バレンタインは中学校では禁止!いつどうやって渡せばいい?

スポンサードリンク

2月に入ると、お店にバレンタイン用のチョコや贈り物が並び始め、見ているだけでワクワクしてきますね。
バレンタインは、女性から好きな男性にチョコを贈る日です。
普段はなかなか気持ちを伝えられない女性にとっても、バレンタインは大チャンスです。
一年に一度のバレンタイン、みんなどうやってチョコを渡しているのでしょうか?

意外に難しいのが子どもたちのバレンタインです。
特に小学生や中学生だと、学校にお菓子を持ってくるのは禁止されていることが多いのではないでしょうか。
20年以上前の話ですが、私の通っていた中学校でもお菓子の持ち込みは禁止されていました。

とはいえ、中学生にもなると好きな男子、好きな女子ができるお年頃です。
好きな人ができたら、バレンタインにチョコを渡したくなりますよね。
では中学校でバレンタインが禁止されている場合、いつどうやって渡したらよいのでしょうか?
おすすめの方法をご紹介します!


★学校が終わってから家まで渡しに行く
もし相手の家を知っている場合は、学校が終わってからチョコを渡しに行きます。
この方法だと確実に相手に渡すことができますね。
ただ、最近では個人情報の問題で、学校の連絡網が廃止され相手の家の住所がわからないことも多いです。
また、相手の家に行くとなると、相手の家族に会ってしまう可能性も高いです。
チョコを渡すところを相手の家族に見られたら、お互いちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

★放課後どこかで待ち合わせして渡す
相手の家がわからない、家族に見られるのが恥ずかしいという方には、どこかで待ち合わせして渡すという方法がおすすめです。
場所は、学校や家の近くの公園、公立の図書館、駅などどこでもよいと思います。
塾や習い事で一緒になるなら、そこでもよいですね。
待ち合わせする場所と時間をしっかり決めることと、万が一遅刻したり行かれなくなった場合にどうやって連絡を取り合うかまで考えておくと完璧でしょう。

★郵送する
どうしても直接渡すのが難しい場合は、郵送するという手もあります。
これも相手の家の住所を知っていることが前提です。
相手の家族に知られたくない場合は、ラッピングの上からさらに目立たない包装紙で梱包するとよいでしょう。

★バレンタイン当日ではなく、その前後の休日に渡す
バレンタイン当日、部活や塾などでお互い都合がつかない場合、別の日に渡すのもよいと思います。
お互い都合がつく休日だと、時間もたっぷりあるので、どこかで待ち合わせして遊ぶついでに渡せそうですね。
スポンサードリンク

バレンタインの中学生の渡し方 校内で禁止でもバレない方法とは?


  • 相手の家の住所がわからない
  • 塾や習い事でも一緒にならない
  • 待ち合わせの約束ができるほど相手と話したことがない

など、色々な理由でどうしても学校で渡したい!という方もいらっしゃると思います。
でも学校でバレンタインが禁止されている場合は、どうやって渡したらよいのでしょうか?
バレないように渡す方法はあるのでしょうか?

絶対にバレないとは断言できませんが、バレにくい方法としては、ポーチの中にチョコを入れて学校に持ち込んで、放課後誰もいないところでこっそり渡すという方法です。
女子のポーチの中には生理用品が入っていることが多いですよね。
なので、もし学校で持ち物検査があっても、ポーチの中までは調べられにくいと思われます。
もちろんチョコのサイズはポーチに収まる小ぶりなものにする必要があります。

渡すタイミングも、放課後がベストです。
放課後だと人が少なくなり、相手もチョコをもらってすぐ帰宅できるので、見つかる可能性が低くなります。
相手の下駄箱や机に入れておくのは、見つかったとき相手が先生に注意されてしまうし、チョコが入っていることに相手が気が付かない可能性もあるのでおすすめできません。

ただ、この方法は学校のルール違反をしているということをしっかりと覚えておきましょう。
見つかった場合でも、中には生徒の気持ちを汲みとって、見逃してくれる先生もいるかもしれません!?


スポンサードリンク

バレンタイン中の中学生男子の本音は?照れくさいだけで嬉しくはないの?

幼い子どもだったら、チョコをもらえばすぐ喜ぶのですが、中学生ともなればそううまくはいきません。
特に男子は、なかなか素直に感情を表さなくなってきますよね。
バレンタインにチョコを受け取る中学生男子は、どのような気持ちなのでしょうか?

実は、男子はバレンタインをとっても意識していました!
男子の側からすると、「チョコを1個ももらわない=もてない奴」という図式があるようです。
なので、1個でもいいから、義理チョコでもいいから欲しいという男の子がたくさんいました。
朝登校した瞬間から、下駄箱や机にチョコが入っているかもと期待し、休み時間は寝たふりしながらも女子から声をかけられるのを待ち、もし声かけられたら「キターーーー!」と心の中でガッツポーズしてしまうそうです。
いつもと同じ様子でも、内心はかなりドキドキしているみたいですね。

ただ、中には手作りのチョコは苦手という人や、親や友だちに見られたら恥ずかしいという意見もありました。
その点は女子の方で気を付けてあげたらいいかなと思います。

バレンタインを中学校でどうやって渡す?のまとめ

ドキドキのバレンタイン。
学校でバレンタインが禁止になっても、相手に気持ちを伝えられるといいですね。
ぜひ参考にしてみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント