車にイタズラで傷をつけられた…今後の対策はどうしたら良い?

車にイタズラで傷をつけられたら、相当へこみますよね。
落ち込む気持ちと、誰がやったんだと怒りがフツフツわいてきます…

自分で修理するのはアホらしいですが、犯人がわからなければ仕方ありません。
そのようにイタズラで傷がつけられたときのために、保険に入っておくと安心です。

でも、自分のかけている保険で修理するのもしゃくですよね!!
そこで今回は、そんな「車へのイタズラ」に対して、また同じようなイタズラをされないためにできる対策について、お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

入っておくと安心!車にイタズラで傷がついた時のための保険とは?

  • コインパーキングに駐車していたら傷をつけられた。
  • 自宅に駐車していたにも関わらず傷つけられた。
いろいろなパターンがあると思います。

私の実家は、車の通る道沿いにあるのですが、それでも傷をつけられたことがあります。
「スーッ」と、前方から後方まで傷をつけられていました。
そのときは保険で修理しました。

このように「イタズラで傷をつけられた」といったとき、一般的には任意保険に入っていれば、保険がおります。
ただ、加入しているものによって保険内容は違います。
詳しくは自分のものを確認してくださいね。

まずは警察へ届け出が必要

保険を使って保障してもらうためには「事故証明書の提出」が必要です。
なので、イタズラをされた時点でまず警察に届け出ましょう。

「傷をつけられたくらいで警察に行ってもいいの?」と思うかもしれません。
でもこれは立派な犯罪です。器物損壊にあたります。
ちなみにパンクの場合は「イタズラ」として認められないケースがあります。

実際届けを出しても、イタズラの程度が低ければ警察がは動いてくれません。
何の証拠や手がかりもなければ警察も動けないですもんね。
でも保険を使って修理をするんだったら、事故証明書だけでももらうようにしましょう。

保険を使って修理することのデメリット

保険を使って修理をすると、翌年から保険等級が下がります。
そうなると月々の支払が高くなるので、安易に保険を使うのは危険です。
なので、修理費が高額になる場合は保険を使った方がいいでしょう。

少額で済そうであれば、結果的には自腹で修理してもらった方がいいことが多いです。
結局は、保険金が高くなるよりは安く済む場合もあります。
それに無事故であれば、等級は普通1つ上がりますよね。
保険を使うと、その「等級が1つ上がる」とうこともなくなってしまいます。
自分が事故をしたわけでもないのに、なんだか理不尽ですよね!
なので、保険をつかったことで、実質2段階下がるということになってしまうんですね。


スポンサードリンク

車にイタズラで傷をつけられないためにカメラは効果がある?

イタズラされてしまったが為に、労力やお金を使うのは本当に無駄ですよね。
そんなイタズラ事故を防止するためにはカメラが効果的です。

ぜひあなたの車にも「ドライブレコーダー」をつけておきましょう。
どらいぶれこーだーというと、「運転中だけ」というイメージがあるかもしれませんが、実は駐車時なども起動しておくことができるものもたくさんあるんです。

そんなドライブレコーダーの映像があれば、もしイタズラされても犯人を特定できるかもしれません。
証拠映像があれば、警察も動いてくれる可能性が高くなります。
そして犯人が特定できたら、修理費を全額支払ってもらうことができますね。

また「ドライブレコーダーがまわっている」とわかったら、イタズラを諦める場合もあります。
犯人も捕まりたくないですもんね。
なので、車に「カメラ作動中」などのステッカーを貼ってもいいですね。

また、車に近づいたり触れると大きな音がなるシステムがあります。
イタズラを防止したかったり何度も被害にあっているようであれば、ぜひ検討してください。

自宅でできることとしては、駐車スペースに防犯カメラをつけることです。
「防犯カメラはちょっと大げさだな」という場合は、ダミーのカメラでもよいです。
犯人にとっては本物かダミーか、そんな判断はつきません。

車全体を覆うカバーをしておいてもいいですね。
カバーを外してまでイタズラする、そんな人の目につくようなことまでしてイタズラをする人は、まずいないでしょう。
もしそういうイタズラがあれば、それこそ警察に相談するべきです。

車にイタズラされて傷つけられないための対策まとめ

大事な車に傷をつけられたら、とっても腹が立ちますよね。
でも傷をそのまま放置しておくわけにはいきません。
見た目も格好悪いですし、傷によってはそこからサビてくる可能性もあります。
任意保険に入っていれば、おそらく保険適用内です。

でも等級が下がってしまうこと、同時に保険料が高くなります。
それを念頭に置いて保険を適用するか検討しましょう。
ドライブレコーダーやダミーカメラ、車のカバーなどを利用して、本当に「無駄な労力」を使わされないようにしたいですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント