雪でワイパーが故障してしまう原因!故障したらどう対処すればいい?

この記事は約5分で読めます。

皆さんの住む地域では、雪は降りますか?

私は雪国出身で、毎年冬になると雪が沢山降るのが当たり前の生活をしていました。

転勤族の主人と結婚しましたが、現在も転勤して雪の降る地域に住んでいます。

そして、雪が降ると大変なのが、車の運転ですよね。

タイヤをスノータイヤに変えるのはもちろんですが、実はワイパーにも注意が必要なのはご存じでしたでしょうか??

いつもは当たり前に動いていたワイパーが、雪の日に突然動かなくなってしまうこともあるんです。

雪の日にワイパーが動かなくては、車の運転はできないですよね。

そこで今回は、そんな雪の日のワイパーの故障や対処法にスポットをあてて、詳しくご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

雪でワイパーを上げる意味は?立てないままだとどうなるの?

雪の日にワイパーが故障するのは、どんな原因があるのでしょうか?

雪のせいでワイパーが故障することがあるの?

そもそもワイパーは、ガラスについた汚れをふき取るための機構のことです。

汚れをふき取るために作られていますので、雪のような重みのあるものを無理やりふき取ってしまっては、その重みで故障してしまうことが考えられます。

「朝起きたら雪が沢山積もっていて、ワイパーを動かしても動かない」という話をよく聞きます。

それにはいくつか原因が考えられますが、まず疑ってほしいのが、ワイパーとウォッシャー液が凍っている可能性です。

雪がふるほどの低い気温の中では、ガラスに接しているワイパーもウォッシャー液も凍り付いてしまっている場合があるのです。

そんなときには、まずは雪を取り除いて、お湯をかけてみましょう。

凍り付いているワイパーが溶けて、動くようになる場合があります。

そのほかの原因としては、雪の重みがかかっている中で、無理やりワイパーを動かしてしまったせいで、ヒューズが切れたりモーターが故障してしまっていることも考えられます。

こうなると、ガソリンスタンドなどでは簡易的に修理することができませんので、すぐにディーラーや自動車修理工場に行きましょう。

雪の日にどうしてワイパーをあげるの??

雪の季節になると、ワイパーをたてている車が増えますよね。

これにはどんな効果があるのかご存じですか?

雪はふわふわとしているように見えて、実はとっても重いんです。

手のひらくらいのものであれば簡単に持ち上げることができますが、沢山つもった雪は想像以上の重みがあります。

そんな重たい雪がワイパーの上に積もってしまうと、その重みでワイパーが動かなくなってしまうことがあるんです。

また、気温が氷点下の日に、雪が積もったままの状態で放置をしておくと、そのままワイパーも凍結して、ガラスに張り付いてしまう可能性があります。

なので、このような理由でワイパーをあげておくのですね。

あと他にも、大雪の際の目印にしたり、アームの変形を防ぐなど、様々な雪による危険性防ぐためにワイパーをあげる必要があるのです。


スポンサードリンク

雪用のワイパーに交換!これで冬の運転は大丈夫?

雪の日のワイパーの故障対策として、ワイパーをあげておく方法をご紹介しました。

そしてもう一つ有効なのが、雪の日用のワイパーに交換をすることです。

雪の日専用のワイパーは各社色々なものが販売されています。

その多くは、ワイパー全体が低温でも硬くなりにくいゴムや樹脂で覆われていて、ワイパー自体がガラスにしっかりと密着するものとなっています。

なので、雪のつまりも防いでくれて、普通のワイパーでは取り切れない雪や氷をきれいに除いてくれるのです。

交換の工程も、ブレードの交換だけですむので、工具を使うこともなく、あっという間に装着できる「雪の日の救世主」ですよ♪

雪用ワイパーにはどんな種類があるの?

そんな「雪の日用のワイパー」には大きく3種類があります。

雪用ワイパー★①ノーマルタイプ
特別な加工がされていないノーマルなタイプです。

その分値段が抑えられているので、とりあえず1つ持っておくにはオススメなタイプです。

雪用ワイパー★②グラファイトタイプ
ワイパーのゴムに、「グラファイト」という炭素の粒子をコーティングしたワイパーです。

コーティングによりガラスとの摩擦を減らしてくれるので、音を減らしたり、ガラス表面の撥水効果を長持ちさせてくれる機能があります。

雪用ワイパー★③撥水タイプ
雪や氷を取り除くだけでなく、ワイパーを動かすだけでガラス面に撥水加工を施してくれる優秀なワイパーです。

ほかの2種よりもお値段が高めになりますが、その分便利なタイプとなります。

ご家庭の車と雪の降る量によって、専用のワイパーを選んでくださいね(^^)

雪でワイパーが故障してしまう原因!のまとめ

私は雪国出身なので、冬には当たり前にワイパーがあがっている光景を見ていました。

でも、実は何気なくやっていたことに、こんな効果があったとは、正直知りませんでした!

雪は、とっても厄介なものではありますが、上手に付き合えば冬の1番の楽しみとなります。

対策をしっかりとおこない、楽しいスノーライフを送ってくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント