社内恋愛のきっかけ作りのコツ!相手が違う部署のときはどうする?

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

恋愛はするものではなく落ちるもの、なんてよく言いますが、出会いはどこにあるか分からないものですね。

それがあまり接点のない違う部署の方だったら、どうすればいいか悩んでしませんか?

しかし気になる方がいる以上、出来れば接点を持って仲良くなりたいと思うのが人の心です。

そしていずれかは恋人同士となり、社内恋愛を楽しみたいと思いますよね。

まずは「自分という人間がいて、あなたと仲良くなりたいです」というアピールをする事からスタートしましょう!

スポンサードリンク

社内恋愛でのアプローチ!まずはメールでなんてアリ!?

まずは仲良くなるきっかけ作りですが、最初からメールでアプローチをする方法はオススメできません。

特に、連絡先がわからなくても使える社内メールでアプローチをするのは、逆に悪い印象を与えてしまう危険性があります。

「まずはメールで」はNG!その理由とは?

なぜ社内メールでアプローチするのが良くないのかというと、社内メールは仕事に使うメールだからです。

ですので、社内メールでアプローチをかけてしまうと、人によっては「けしからん!」と思うかもしれません。

更に、社内メールはサーバ管理者によって内容チェックが可能です。

定期的にチェックを入れているはずので、メール内容が見られてしまうばかりか、あなたの上司に報告される危険性があるのです。

「まずはメールでアプローチ」ではなく、他の方法でアプローチをするようにしましょう!

アプローチの具体例!まずは自分を知ってもらう事から

では、具体的にどのようにアプローチをしていくべきなのでしょうか。

いくつか具体例をご紹介しますので、自分が試せそうと思えるものから試してみましょう!

社内恋愛のアプローチ①相手が残業している時に声をかける

残業をしている時に、差し入れを渡しつつ声をかけてみましょう。

恥ずかしいくて出来ないという方は差し入れに付箋や手紙をつけて、相手のデスクにそっと置いておくという方法もありますよ。

社内恋愛のアプローチ②顔が広い同僚に協力してもらう

部署関係なく友人が多い同僚がいれば、相手とのキューピッド役を引き受けてもらえる可能性があります。

同僚に頼んで、相手がいる部署との飲み会やレクリエーションを企画してもらうのもいいでしょう。

社内恋愛のアプローチ③給湯室や喫煙室などで声をかける

相手が一人で給湯室や喫煙室へ向かったら、アプローチのチャンスです!

給湯室へ行ったら「コーヒーいれましょうか?」

喫煙室へ行ったら「ごめんなさい。ライター貸していただけますか?」

など、まずは不自然に思われないような話題で話しかけるようにしてみましょうね。


スポンサードリンク

社内恋愛での告白のタイミング!女性からならこうすべし!

さて、アプローチをある程度行って仲良くなったら、告白のチャンスです。

女性から告白することは恥ずかしいこと?

しかし、女性から告白するのは勇気がいると思います。

これだけは言っておきたいのですが、女性から告白するのは恥ずかしい事ではありません。

「男性は狩猟本能があるから、男性から告白させないとダメ」というのは嘘ですので、勇気を出して告白をしましょう!

肝心の告白のタイミングですが、仕事中ではなくプライベートの時間に行いましょう。

具体的なタイミングとしては、

  • 退社して帰路につく時
  • デートの帰り際
  • 飲み会やレクリエーションの帰り
あたりがいいと思います。

女性から告白するとき どんな言葉で告白すればいい?

告白の言葉はストレートに「好きです、付き合ってください」と伝えるのが一番です。

逆に避けたいのは、「察して」という空気を出す事です。

察してほしいというのは女性にありがちなのですが、「察してちゃん」になるのは恋愛だけではなく、人間関係においても好ましくありません。

回りくどい言い方をするのは避け、真っ向勝負といきましょう。

社内恋愛で付き合うまでの道のり!どういう展開がベスト!?

社内恋愛で付き合うまでの道のりはどうしたらいいんだろう?

みんなどんなふうに仲良くなっているんだろうと疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

具体的にこんなふうに付き合ったよという話を見ているとなんとなくいい展開が決まっているように感じます。

参考になるといいのですが、紹介します。

ズバリ仕事以外の関わりを作ることです。

飲み会や社員旅行など、職場の延長線だけど職場じゃない時に話しかけて仲良くなるきっかけを作ったという方が多かったです。

また、同僚などに協力してもらって複数人で遊びに行くというのも手。

ただ今は飲み会や社員旅行も少ないですよね。

その場合は残業がきっかけという人も。

お互い同じように残業していてその時に声をかけたり終わってから食事に誘ったりして距離を縮めます。

仕事のつながりしかない!という場合も、問題ありません。

関わりがあるので、飲み物を買いに行く時に「一緒に行きませんか?」「何か買ってきましょうか?」など声をかけてみるのもオススメ。

同じ部署で帰るタイミングが被るなら「食べて帰りませんか」と食事に誘うのもいいですよ。

話すタイミングを見つけたら共通の話題を探してみましょう。

もし共通の話題があればラッキー!

よりフランクな仲になれます。

そして一番大事なのが、時間をかけすぎず思い切り良く告白すること。

社内で顔を合わせるので、友達だけど付き合ってないという関係をだらだら続けていると「なんでだっけ?」疑問を持たれてしまうかも知れません。

なので、勇気を出して実は…と告白してしまいましょう。

恋愛の道のりは一人ひとり違いますが、少しでも参考になれば幸いです。

社内恋愛のきっかけ作り 違う部署の場合のまとめ

気になる他部署の方にアプローチをする場合は、きっかけ作りにメールを使用するのは避けましょう。

  • 相手が残業している時に声をかける
  • 顔が広い同僚に協力してもらう
  • 給湯室や喫煙室などで声をかける
このような方法を検討して、まずは自分の事を知ってもらえるように努力しましょう。

また、告白は女性からするのはおかしくないです!

仕事の時間ではなく、プライベートの時間に告白しましょうね。

告白は、ストレートに好意を伝えるのが一番です。

回りくどい言い方や察してもらうという方法は避け、きちんと自分の想いをぶつけてくださいね。

スポンサードリンク

コメント