車にイタズラした犯人をカメラから特定する方法!特定できたら?

大事な車にイタズラをされたら、たまったもんではありません。
絶対に犯人を許せませんよね。

でも、証拠がないと泣き寝入りするしかありません。
こんなとき、カメラをつけているなどで犯人の映像が残っていたらラッキ―です。
防犯カメラについては「車のイタズラ対策にカメラは効果的?価格はどれくらいのものが安心なの?」の記事に詳しく書いていますので、ぜひ参考にされてみてくださいね。

犯人を特定して、きっちり謝罪と弁償をしてもらいましょう。
そこで今回は、車にイタズラをされたときの犯人の捕まえるときのポイントについてご紹介します。

スポンサードリンク

リアル体験談!車のイタズラをした犯人を捕まえた方法を紹介!

まず、犯人を捕まえるためには「証拠」が必要です。
車にドライブレコーダーをつけていたり、家の車庫にカメラが必要ですね。
それを元に、実際に犯人を捕まえた方法をご紹介します。

知人が犯人だった場合どうすればいい?

まず、車にイタズラする人は2種類に分かれます。
知人の場合と、それ以外の場合です。

特定の人を狙ってイタズラをする場合、知人の可能性が高いです。
あなたに恨みや不満などがあって、それを根に持って車にイタズラをします。
そのためイタズラをされて証拠が残っている場合は、まず身のまわりを確認しましょう。

  • 最近、不仲になった人はいないか
  • 自分をよく思っていない人がいないか
などです。

私も実際、いわれのないことで車を傷つけられたことがあります。
そして犯人は、一緒に働いている人でした。
成果を出している私のことを勝手に恨んで、犯行の及んだのです。
なんとなくイタズラをする前から様子がおかしかったので、すぐに目星がつきました。

カメラに残っている映像と、その人の写真を用意して警察に行きました。
あとは警察が本人を呼び出し話してくれました。
イタズラされたときは、まず疑うべきは身近な人です。
誰だって「身近な人に嫌がらせされた」と疑いたくなんてないですが、心当たりがないか検討すべきですよ。


スポンサードリンク

車をイタズラした犯人を1秒でも早く捕まえるには?ポイントを紹介!

犯人を捕まえるためには、なにしろ証拠とスピードが大切です。
まず車にイタズラをされた時点で、ちゃんと警察に届けを出しましょう。

この時点で、犯人が誰か分かっていなくても構いません。
ただ、

  • 犯人がまったくわからない
  • 証拠がない
という状態は、あなたにとって不利です。
いくら届け出をしたからと言っても、警察はあなたが期待している通りには動いてくれないでしょう。

ではどうしたらいいか?
やはり「あなた自身が被害に合わないために予防すること」が大切なんです。

自分の持ち物である車をきちんと管理しなければなりません。
そのためにはカメラが一番手っ取り早いですね。

「防犯カメラ作動中」とステッカーなど貼っておくと効果的です。
車に触れたらブザーが鳴るようなシステムを付けてもいいですね。
犯人も、捕まってまでイタズラしたいとは思っていません。
イタズラされることを警戒していることが伝わればそもそも被害は受けないでしょう。

イタズラした犯人を早く捕まえるポイント

  • カメラを取り付ける(映像証拠を残す)
  • 犯人に思い当たる人を考える
  • 警察に届け出る

イタズラされないためには

  • カーセキュリティーをつける
  • 車のボディーカバーをつける
  • 「カメラ作動中」などのステッカーを貼りつける
  • 家の車庫には電灯をつけて明るくしておく
予防策を書きましたが、一番早く捕まえられるのは間違いなく「現行犯逮捕」です。
まさにイタズラをしている場面で警察に来てもらうのが理想です。

犯人を刺激すると、あなたに危険が及ぶかもしれません。
もしくは、警察が来る前に逃げ出してしまうかもしれません。

車は修理したら直りますし、買い替えも可能です。
でもあなたがケガをさせられたり命の危険を冒すのは、絶対によくありません。
現行犯逮捕がいいとはいえ、無理しない方が賢明です。
あなた一人で立ち向かおうとせずに、誰か協力してもらえる人を探した方がいいでしょう。

車へのイタズラした犯人特定のまとめ

車へのイタズラって、本当に腹が立ちますよね。
キズによっては修理代もばかになりません。

犯人には1秒でも早く捕まってほしい、弁償してほしいと願うばかりですね。
そのためにはあなたにできることがあります。
防犯対策をして、そもそも被害に合わないように努めましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント