社内恋愛でのアプローチを女性から!勝利する3つのポイント!

この記事は約4分で読めます。

出会いが少なくなる社会人にとって、職場での出会いはとても貴重ですよね。

その中で素敵な男性と知り合えたのならば、なんとかお近づきになりたいと思いませんか?

社内恋愛で彼にアプローチする際には、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

まずはそこをしっかり覚え、効果的なアプローチを行なっていきましょう!

スポンサードリンク

社内恋愛での効果的な2つのアプローチのポイント

では早速、社内恋愛での、お目当ての相手に対しての「効果的な2つのアプローチのポイント」についてm詳しく見ていきましょ。

社内恋愛でのアプローチポイント①アプローチのタイミングを心得る

職場はあくまで仕事をする場所であり、彼にアプローチする場所ではありません!

ですが、タイミングを見計らってアプローチを仕掛ける事は可能です。

★残業中でのアプローチ
社内恋愛において、もっとも機会が多いアプローチのタイミングです。

気になる彼と2人きりになれるシチュエーションですので、積極的に狙っていきましょう。

★給湯室でのアプローチ
彼が給湯室へ向かったら、同時に給湯室へ向かいましょう。

お茶やコーヒを入れてあげると言い、それを糸口に会話するというアプローチ方ができます。

★飲み会でのアプローチ
飲み会は彼との距離を縮める絶好のチャンスです!

プライベートな話もしやすく、デートの約束を取り付ける事も出来る可能性があります。

できるだけ彼の隣をキープし、会話を楽しむようにしましょう。

社内恋愛でのアプローチポイント②時間をかけてじっくりと

恋愛中は「とにかくはやく距離を縮めたい!」と思いがちですが、社内恋愛はなかなかそうはいきません。

タイミングをしっかり見計らい、アプローチを少しずつ仕掛けていきましょう。

社内恋愛でのアプローチポイント③人との繋がりを大切に

彼と仲がいい同僚や上司がいれば、その人たちとも積極的に関わっていきましょう。

うまくいけば、その人たちが恋のキューピッド役を果たしてくれる可能性があります。

そもそも社内恋愛に対して男性って慎重なものなの?

男性というくくりに限らず、社内恋愛には慎重になる方は多いです。

会社の中には「社内恋愛禁止」と掲げている会社もあり、社内恋愛はあまり好ましいと思われていないようです。

社内恋愛に慎重になる理由

ではなぜみなさん、社内恋愛に慎重になってしまうのでしょうか?

その理由について見ていきましょう。

社内恋愛に慎重な理由①仕事に支障が出る
恋人が同じ職場で働いていると、どうしても気になってしまいますよね。

それによって仕事に集中できなかったり、ミスをしてしまったりするリスクがあるのです。

社内恋愛に慎重な理由②からかわれるのが嫌
社内恋愛をしている事がバレてしまうと、それをネタに「いじる」・「からかう」などの行動をする人がいます。

気にしない人もいますが、大半の人は不快な思いをしますし気に病むはずです。

社内恋愛に慎重な理由③別れた時のことを考えてしまう
嫌な話ですが、社内恋愛でお付き合いしても別れてしまう可能性があります。

そうなると別れた相手と毎日顔を合わせる事になると考えると、いやでも慎重になってしまいます。

以上3つの理由から、社内恋愛に慎重になってしまうのです。


スポンサードリンク

社内恋愛で片思いって相手の男性にとっては迷惑なもの!?

社内恋愛で、片想いされる事は嫌な事ではないはずです。

しかし相手の男性が迷惑なそぶりをしていたら、一度アプローチ方法や日頃の態度を改めてみる必要があります。

例えば、

  • 他の女性と話していると嫉妬してしまう
  • とにかく仲良くなりたくて、話しかけまくる
  • 断られても諦めず、しつこくデートに誘う
  • 仕事<恋愛になっている
このような状態になりますと、彼にとってあなたの恋心は迷惑に感じるかもしれません。

彼に迷惑だと思われないようにするには、とにかく一度落ち着く事です。

恋愛を成就させたくて、必死になる気持ちはとても分かりますが、焦ってしまってはいい結果は出ないのです。

社内恋愛においての鉄則は、「急がば回れ」です。

時間をかけてゆっくりとあなたの良さをアピールすれば、きっと恋は成就するはずです。

社内恋愛でアプローチを女性から!のまとめ

職場は仕事をする場所であって、恋愛を楽しむ場所ではありません。

それゆえに仕事が優先になり、なかなかアプローチの機会に恵まれない可能性は高いです。

しかし、訪れたチャンスを決して逃さず、根気強くアプローチを仕掛ければきっとうまくいくはずです。

あなたの恋がうまくいく事を、陰ながら応援させてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント