幼稚園の運動会で体操服を可愛くデコ!簡単にできるアイデア集!

幼稚園の運動会は、園児みんなおそろいの体操服で行うことが多いです。
みんな同じ服なので、自分の子どもがどこにいるか見失ってしまうこともよくあります。
そんなとき、体操服をデコレーションしてあると目印になっていいですよね。

子どもも自分好みにデコレーションした体操服だと、運動会が楽しくなるかもしれません。
そこで、そんな「子供の体操服を可愛くデコレーションする」そんなすてきなアイディアをご紹介します!

でも最初に、体操服にデコレーションしてもよいかどうか、園の先生に確認しましょう。
筆者の子どもの通っていた幼稚園では、体操服へのデコは禁止で、付けていいのは名前のゼッケンだけでした。
また、デコレーションしてもよいなら、どの程度までしてよいか聞いておくとよいでしょう。
レースは破れやすいからNG、ワンポイントならOKなど、園によってルールがあるかもしれません。
あらかじめ先生や先輩ママに確認してから始める方が無難です。

体操服にデコレーションしてもOKな場合、作業を始めましょう!
どんなデザインにするかは、子どもと相談しながら決めてもいいと思います。
調べたところ、子どもの好きなキャラクターを使っている方が多かったです。
女の子なら


  • プリンセス
  • ミッフィー

など。男の子は


  • トーマス
  • ウルトラマン

などでした。
また、子どもの名前を大きく付けている方もいましたよ。

次にデコレーションする素材ですが、市販のワッペンで使えるものがあれば、使うと便利です。
もし市販品でなければ、フェルトや布でオリジナルワッペンを作りましょう。
気を付けたいのは、フェルトは1回洗濯すると縮んでしまいます。
もしフェルトを付けるのであれば、運動会当日1日のみのデコと考えて使った方がよいでしょう。

他にも、布用ペンや布用絵具で直接描くこともできます。
方法は、下記のHPに詳しく書いてあります。
■自分でTシャツに絵を描いてみよう!

ただ、1回描いてしまうと消せないのが注意です。
後になって子どもが、「この体操服着たくない!」と言い始める可能性も考えておきましょう。

スポンサードリンク

崩れにくくて可愛い!幼稚園の運動会におすすめの髪形を教えます!

女の子で髪が長い子の場合、帽子をかぶるときの髪形は工夫が必要です。
特に運動会はよく動きます。
運動会での髪形のポイントは、


  • 「帽子が脱げないこと」
  • 「運動の邪魔にならないこと」

この2点が重要になります。
崩れにくくて可愛い髪形をご紹介します。


■後ろ裏編み込み
帽子もかぶりやすく、崩れにくそうですね。

■編み込みツイン
肩くらいの長さの髪の子でもできます。

■くるりんぱ三つ編み
編み込みが苦手な方でもこれなら大丈夫かも?

崩れにくいのは、編み込みや三つ編みですね。
当日初めて挑戦すると、時間がかかるかもしれないので、何回か練習してから本番を迎えるといいと思います。


スポンサードリンク

幼稚園の運動会にぴったり!走りやすくて可愛いスニーカーを紹介!

せっかくの運動会、子どもにはよい靴を用意してあげるのもいいですね。
体操服へのデコレーションが禁止の幼稚園の場合、スニーカーを目立つものにして自分の子を見つけやすくするのも一つの手です。
運動会にぴったりの走りやすくて可愛いスニーカーをご紹介します!


★瞬足シリーズ
瞬足シリーズは、トラック競技のコーナーで転ばず走れるようにとの思いから開発されたそうです。
足の幅が広い子用のサイズもあり、色も豊富です。
女の子用のものもたくさんあります。
■人気の「瞬足シリーズ」を楽天市場で見てみる
■人気の「瞬足シリーズ」をAmazonで見てみる

★NEW BALANCE
軽くてクッション性に優れた構造になっており、子どもが走るのをサポートします。
デザインもおしゃれで、親子でおそろいにもできそうですね。
■人気の「NEW BALANCE」を楽天市場で見てみる
■人気の「NEW BALANCE」をAmazonで見てみる

★IFME
「着地、安定、蹴り出し」の3ステップでしっかりとサポートしてくれて、スムーズに歩けるようにするスニーカーです。
花柄のデザインもあり、可愛い靴が好きな子どもにもピッタリですね。
■人気の「IFME」を楽天市場で見てみる
■人気の「IFME」をAmazonで見てみる

幼稚園の運動会で体操服をデコろう!のまとめ

幼稚園の運動会、大勢の子どもが集まるので、「うちの子どこだろう?」となりがちです。


  • 体操服
  • 髪形
  • スニーカー

を工夫して、しっかり子どもを見つけられるといいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント