桃をさらに美味しくたべるには

常温で追熟した桃をそのまま食べては、実はとってももったいないんです。
十分に追熟できたら、最後は冷蔵庫で冷やして美味しさを引き立たせましょう!

桃を2~3時間冷蔵庫で保存すると、なんと甘味が増して、とっても美味しく食べられます。
この手間をぜひかけてお召し上がりください。

たくさん桃をいただくと、桃を食べごろのときに消化しきれないことってありませんか?
そんなときは、ぜいたくに桃ジャムを作ってください。
余らすことなく使い切ることができますよ!

【人気の桃ジャムレシピ】をクックパッドで見てみる

桃を追熟する方法!のまとめ

桃は非常にデリケートな果物です。
よく観察しながら追熟を慎重にしていきましょう。

スーパーで売っているものは、たいてい追熟が必要です。
冷蔵庫に入れず、常温で追熟するようにしてくださいね。
桃の美味しそうな香りがしてきたら食べごろです。
さあ、美味しくいただきましょう!

桃のおいしい切り方 変色を回避するのは意外と簡単?!」に美味しい桃の切り方を詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にされてくださいね^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント