社内恋愛禁止の職場での片思い!自然に距離を縮めるにはどうすればいい?

「社内恋愛禁止」と、就業規則に盛り込んでいる会社があります。
とは言っても、社会人になるとなかなか職場外の人との出会いの場が少なくなります。
なので、一緒に働いている人を見ると、その中でいい人も出てくることでしょう。

実は、私も社内恋愛で結婚をしました。
私の職場は社内恋愛OKの雰囲気だったので自由に恋愛できたのですが、就業規則にまで「社内恋愛禁止」と盛り込まれているとどう行動していいかわからないですよね。
でも、

  • どうにかあの人とお近づきになりたい!
  • 就業規則を違反してでも恋愛をしたい
と思っているあなたに、社内恋愛経験者からアドバイスさせていただきます。

スポンサードリンク

1.社内恋愛が禁止って気にしなきゃダメ?片思いのままいるしかないの?

社内恋愛禁止には、大きく
  • 就業規則に社内恋愛禁止であることが書いてある場合
  • 職場の雰囲気的になんとなく職場恋愛してはいけない感じ
の2パターンがあります。

(1)社内恋愛禁止が修行規則に書いてある場合

社内恋愛禁止が修行規則に書いてある場合は、何もあなたをいじめているわけではありません。
会社なりに、会社を守るために必要なことなので、就業規則に含まれているんです。
たとえば上司と部下の関係で社内恋愛していると

  • 人事考課で不当な評価をつける恐れが出てきたり
  • 会社の極秘情報などが、社内で広まってしまうかもしれない
というリスクもあります。
また、別れた後にセクハラやパワハラなどの問題が発生する可能性もゼロではありません。
会社はそのようなリスクを防ぐために、就業規則で社内恋愛禁止としているところがあります。

とはいっても、好きになってしまったものは正直仕方ありません。
就業規則で禁止されているからと言って、恋愛できないのはとても辛いです。
社内恋愛が禁止になっている職場であれば、あなたの気持ちを消す必要はありませんが、「あの人が好きだ」と言うことを広めてしまうのはよくないでしょう。
本当に信頼のおける同僚に、相談に乗ってもらうか、それも心配であれば社外と友人に相談に乗ったもらった方がベターですね。

就業規則にしばられて何も行動せずに、片思いのままいるのはもったいないです。
あなたの気持ちが確かであれば、憧れのあの人と距離を縮める努力をひそかに実行に移していきましょう。


スポンサードリンク

2.社内恋愛での片思い!周りに気付かれない自然な距離の縮め方

社内で男女がコソコソしていたり、必要以上に距離が近いとすぐに怪しまれます。
片思い中の人は、すぐに目で相手を追ってしまいがちです。
社内恋愛禁止の職場であれば、まわりにばれないように距離を縮めなければなりません。
これからご紹介する方法で、片思い中のあの人と距離を縮めるための行動を実践してみてくださいね。

(1)挨拶をする

とても当たり前のことですが、挨拶は好き嫌いにかかわらず誰にでもすることです。
その挨拶を有効利用しましょう。
「相手の目を見て、とびきりの笑顔で挨拶する」
これは好きな人にだけすればいいわけではありません。
職場の人全員に、笑顔での挨拶を心がけましょう。

朝からモチベーションが高く笑顔の人は、職場にそう数は多くないと思います。
なので、頑張ってあなたが朝の時間の盛り上げ役になりましょう。
何も面白いことをする必要もありませんし
大きな声を出して、はりきりすぎる必要もありません。

でも明日から、ちょっと笑顔を意識してください。
そうすることで、好きな人や好きな人以外からも「あの子は元気な子だな、明るくていい子だな」と印象がよくなるはずです。
これを好きな人だけに向けて意識してしまうと怪しまれるので、職場の人みんな同様に気持ちのいい挨拶をするようにしましょう。

(2)仕事を真面目に頑張る

これも当たり前のことではありますが、とっても大事なことです。
片思い中の彼に浮かれて、仕事がおざなりになってはいけません。
しっかり真面目に働いて「できる女」として彼や周囲の人に認めてもらいましょう。

彼の視界にもし入っていなくても、仕事を頑張れば評価が上がり、自然に彼の耳にも仕事ぶりが届くでしょう。
私の場合も、仕事を一生懸命頑張ることで上司の目を引き、そして社内恋愛を成功させることができました。
あなたもぜひ明日から、もうひとギア上げて仕事を頑張ってみると、いいことがあるかもしれませんよ。

3.社内恋愛禁止の職場での片思い!のまとめ

社内恋愛禁止のところは、なかなか周りに相談しづらく、協力を得るのも難しいかもしれません。
でも、その恋をあきらめる必要はありません。
当たり前のことですが、挨拶をしっかりして仕事を真面目に頑張っていれば、彼にあなたを見つけてもらえます。
あなたの恋の健闘を祈っています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント