パートに家事に子育てにと、毎日忙しくしている奥様は多いです。
一方、休みの日は自分の趣味に没頭し、家族サービスをしてくれない夫も多いのが現状です。

仕事で疲れていたり、平日は時間がなかったりと、休日に趣味を楽しみたい気持ちはわかります。
しかし、子供の為にも家族サービスをしてほしい!というのが正直なところ本音ですよね。

そこで今回は、世間一般でどのくらい家族サービスが行われているのか、更に家族サービスをしてもらえる為の「おすすめの夫の誘導策」をご紹介させて頂きますね!

スポンサードリンク

1.家族でお出かけする頻度ってどれくらいが一般的?

お子さんがいる家庭は、大体月1回~2回ほど一緒にお出かけしているようです。

ただし旅行となると、年1回~2回に頻度が減るようです。

(1)家族連れはどこへ出掛ける?人気のスポットをご紹介!

★公園にピクニックへ
お弁当を作って、家族揃って近所の公園にピクニックに行く方は多いです。

お子さんがある程度大きい家庭ならば、キャッチボールやサッカーをして遊ぶのもいいですね。

★テーマパークや遊園地
連休を使って、テーマパークや遊園地に遊びに行くのもいいですね。

子供が大きくなると、親とはなかなか行ってくれなくなりますので、子供が小さなうちに一緒に遊びましょう。

★ゲームセンター
「ゲームセンターなんて!」なんて目くじらを立てず、聞いてください。
ゲームセンターは子供も大人も楽しめますし、2人で協力して行うゲームも多いです。

子供にお小遣いを渡して、「決められたお小遣いの範囲内で楽しむ」という事を学ぶ機会にもなります。

★大型のアウトレットモール、ショッピングモール
休日のお出かけの定番ですが子供向けのスポットも多く、家族全員で楽しめます。

お昼もそこで済ませれば楽が出来ますし、重い荷物も夫に持ってもらえるので、買い物も気軽に出来ますね。


スポンサードリンク

2.土日には家族でお出かけしたい!夫を導く6つの方法

夫の休日である土日に家族でお出かけしたいと思う奥様向けに、夫をそれとなく誘導する方法をご紹介します。
夫の機嫌を損ねる事なく、その気にさせちゃいましょう!

(1)「子供がパパと遊びに行きたいって言ってたよ」

少し卑怯な方法ではありますか、子供をダシに使う方法です。

念の為子供の気持ちを確認してから、この方法を使うようにしましょうね。

(2)「××に○○のお店ができたんだって!」

夫の興味をそそられる店があれば、そこに行こうと誘える口実になります。

漠然と「出かけよう」と言うよりも、具体的なプランがあると夫も出かけようという気になると思います。

(3)「子供が一緒に出かけてくれるのって、今だけだよ!」

夫の危機感をやんわり煽り、出掛けるように仕向ける方法です。

出掛けるそぶりを見せたら、ここぞとばかりにお出かけのプランを練りましょう。

(4)「パパの物を買いに行きたいけど、一緒に来てくれない?」

ショッピングモールやアウトレットモールに行きたい時は、この口実が使えます。

万が一「ママが選んで」と言ってきたら、「パパの物だからパパが選んだ方がいいよ?」と切り返すようにしましょう。

(5)「たまには一緒に出かけない?パパと出掛けると楽しいから、一緒に出掛けたいな」

一緒に出掛けると楽しいと言われると、誰でも嬉しいものですね。

夫の気持ちを上げつつ出掛ける約束も取り付けられるため、効果的な方法だと思います。

(6)「月1回は出掛けるようにしない?」

週末にお出かけルールを作り、それに従って家族サービスをしてもらうことを約束してもらう方法です。

万が一ルールを破ることがあったら、ペナルティを設けるようにしておくといいでしょう。

以上、6つの方法をご紹介させていただきました。

お互いが納得して、楽しく週末を過ごせるようになるといいですね。

3.家族サービスをしない夫!のまとめ

お子さんがいる家庭は、平均大体月1回?2回ほど一緒にお出かけしているようです。
ただし旅行となると、年1回?2回程になります。

夫に家族サービスをしてほしい場合は、夫に「よし、出かけよう!」と思ってもらえるように誘導するのがコツです。

  • 「子供がパパと遊びに行きたいって言ってたよ」
  • 「××に○○のお店ができたんだって!」
  • 「子供が一緒に出かけてくれるのって、今だけだよ!」
  • 「パパの物を買いに行きたいけど、一緒に来てくれない?」
  • たまには一緒に出かけない?パパと出掛けると楽しいから、一緒に出掛けたいな」
  • 「月1回は出掛けるようにしない?」

これらの口実を使い、うまく誘導するようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<生活のお役立ち情報>
生活のお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください