数年前から、年末の時期になると毎年『来年こそは新年の書き初めをするぞ!』と思いつつ、できていないまま今に至っています。なんていう私みたいな人って結構いますよね。

今年、幼稚園の年長さんになる娘がいるんですけど、ひらがなもある程度ちゃんと書けるようになってきたので、ここは思い切って『家族みんなで書き初め』を計画してみようと思いました。自分ひとりではなかなか始められていなかったので、周りを巻き込んでやれば始められるんじゃないかなという思いもあってですけどね^^;

この記事でお伝えしたいこと
  • 新年になって書くものは知ってるけど、正式にはいつ書くものなの?
  • 幼稚園児の娘には、どんな道具を準備すればいいの?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

同じように、家族で幼稚園の子供と一緒に『書き初め』を初めてみようと思っていつ方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク
  

書初めっていつするもの?

書き初めって、新しい年になってから『新年の抱負』とかを筆を使って半紙に書くっていうイメージはあるんだけど、実際に『じゃあ今年から始めよう』って思ったときに、『正式にはいつ書くんだろう?新年の抱負だから元旦かな?』とかって考えちゃいますよね。

そもそも、本来の書き初めっていうのは『書き初め』って言葉の通り『その年の書きはじめ』です。昔は農家や商いをしている家では『ことはじめ』って言って1月2日にその年の仕事を始めることになっていました。それにならって宮中や書道をたしなむ人達が1月2日に『書き初め』として文字を書くようになったんですね。
それから、だんだんと教育が進んで行って、一般の人々も文字の読み書きができるようになって行ったのと一緒に『もっと綺麗な字を書くことができますように』っていう思いを込めて『書き初め』を始めるようになっていきました。よく年始にテレビのニュースでやっているので見たことがある人もいると思いますが、神社とかでやっている『どんど焼き』と言うのも、書き初めで書いた文字を燃やして、もっと字が上手になるように神様にお願いしているんですね。
それくらい昔の人にとって『綺麗な字を書く』ってことは、とっても大切なことだったんですね。

なので『書き初め』は、新年があけて早々の元旦じゃなく、正式には1月2日にするというのが正しいんです。

とは言っても今は核家族化が進んで、年末年始はおじいちゃんおばあちゃんの待つ実家に子供を連れて帰省するって家庭も多いので、なかなか1月2日に書き初めをするのは難しいですもんね。
書道をたしなんでいる人とかでなければ、現代での書き初めでは『文字の上達』という意味合いよりも『新年の抱負』という意味合いの方が強くなっているので、無理に1月2日にこだわらずに実家から帰ってきてから書き初めを書くっていうことでもいいと思いますよ^^b


スポンサードリンク

幼稚園の娘にはどんな道具を準備すればいい?

自分たちであれば、例えば学生の時に使っていた習字セットを引っ張りだしてきたり、値段も質もピンキリなので好みに応じて大人用の習字セットを買ったりすればいいんですが、幼稚園に通う子供には、どんなものを準備すればいんでしょうか?

道具別に説明していきますね。

大人の場合は数百円のものだと、すぐに筆の先が割れてしまうので3,000円くらいのものを準備するのが無難だけど、まだ幼稚園に通っている子供の場合は500円くらいのものでいいです。(微妙な金額の違いだけど100均や300円くらいのものだと、ちょっと質が悪くなるのでやめておいた方が無難です)
当然、お値段のいいものは書き味もいいんですが、幼稚園児が使う筆にそこまで書き味を求めることは必要ないので、最低限これくらいのものを準備してあげれば問題ありませんよ^^b

いくらいい筆を買っても、使ったあとの手入れをきちんとしないと、次に使うときに良い状態で使うことができません。なので、せっかく新年になって書き初めをするんですから、書き初め用の子供が使う筆は500円くらいのものを毎年買い替えるのがお勧めです。

墨(すみ)
最近は学校の授業とかで墨をすって使うなんてことはしなくなって、墨液を使うことがほとんどです。最近では墨が服についても洗濯で簡単に落ちる墨液もあったりします。
墨にはのお値段もピンキリですが、天然膠入りのものと、合成のり入りのものがあります。本格的な墨に近いものをとこだわりがあるような人には天然膠入りの方が、本来の墨に近いですが、そうでなければ合成のり入りのものでも全然問題ないですよ。
合成のり入りのものであれば、200mlで500円くらいのものを目安にすればいいですよ。
紙・半紙(かみ・はんし)
書いた文字の発色やにじみにくさは、墨汁よりも紙の質の方がより影響があります。文字がにじみにくい紙というのも売られているので、そういったものを使うといいでしょう。比較的さわってみた感触がツルツルしてる方がにじみにくいですよ。
あと紙の厚さもできるだけ厚めのものを選ぶのがポイントです。あまい薄いものを使うと、書いたときにすぐに破れやすいので、特に幼稚園児のような小さな子供が書く時には絶対に厚さのある紙の方がおすすめです。厚みがあった方が全然書きやすいですしね。
硯(すずり)
最近の子供用の習字セットでは、墨をすらずに墨汁を使うので硯もプラスチック製のものが使われることが多いです。家庭で順位するときには専用のものを購入してもいいですが、子供が使うので倒れにくい安定感のあるものなら家庭にあるプラスチックの容器や豆腐の空き容器とかでも十分に代用できますよ。
下敷(したじき)
普通に変な折り目がついていなければ100均などで売られているものでも全く問題なく使えます。
折り目や曲がり癖がついていたりするとすごく書きにくいので、そんなときは100均などでやすいもので構わないので買いなおした方がいいですね。

さいごに

最近では、幼稚園も年長さんになればひらがなの読み書きができるようになってきますよね。

日本に古くから伝わる伝統文化でもある『書き初め』。海外ではなかなかない風習です。
せっかくなので、家族みんなで書き初めをすることの意味や、文字を書くということについて考えてみてはどうでしょう。

そして新年あけての2日の日に、子供が綺麗な文字を書くことができるようにという祈りも込めて、新年の抱負や好きな言葉をみんなで一緒に書いていかがでしょう?
古くからのいろんな風習には昔の人たちの知恵がたくさん詰まってます。そんな風習や文化に触れさせてあげて、いろんな刺激を与えてあげるのも、子供の成長にとっても助けになります。

そのためには、まず道具を揃える必要がありますもんね。そんなときの参考になれば幸いです。

やっぱり何と言っても一番大切なのは家族みんなで一緒に、『書き初め』を楽しむという気持ちです。我が家でも一緒に楽しみながらできるようにいろいろと考えて、毎年の恒例行事にしていきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す