私の場合は、通勤とか一人で買い物に行ったり、ちょっと街に出かけたりする時には、基本『自転車』を使ってます。なので、梅雨の時期だけじゃなく普段から突然の雨に備えて、自転車用に『雨ガッパ』と、自転車から降りた後用に『折り畳み傘』をリュックに入れて持ち歩いてます。

そんな『折り畳み傘』って、その辺で売ってるものって小さいサイズのものが多くって、『大きいサイズ』って書いて売ってるものでも、やっぱり小さくて、ちょっと風がある日なんかだと足元とかリュック、服なんかがすぐに濡れちゃって困ってます。

この記事でお伝えしたいこと
  • 何で折り畳み傘ってどれも小さいの?
  • 小さな折り畳み傘でも濡れないようにするには?
  • 大きくて頑丈な折り畳み傘ってないの?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

折り畳み傘って小さくてすぐに濡れちゃう

車で移動したり歩きだったりの時には、折り畳み傘じゃなくて普通の大きな傘を持って行くからそうそう、濡れないんだけど、自転車移動が多い私の場合、普通の傘を持って行くのは、自転車に乗る時にすっごく邪魔になっちゃうので、リュックの中に『折り畳み傘』を入れて、持って行きます。

折り畳みの傘って大きいサイズは壊れやすい

確かに、リュックに入るから自転車に乗る時にも邪魔にならないし、自転車から降りた後にリュックから取り出して使えるので、私の必需品なんだけど、何せ『折り畳み傘って小さいものが多い』んですよね。今まで、何回か近くのホームセンターとかで見かけた『大きくて濡れにくい!』っていう折り畳みの傘を買って使ったことがあるけど、やぱり小さくて濡れちゃうんですよね。それに、折り畳み傘で大きいサイズのものを買うと、大体がちょっとした風ですぐに壊れちゃうんですよね。(折り畳み傘って、その構造上からか壊れやすいから、傘が大きいと風を思いっきり受けちゃって、それに耐えきれないんでしょうね~)

小さい傘だとリュックが濡れちゃう

それに、自転車移動の時の必需品『リュック』。このリュックも自転車に乗ってる時には、リュックをかるったまま、その上から大き目のカッパを着てるから濡れちゃうこともないんだけど、自転車から降りた後、折り畳み傘だとリュックが濡れちゃうんですよね。

折り畳み傘は軽くて携帯性重視のものがほとんど

そんな『折り畳み傘』って、なんで小さなものが多いんでしょうね?それは、やっぱり折り畳みの傘は、『出かける時に降ってる本格的な雨用』っていうよりも、常日頃、カバンに入れて持ち歩いて『突然の雨の時の非常用』っていう使い方を想定してるからです。

なので『大きくて丈夫』よりも『小さくて軽い』ことを最優先に作られているものがほとんどなんですね。携帯性(コンパクトで軽い)ことを重視すると、どうしても大きい傘にはならないし、傘が受ける風の影響も大きくなっちゃうから、それなりの強度の造りにしなきゃいけません。でも『それなりの強度』にするには、『軽量』にすることが難しいし、軽量で強度の高い素材を使うと、高価なものになっちゃいます。

なので、普通に売られてる折り畳み傘は、『小さくて軽いもの』が多いんです。

ポンチョに傘の組み合わせで雨をシャットアウト

でも、私みたいに雨降りの日でも自転車を使って移動する人にとっては、折り畳み傘って『突然の雨に使うもの』じゃなっくて、普段の雨降りの日にでも普通に使う『普段使い用』なんですよね。でも、小さな傘だと、ちょっと風があったり(雨降りの日って風が強い日が多いですもんね)しただけど、足元だけじゃなくリュックや服がすぐに濡れちゃいます。

傘+ポンチョで最強に

そんな時に、ぜひ試してみて欲しいのが『傘+ポンチョ』の組み合わせです。小さな折りたたみの傘だと濡れてしまう服やリュックも、ポンチョを着る事で雨濡れから守ってくれます。ポンチョだけだと、フードについてるバイザーだけだとどうしても顔が濡れてしまいます。

化粧をする女性だけじゃなく私みたいにアトピー持ちだったりすると、顔か雨に濡れちゃうと痒くなったりしちゃいます。そして、何よりもポンチョのいいところは『サッと着れて、サッと脱げる』ところです。


ちょっと歩くだけの時には傘だけでもいいけど、ちょっとした距離を傘をさして歩かなきゃいけない時には、この『折り畳み傘+ポンチョ』を試してみてくださいね。最近では、オシャレなポンチョもたくさんあるので、雨の日にはファッション感覚でポンチョを着てる人も多いみたいですよ。

オシャレなポンチョはこちらから(外部サイトへ移動します)


スポンサードリンク

折り畳み傘にも大きくて丈夫なものもがある

ちょっと前に『普通に売られてる折り畳み傘は、小さくて軽いものが多い』っていう話をしましたよね。うちの近所にあるホームセンターなんかにある折りたたみ傘は、ほとんどがこの『小さいもの』なんです。たまに大きなサイズのものがあっても、軽さの為に強度がいまいちで、すぐに壊れてしまいます。

でも、私の場合は自転車移動の時の『普段使い用』としての折り畳み傘が欲しいので、『軽さ』よりも『大きさ・丈夫さ』を重視した傘が欲しいんです。自転車の時はリュックに入れるから、折り畳み傘が少々重くなっても、カバンに入れる時みたいに、そんなに気にもならいないですしね。

大きくて丈夫な折りたたみ傘

近所に売ってない、『丈夫で大きな折りたたみ傘』だけど、今は便利な世の中です。近隣に売ってないようなものでも、インターネットで検索して買うことができちゃうんですよね。私も、ネットで検索していくつか気になった傘を買って使ってみました。そんな中から、お勧めの傘を3つ紹介しますね。

高強度グラスファイバー製の10本骨の大きな傘

Bodyguardのワンタッチで自動開閉できる、折り畳み傘です。強度を確保するための10本骨なので、どうしてもちょっと重くなっちゃうけど、それはリュックにいれるので、そんなに気にはなりませんでした。大きさも105cmあって、しっかりとした作りの傘なので、長く使えそうな傘です。


スペック
  • 生地 …ポリエステル(テフロン加工)
  • 親骨 …FRP(グラスファイバー) + スチール+アルミ
  • 傘直径…105cm
  • 骨数 …10本
  • 重量 …445g

Bodyguardのワンタッチ自動開閉の大きくて丈夫な折り畳み傘の詳細はこちら(外部サイトへ移動します)


プレミアム富山サンダー

私は、なによりも、この『プレミアム富山サンダー』っていうネーミングに引かれました。大きさはもちろんのこと、傘自体がしっかりとした造りで、傘の生地自体に『超撥水効果』なるものが施されているので、撥水効果が長期間持続する点が、お勧めの理由です。この『撥水効果』が有るのと無いのでは大違いで、傘を使い終わった後に、『サッと一振り』するだけで、傘を畳んだりするときに手が濡れないんです。この効果が長続きするのって、長く傘を使い続ける上で、かなり大きなポイントだと思います。


スペック
  • 生地 …ポリエステル(テフロン加工)
  • 親骨 …FRP(グラスファイバー)
  • 傘直径…120cm
  • 骨数 …10本
  • 重量 …500g

富山サンダーの詳細情報はこちら(外部サイトへ移動します)


コスパ抜群の大きくて丈夫な折りたたみ傘

この折りたたみ傘は、前に紹介したお勧めの傘と比べても、同じようなスペックだけど、特筆すべきはその『コスパ』です。普通にその辺で、普通の折り畳み傘を買うと、ふつうこれまた普通に千円近くのお値段がしちゃいますよね。その普通の傘と同じような、もしくはそれ以下のお値段で、大きさと、強風でも全く動じない頑丈さを兼ねそろえてるんです。はっきり言って『最強のコスパ折りたたみ傘』です。決して軽くはない傘だけど、大きさと頑丈さを求めて、でも傘にそんなにお金はかけたくないって言う、わがままな願いをかなえてくれる、スーパーな傘です。


スペック
  • 生地 …ポリエステル(テフロン加工)
  • 親骨 …FRP(グラスファイバー)
  • 傘直径…104cm
  • 骨数 …10本
  • 重量 …485g

コスパがスーパーに抜群な折り畳み傘の詳細情報は(外部サイトへ移動します)

さいごに

私と同じように『折りたたみ傘を普段使いしている人』にとって気になる、『折り畳み傘=小さくて濡れやすい』っていうことについて、紹介してきました。普段、リュックを持ち歩いてて、そこまで軽さに拘らない傘を探してる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、それでもリュックが濡れちゃうのが嫌って人には『防水加工されたリュックカバー』がお勧めです。

防水加工のリュックカバーの詳細情報はこちら(外部サイトへ移動します)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す