旦那という呼び方は実は下品!?人前では何と呼べばいいの?

この記事は約5分で読めます。

皆さんは、自分のパートナーのことをなんと呼んでいますか?

「旦那」
「主人」
「パパ」
「夫」

などなど、色々な呼び方がありますよね。

色々な呼び方の中でも「旦那」は、人前で使っては相手に嫌な印象をあたえてしまう場合があるのはご存じでしょうか?

普段の日常生活ではもちろん、目上の方やビジネスの場面ではさらに気を付けたいものですよね。

そこで今回は、そんな「パートナーの呼び方」について、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

旦那という呼び方って実は間違い?だったら何と呼べばいいの?

パートナーのことを呼ぶ言葉として、一番よく聞く言葉が「旦那」という言葉ですよね。

私もなにも考えずに、人前では「旦那」と言っていました。

旦那という呼び方は間違い?

まずはこの1番良く聞く「旦那」について。

何気なく私も含めて皆さん使っている「旦那」ですが、辞書でその意味を調べてみると、

妻が夫をいう語。現代では、主に他人に対して自分の夫をいう。また、他人の夫をいう語(旦那様の形は極めて敬意の高い言い方。旦那単独では敬意を伴わず、むしろぞんざいな言い方)

との記載が!

また、

家人・奉公人などが主人を敬っていう語。
女性と特別の関係をもち、生活の面倒をみている男。パトロン。

と、なんだか穏やかではないような記載が。

いくつかの意味を見てみると、あまり人前でパートナーを呼ぶには適さない呼び方感じがしますよね(><)

「旦那」とは、サンスクリット語「ダーナ」の音写で元仏教語なのです。

「ダーナ」とは、与える・贈るなどの意味があり、“檀那”とも書きます。

昔は主に僧侶が用いる言葉でしたが、徐々に一般の人々にも広がり、お金を与えてくれる人、つまりパトロンの意味で用いられるようになりました。

今ではそんなイメージはほぼ無い言葉となりましたが、元の意味を考えるとなんだか使い方を考えてしまいますよね(;^_^A

中にはそんな理由からマイナスイメージを持っている方もいるかもしれませんので、人前で使う際には意識してみてはいかがでしょうか?

旦那以外の呼び方は?

では、「旦那」以外の呼び方はどうなのでしょうか?

旦那の次によく聞くフレーズが「主人」ですよね。

私も、お友達以外の人の前ではこの「主人」を使っていました。

「主人」という言葉には元々、「自分の仕える人・雇い主」という意味があり、主従関係をしめす言葉です。

なので、最近の男女平等の社会の風潮では、この「主人」という言葉をつかうことに抵抗があるという方も多いかもしれません。

しかしその一方で、自分の配偶者を紹介するうえで、世間では一番丁寧でかしこまった言葉として認識されていますよね。

夫婦間で使う場合には、夫を立てるような意味もあるため、年配の方や目上の方と話す場合には、この「主人」が良いでしょう。

「夫」という言葉は、婚姻届けなどの書類上で続柄をあらわす言葉として使用されています。

配偶者との関係をあらわす記号のような役割も持った言葉です。

この言葉のポイントは、上下関係のない平等な関係をあらわしているという点です。

夫婦の関係は本来平等なものであり、そこには上下関係や主従関係はありませんよね。

この「夫」という言葉は、妻の反対になる言葉としてあるものなので、対等な夫婦関係をしめしている言葉になりますね。


スポンサードリンク

旦那の呼び方!第三者が呼ぶならなんと呼べばいい?

自分の配偶者であれば、旦那・主人・夫などなど、場面にあった呼び方をすれば良いということがわかりましたが、他人のパートナーの場合は、どう呼べば良いのでしょうか?

意味だけ考えれば「夫」という言葉が平等で一番良い気がします。

ただ、他人のパートナーのことを呼ぶときに「お宅の夫」や「夫様」とは言えませんよね。笑

日本語として意味はわかりますが、やはり日常会話としてはしっくりきません。

やはり、お相手のパートナーへの敬意をこめて、

  • お宅のご主人
  • そちらの旦那様(旦那さん)
という言い方が一番適切といえるでしょう。

「旦那や主人には、何だか上下関係を感じるから使いたくない!」という場合でも、他人のパートナーですので、お相手を敬った丁寧な言い方をするのが良いのではないでしょうか。

旦那という呼び方は実は下品だった?のまとめ

旦那という呼び方について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

なんにも気にせず使っていた「旦那」という言葉でしたが、まさかそんな意味があるとは驚きでした。

さらに、「旦那さん」という言葉。

私もたまに使っていましたが、身内にサンをつけて他人に話をすることは、さらにおかしいということがわかりました(><)

今後は、お友達などの親しい人の前では「夫」。

目上の方や年配の方の前では「主人」という言葉を使うように意識してみたいと思います。

もうすっかり染みついた「旦那」という言葉、抜けるには時間がかかりそうです(;^_^A

皆さんも、明日から意識してみてはいかがでしょうか?(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント