おたまじゃくしを育てていて、エサをあげても食べないなんて事、ありませんか?

当然ですが、エサを食べないと成長できませんし、下手をすると命が脅かされるかもしれません。

おたまじゃくしは基本「雑食」で、幅広いものを食べます。
野生のおたまじゃくしは

  • 水草
  • 藻(も)
  • 生き物の死骸

などを食べています。
また、金魚やメダカの餌をあげても食べますね。

ですが、おたまじゃくしは肉食の傾向があります。
全員がそうとは言い切れないのですが、8割方のおたまじゃくしは動物性のエサを好むのです。

一番いいのが、川や池の近くにいるエビや虫を食べさせる事です。
可能であれば「野生で暮らしていた時に食べていた物」を食べさせてあげましょう。

それが難しい場合は、市販の動物性のエサを用意します。
オススメは冷凍赤虫です。おたまじゃくしは赤虫を好んで食べますよ。

エサを変えれば、元気に成長してくれるはずです。
カエルになるまで、しっかりお世話をしてあげましょうね。

スポンサードリンク

1.おたまじゃくしの飼育で大切な水質はどう管理すればいい?

おたまじゃくしを育てるには、水が必要不可欠です。

ここではおたまじゃくしに適した水質の管理方法について、しっかり学んでいきましょう。

(1)おたまじゃくしを育てたい! 適した水を用意しよう

おたまじゃくしを育てる場合、水道水をそのまま使うのはNGです。
水道水を使う場合は2日程度汲み置きをし、塩素をしっかり抜いた状態で使いましょう。

また、水道水の塩素を中和する薬剤を使うのもアリです。
こちらを使えば、すぐにおたまじゃくしを育てる事が出来ますね。

(2)おたまじゃくしを育てるための水槽は?

水が用意できたら、次は水槽を用意します。

水槽は、金魚用の水槽や鉢で問題ありません。
水槽の底に泥や砂を敷き、水草や浮き草を入れてあげましょう。

ではいよいよ、おたまじゃくしを水槽に入れます。
水の深さはあまり深くせず、卵の場合は5cm~10cm、おたまじゃくしの場合は5cm以下で問題ありませんよ。

(3)おたまじゃくしの水質管理で気をつけるポイントは?

おたまじゃくしの水槽の水は汚れやすい為、3日ごとに半分の量の水を入れ替えましょう。

3日も経たずに濁るようであれば、その都度水を入れ替えてあげます。

出来れば塩素を抜いた水が好ましいのですが、急ぎの場合は水道水を入れても問題ありません。


スポンサードリンク

2.オタマジャクシを飼育するための最適環境のススメ

最後に、おたまじゃくしを育てる為に「最適な飼育環境」について見ていきましょう。

(1)おたまじゃくしの数に注意

まず、おたまじゃくしは1つの水槽にたくさん入れないようにしてください。
なぜかと言うと、なんと「共食い」が発生するからです!

共食いは自然淘汰現象で、十分にエサを与えていても起こります。
さらには、共食いをしたあとには「尻尾」だけを残す習性があるんです。
この残った尻尾を放置していると、水が腐ってしまう原因になって、最悪「全滅」なんてことにもなってしまいますよ。

共食いが起きるようでしたら水槽を分け、おたまじゃくし全員が無事に育つようにして下さいね。

(2)おたまじゃくしの前足が出てきたら

更に、おたまじゃくしに前足が生えてきたら、環境を変えなくてはいけません。
石を入れたり砂を入れて傾斜を作ったりなどして、陸地を作ってください。

足が生えてきたと言うことは、「えら呼吸」から「肺呼吸」に変わってきているサインです。
陸地を作ってあげないと溺れてしまい、死んでしまう可能性があるんです。

足が4本生えて陸地に上がる事が多くなったら、もうおたまじゃくしではなくカエルと言ってもいいでしょう。
カエル用の飼育環境を整え、のびのびと過ごせるようにしてあげてくださいね。

3.おたまじゃくしを育てるときのポイントのまとめ

おたまじゃくしがエサを食べない時は、川や池からエビ・虫を捕ってきて食べさせるのが一番です。
難しい場合は冷凍赤虫を用意し、食べさせましょう。

おたまじゃくしは雑食と言われていますが、どちらかといえば肉食の傾向が強いです。

また、おたまじゃくしの水槽の水が濁っていたら、すぐに取り替えるようにしましょう。
少なくとも3日に1回は水を取り替え、出来るだけ綺麗な水で育てるようにします。

おたまじゃくしを飼うならば、カエルになるまで責任を持って育てましょうね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<子育てのお役立ち情報>
子育てのお役立ち情報はこちら
<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください