マイナンバーカードと住基カードの違い!2枚持ちはできるの?

この記事は約5分で読めます。

平成28年から発行が開始されたマイナンバーカード。

みなさんはもう持っていますか?

私は今までなんとなく手続きが面倒で敬遠していたのですが、今回マイナポイント制度を機に、発行手続きを行いました。

そして、そんなマイナンバーカードについていろいろ調べているとふと気になったのが、“住基カード”についてです。

マイナンバーカードと免許証や保険証などの違いについてはわかるのですが、この住基カードとマイナンバーカードの違いについてはいまいちよくわからなかったんですよね。

そこで今回は、この

「マイナンバーカード」
「住基カード」

この2つのカードの違いについて、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

マイナンバーカードと住基カードの違いは?

まず最初に“マイナンバーカード”と住基カード“の違いについてみてみましょう。

マイナンバーカードとは?

マイナンバーカードとは、国民一人一人にふられたマイナンバーが記載されていて、本人の顔写真などの大切な個人情報がのったカードです。

身分証明としての機能があって顔写真がありますので、運転免許やパスポートと同じように本人確認の際に使用できるカードとなっています。

住基カードとは?

そして住基カードとは、住民基本台帳カードのことを指します。

この住基カードは、住んでいる市区町村に申請すると交付をうけることができます。

この住基カードには

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
が記載されていて、写真付きにするかどうかは自分で選ぶことができます。

そして写真付きの住基カードは、公的な身分証明としての機能ももっています。

マイナンバーカードと住基カードの違い

基本的には公的な身分証明のカードとして、同じような役割の2枚のカードです。

そんな2つのカードの一番大きな違いは、なんといっても「マイナンバーの記載があるかどうか」です。

マイナンバーカードはあまり普及していないかもしれませんが、現在では公的な手続きには、ほとんど「マイナンバーの記載」が求められます。

娘のこども園の入園でも、書類にマイナンバーカードの記入があったくらいです。

また今までは、住基カードでは個人がインターネットを通じて、行政の住基ネットの情報にアクセスすることはできませんでした。

一方マイナンバー制度では、個人でもインターネットを通じて、『マイナポータル』という「情報記録開示システム」を利用できるようになりました。

インターネットが完全に普及した現在にマッチした身分証明カードですよね!

住基カードは必要はない?マイナンバーカードでできないことなんてあるの?

マイナンバーカードと住基カードは、ほとんど同じような機能をもつ身分証明のカードです。

今まで住基カードでしていた手続きなどは、すべてマイナンバーカードで可能となります。

その為、マイナンバーカードの制度開始後には、住基カードの新規発行は行われなくなりました。

ただ、平成27年12月以前に発行された住基カードは、期限切れになるまでは使用可能となっています。

ただ、このとき気を付けたいのが、「マイナンバーカードと住基カードは、重複して持つことはできない」という点です。

なので、住基カードをもっている人がマイナンバーカードの交付を受けた場合には、もっていた住基カードは廃止となり、返納することになるので、気を付けてくださいね。


スポンサードリンク

マイナンバーカードを持つメリットは?マイナポイントって使えるの?

ここまで、マイナンバーカードと住基カードの違いについてみてきましたが、そもそもマイナンバーカードを持つメリットとはなんでしょうか?

わかりやすいメリットとしては、住民票の写しや印鑑登録証明書などがコンビニで取得可能となることです。

確定申告を自分でおこなう人は、電子手続きにもこのマイナンバーカードが活躍します。

また、未成年や免許を返納した方は、写真付きの公的な身分証明として使用が可能です。

そして、2020年7月から『マイナポイント事業』という国のマイナンバーカードの施策も行われます。

このマイナポイント事業とは

「マインナンバーカードを持っている人が1人2万円のチャージやキャッシュレス決済に対して、最大5000円分のポイントを付与する」

というとってもお得なポイント事業なんです。

還元率にすると25%になるので、かなり高い還元率になりますよね!

このマイナポイント事業は、未成年の子供でも代理人として申請が可能となりますので、4人家族であれば2万円分のポイントがもらえるというわけです。

これはマイナンバーカード作るしかないですね(^^)

ちなみに、私もこのポイント欲しさにマイナンバーカード取得しました。笑

マイナンバーカードは、申請してから実際に取得するまで1か月以上かかることもありますので、はやめの申請をオススメします。

マイナンバーカードと住基カードの違いは?のまとめ

マイナンバーカードと住基カードの違いについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

写真付きの公的な身分証明として使えるマイナンバーカード。

国としてはもっと普及してほしいという思いがあるので、もしかしたら今後もっと沢山のことが出来るようになるかもしれませんね!

是非マイナンバーカードを取得して、マイナポイントもしっかりもらって得しちゃいましょうね(#^^#)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント