幼稚園で短冊に書く願い事!親の願いを一緒に書くときのポイント

この記事は約5分で読めます。

7月7日、七夕が近くなると、幼稚園に通う子どもは短冊をもらって帰ってきます。

幼稚園の子供の場合、どんなことを書けばいいのでしょうか?

そして幼稚園によっては、子供のお願いごとだけではなく「親の願い事」も書く、なんてこともあるんですよね。

大人になってからは、「自分の願い事」なんて短冊に書くことなんてそうそうないですよね。

なのでどうすればいいのかわからず、ググっているママさんも多いのではないでしょうか?

実際、そうやってこの記事にたどり着かれているのですもんね^^

そこで今回は、そんな「幼稚園からもらってきた七夕の短冊へのお願い事の書き方」について、子供だけではなく親の願い事についても、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

七夕の短冊の願い事 幼稚園の短冊には何を書けばいい?

幼稚園児の子供の場合、一番いいのは子供自身の願い事を聞き、親がそれを短冊に書いてあげることですね。

でも、この年ごろの子供だと、しっかりした願い事はそうそうあるものじゃありません。

「何かお願い事はある?」と聞いても「??」状態です。

子供にお願い事を聞いてみよう

特に、3歳の年少さんなんかだと

  • 「カエルになりたい!」
  • 「シイタケさんになるー!」
など、全く理解不可能な答えだったりも、日常茶飯事だったりします。笑

他にも、「お寿司を食べたい」だとか、「猫ちゃんの妹になる」などなど、ほのぼの回答が返ってきます。

4~6歳の年中さん、年長さんくらいになってくると

  • 「プリキュアになりたい!」
  • 「仮面ライダーになる!」
など、だいぶんしっかりしてくるんですけどね。

こんな感じで、幼稚園の段階では、何になりたいかっていう願い事が多いようです。

「こんなことを短冊に書いていいの?」なんて気にせず、しっかりその願い事を短冊に書いてあげるといいでしょう。

あまりに奇抜すぎて「さすがにコレは書けないなぁ」というときに、なんとか軌道修正させたいのなら

  • 「パパは○ってお願いするんだ」
  • 「ママはお料理が上手になりますようにってお願いするんだよ」
とか、誘導してあげるのもいいですよね。

子供自身、迷って分からない様子なら、

「サッカーがじょうずになりますように」
「お友達と仲良くできますように」

とか、子供への親の願いを代わりに書いてあげるのもアリですよ。

幼稚園からもらってきた短冊に親は何を書けばいいの?

幼稚園からもらってきた短冊に、しっかりと親の願い事をかくものまでついてきている場合。

そんなとき、短冊に何を書けばいいのでしょうか。

これは、基本的には「子供への親の願い事」を書くといいんです。

例えば…

  • 「○○(子供の名前)が病気をしないで幼稚園に通えますように」
  • 「○○(子供の名前)がお友達と仲良く遊べますように」
  • 「いつも元気に笑顔で過ごせますように」
  • 「家族がみんななかよく暮らせますように」
  • 「ケガをしないで健康に過ごせますように」
  • 「ちゃんと一人でお昼寝できますように」
  • 「ごはんをたくさん食べることができるようになりますように」
  • 「おむつと早くバイバイできますように」
親の願い事の最後は、「ママより」「パパより」と、分かるように書いておくといいですよ。


スポンサードリンク

七夕の短冊に書く子供らしいお願いごと

どうしても子供からお願い事が出てこないようなときには、親御さんが「子供らしいお願い事」を考えて書いてみるのも良いでしょう。

  • サッカー選手になりたい
  • リンゴをお腹いっぱい食べたい
  • お空を飛べるようになりたい
  • ○○ちゃん(くん)と仲良くなりたい
  • もっとたくさん遊びたい
  • 遊園地に行きたい
  • おばあちゃん(おじいちゃん)に会いたい
  • おりひめになりたい
  • ひこぼしになりたい
単純な願い事だとかちょっと笑えるような願い事は、子供らしさが出ていて可愛いですよね。

短冊には、子供が書いたように見えるよう「ひらがな」で「最後に子供の名前」を書くと良いでしょう。

幼稚園で短冊に書く願い事のまとめ

幼稚園の子供の願い事を七夕の短冊に書くなら、子供の願い事を聞いて「○○になれますように △△(子供の名前)」という書き方で書いてあげましょう。

子ども自身が迷っているようなら「野球が上手くなりますように!」とか、「おともだちとなかよくあそべますように」といった願い事を代わりに書いてあげましょう。

そして親の分の短冊に書くのは、ズバリ!子供への親の願いでしょう!

例えば…

  • 「○○(子どもの名前)が病気をしないで幼稚園に通えますように」
  • 「○○(子どもの名前)がお友達と仲良く遊べますように」
  • 「いつも元気に笑顔で過ごせますように」
  • 「家族がみんな仲良く暮らせますように」
最後に「ママより」とか「パパより」なんて書き添えておくとGOODです。

七夕の短冊は子供が2歳くらいになるまでは親御さんが代筆することになり、大きな声では言えませんがちょっとだけ面倒です。

しかし、願い事がたくさんそろった大きな笹の葉を眺めると、なんだかほんわかした気持ちになります。子供らしい純粋なお願い事を書いて、いい七夕の思い出にしたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント