自転車のカッパを常備するとき!邪魔にならない方法はないの?

自転車通勤でこまるのが『突然の雨』ですよね。折りたたみ傘を持ち歩いていても、『自転車の傘さし運転』は、交通違反になって罰金も取られてしまうおそれもあります。

それに、とっても危険です!

なので、自転車での突然の雨用に『カッパ』は必需品なんですよね。

でも、家を出る時に既に雨が降ってる時なんかだと、最初からカッパも着て出かけるからいいんですが。

でも出かけた時には降ってなくても大丈夫なのようにと『突然振り出しちゃった時用のカッパ』は、普段から持ち歩くのってとっても邪魔になっちゃうんですよね~。

そしてもう1つ厄介なのが、雨降りの日に出先で『脱いだカッパ』をどうするか。

これがすごく困るんです。

屋根がある自転車置き場があるようなところだと、自転車のハンドルやサドル部分に引っかけておいたりすればいいんですが。

でも、屋根がないところに駐輪しなきゃいけない時には、そういう訳にはいかないですもんね。

そうなると、カッパを何かしらの袋に入れて持ち歩くしかありません。

これがまた邪魔になっちゃうんですよね。

そこでこの記事では

  • 自転車用のカッパって普段はどうしてる?
  • 自転車用の雨ガッパを普段から常備しておくいい方法って?
  • 出先での雨に濡れた雨ガッパって何かいい保管方法ない?
っていうことについて、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

自転車にカッパを常備して持ち運ぶのって邪魔になる

普段から自転車を主な交通手段として使っている私も、自転車用の雨ガッパを買って、そのカッパを自転車で持ち歩くとき。

カッパを買った時についてた袋に入れて自転車のハンドルに引っかけて、ハンドル下の棒(ポール?)に袋のひもをグルグル巻き付けていました。

でも、それだとはっきり言って、とっても邪魔なんですよね。

しかも、袋についてるひもがゴムになってるので、自転車に乗ってるとちょっとした段差なんかでも『びよーん』って伸びちゃうんです。

なので、レインコートの入った袋を時々上に引き上げないと、袋が自転車のタイヤに擦れてちゃいます。

それに、盗難防止的な意味もあって、簡単に取れないようにポールに巻き付けているから、急な雨のときなんかにサッと取り出せないので、ちょっと面倒だったりもするんですよね。

『他にも、何かいい方法ってないかなぁ~』って思って、いろいろと試してみたけど『これだよ、これ!』っていういい方法ってなかなか見つからないんですよね~。

脅威的な黒いビニール袋の効果

そんなモヤモヤした気持ちを抱えながら『何かいい方法ってないかなぁ』と何気にググってると、何やら気になる方法が目に留まりました。

その方法とは『黒いビニール袋にカッパをタオルを入れて、前かごに入れて結んでおくと、盗難されないよ~』って言うものでした。

気になったので、その方法をさっそく試してみたところ…効果は抜群!

なぜか盗られないんですよね~。

これだったら、突然の雨でもサッと取り出せるし、脱いだ後のカッパも、この黒いビニールに入れておけばいいので『完璧』です。

ただ、私的に大きな問題が1つ発生しました。

その問題とは、そのシルエットというかルックスです。

決して、『スタイリッシュ』とか『オシャレ』とは言い難いその姿です。

どっちかと言えば、スタイリッシュに自転車に乗りたいって思ってる方なので、やっぱりその『シルエット』には、抵抗があったんですよね。

自転車用のカッパを前かごに入れておく

でも、やっぱり『カッパ用の袋』をハンドルからぶら下げておくのって、邪魔になっちゃうんですよね。

そんな時に、とっても便利なものを見つけました。

何かと言うと『自転車の前かご用のカバー』です。

前かごにカバーって、よく近所のおばちゃんが自転車に乗ってる時に、かごに入れてるカバンなんかの貴重品をひったくられたりしない様にしている奴です。

でも、自転車のかごにつけるカバーっていうと、『おばちゃんが付けてるような感じのカバーばかり』なんですよね。

『いやいや、こんなのしてたら全然スタイリッシュでもないでしょ?』っていうものだと思ってました。

でも『今どきの前かごカバー』って、結構シンプルでオシャレなのもあるんですよね~。

しかも防水機能もバッチリだったりするんです。

自転車のかごにカバーをしておけば、かごの中が見えなくって中に何が入ってるかわからないから、カッパを入れていても盗難されにくいんです。

さすがに台風とかみたいな大雨だと多少濡れちゃうこともあるだろうけど、少々の雨なら中に入れてるカッパも濡れないので、とっても便利です。
オシャレな自転車の防水タイプの前かごカバーの詳細を見てみる


スポンサードリンク

自転車用にカッパを携帯しておく

例えば自転車がロードバイクだったり小口径の自転車で、前かごをつけられなかったり、つけたくないって場合もありますよね。

こんな時には、携帯用のカッパがお勧めです。とっても小さく収納できるので、普段はカバンやリュックに入れておいて邪魔にならずに持ち歩くことができちゃいます。
とっても小さな携帯レインコートの詳細を見てみる

そして、雨が降った後のカッパを置いておいたり、持ち歩いたりするのに困るって人には、防水タイプの軽量リュックがお勧めです。

何とこのリュックは、折りたたむことで手のひらサイズにまでコンパクトになっちゃうんです。

これに入れて持ち歩けば、濡れてるカッパもオシャレに持ち歩けるので、とっても便利です。

カラーも12色から選べるのがいいですよね。
防水タイプの軽量コンパクトなリュックの詳細お見てみる

自転車のカッパを持ち運び!のまとめ

梅雨時期なんかの雨の時期には、携帯しておきたカッパの持ち運びについて、紹介してきました。

普段の持ち運びとか、出先で使って脱いだ後に困る取り扱いの参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント