台風で停電したらブレーカーは落とすべき?他にするべきことは?

夏が近づくと、心配になるのが台風の情報です。

ここ数年は沢山の台風が日本に上陸し、大きな被害をもたらしています。

大雨による水害や土砂崩れなどの他に、強い風によるものが飛ばされる被害や、停電の被害も怖いですよね。

特に停電が夜におこってしまった場合、暗闇の中でさらに恐怖が増してしまい、思わぬ二次被害を招いてしまうこともあります!

では災害時に停電になってしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

「停電になったらブレーカーを落とした方がいい」と聞いたことがありますが、実際にはどうなんでしょうか?

スポンサードリンク

停電になったらブレーカーは落とすべき?でも復旧したのはどうすればわかるの?

台風などの災害によって停電してしまった場合、みなさんはブレーカーはどうしますか?

私は、以前誰かしら~聞いた記憶があって、「なんとなく停電の時はブレーカーを落とすもの」と思っていたのですが、なぜかといわれると答えられないなぁと。

実際には、停電時にはブレーカーは落としたほうが良いのでしょうか?

これは、「絶対に落とさなくてはいけないということはないようです。

まず、停電時にブレーカーを落とさなくてはいけない理由は、電気の復旧とともにショートして火災などが発生してしまう危険性があるからなのです。

この、「電気の復旧とともにショートしてしまう危険性があるもの」とは、

  • 家電製品が壊れている
  • 家の中の配線が損傷、劣化している
などの、通電することにより火花などがでる危険性があるものを指します。

なので、このような状況の場合は、停電した際にブレーカーを落としましょう。

地震などで物がたおれたりしている場合は、それが原因でで配線などが損傷してしまっている可能性も考えられるので、「ブレーカーは落とした方が良い」ということになります。

「だったら、台風で家の中の物とかは倒れてないから、ブレーカーはどうすれば良いんだろう?」と悩んだ場合、そんなときは落とした方が正解です。

でもここで疑問になるのが、「ブレーカーを落としてしまった場合、復旧したのがどうしたらわかるの?」という点です。

確かに、すべてのブレーカーを落としていると、電気が復旧した時に気づきませんよね。

そのような場合には、「安全ブレーカーを一ヶ所だけ入れておく」という手があります。

安全ブレーカーとは、家の中の系統ごとに遮断できるブレーカーのことです。

この安全ブレーカーを、一ヶ所だけ落とさないでいれておくことで、電気が復旧した際にすぐに気づくことができますね。

気を付けたいのが、この安全ブレーカーをあげておく場所は、「キッチン回りなどの、熱を発する家電や大量に電気を消費するものがある場所は、避けておくこと」です。

なるべく電力消費が小さな所の、安全ブレーカーをあげておいてくださいね。

停電した際にするべきことは?

停電の際のブレーカーの取り扱いについてはわかりましたが、では実際に停電になってしまった場合、他にどんなことをすれば良いのでしょうか?

まずは、停電しているのが自分の家だけなのか、周りの家も停電しているのかどうかを確認しましょう。

もしかしたら、電力量オーバーで自宅のブレーカーが落ちているだけかもしれません^^;

「周りも停電してる!」ということが確認出来たら、

  • 電気復旧後の火災などを防ぐためにブレーカーを落とす
  • 電化製品の電気プラグをコンセントから抜いておく
といった対応をとりましょう。

このとき、特にアイロンやヒーターなどの電熱器具には注意が必要です。

冷蔵庫は庫内の温度上昇を防ぐために、ドアの開閉は控えた方が良いでしょう。

また、エアコンやヒーターの使用もできなくなりますので、

  • 夏は熱中症対策
  • 冬は寒さへの対策
をしっかりと行うことも大切ですね。

窓を開けて風通しを良くしたり、水分補給をこまめにおこうなどして、熱中症対策をするようにしましょう。

その他の台風や災害への対策について知りたい方は「台風対策・防災対策情報のまとめ」を参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク

停電が復旧するまでの時間の平均は?一番長いときはどれくらい?

停電が復旧するまでの時間の平均は?一番長いときはどれくらい?

停電には様々な理由があります。

その停電の理由によって、復旧するまでの時間はさまざまです。

電力会社に原因があるような停電の場合は、数分で復旧することもありますが、台風や地震などの災害でおこった停電の場合は、数日電気が戻らないこともあります。

なので、平均や最長を調べることが出来ませんでした(><)

中には、地震や台風などで集落が丸ごと一つ分断され、そのまま復旧することなく他の地域へ移住するケースもあるからです。

集落そのものが復旧が出来なければ、電気だけを復旧することもできないですよね!

台風で停電したらブレーカーは落とすべき?のまとめ

台風で停電したらブレーカーは落とすべきなの?ということについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか??

台風などの災害は、いくら自分たちで気を付けていても避けられるものではありません。

もしそのような停電にあった場合は、焦らずに対処することが大切です。

また、いざという時のために、普段から備えをしっかりしておくをオススメします。

実際に停電になったら家族がどのように動くのか、避難の際の持ち出し品や避難場所などなど、家族みんなで共有しておくことも必要ですよね。

少しでも参考にして頂けたら幸いです(^^)

その他の台風や災害への対策について知りたい方は「台風対策・防災対策情報のまとめ」を参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント