雨で靴が濡れない方法!自転車で効果的な対策は?

この記事は約7分で読めます。

朝起きて雨が降ってると、憂鬱な気持ちになっちゃいます。

それは、私が自転車通勤をしてるから。

朝の忙しい時に、雨ガッパを着たりと準備も大変です。

そして、私が何よりも憂鬱になっちゃうのが、足元が濡れちゃって職場に着いた時には、靴下が濡れちゃってることです。

雨がそんなに激しくない時には、足の指先らへんがしっとりするくらいだから、そこまでないんだけど、激しく降った時なんかはもう最悪です。

靴下がぐっしょりで、仕事前からテンションダダ落ちです。

そこで今回は、雨降りの自転車で

  • 靴下が濡れちゃうのは何で?
  • 靴の中までびしょびしょの時はどうすればいい?
  • 自転車通勤で靴や靴下が濡れないようにするには?
っていうことについて、詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク
  

自転車って雨の日に乗ると靴下が濡れて気持ち悪い

でも、ほんっとうに雨の日に靴下までぐっしょりなっちゃうと、気持ち悪いですよね!

それに、靴下をずっと濡れたままにしておくと、足がふやけて痒くなってきちゃうし。

でも、なんで靴をちゃんと履いてるのに靴下って濡れちゃうんでしょう?

特に「つま先が濡れちゃうのって何でよ?」って思ってしまいます。

靴を履いてるのに靴下が濡れちゃう原因
  • 靴の縫い目から雨が染み込んできて、靴下まで濡れちゃう
  • レインコートからしたたってきた雨粒で靴下が濡れちゃう
  • 靴の生地から染みてきて、靴下が濡れちゃう(布とかメッシュじゃなくても革でも染みてきちゃいます)
  • 靴底から雨水が染みてきちゃう(靴続が革だと染みてきちゃうことがあります)
  • 靴底に穴があいてて、そこから雨水が染みてきて、靴下が濡れちゃう

こんな風に、雨の日に靴下が濡れてしまう原因にもいろいろあるんですね。

雨降りの日は靴の中まで濡れちゃう

雨降りの日は、靴下が濡れちゃうから「替えのソックス」を持って行くっていう人も多いと思います。

でも・・・ですね。

当たり前のことなんだけど、靴下って靴の中にはきますよね。

靴の外側にはいたりする人は、まずいないと思います。

なので「靴下が濡れちゃう」ってことは、靴の中も多かれ少なかれ「濡れてしまっている」ってことになるんですね。

靴の中が濡れてしまっているっていうことは、いくら替えの靴下を持って行ってたとしても。

せっかく替えの靴下に履き替えたのに、「その履き替えた靴下も、すぐにしっとり」なんてことになってしまいます。

なので、一日中「じめーっ」っとした気分で仕事をしなきゃいけないハメになってしまうんです。

仕事中はスリッパとか別の靴に履き替えるような人でも、帰宅するときに、また「しっとりした靴」を履いて帰らなきゃいけない。

そう思うと、やっぱり憂鬱になってしまいますもんね。


スポンサードリンク

自転車の雨の日対策 足元が濡れない方法

なので、やっぱり私的には「替えの靴下を持って行く」のは全然解決にもなってなくって。

やっぱり出来ることなら「靴下は濡らさずにすませたい」です。

私は高校生の頃に自転車通学をしていて、やっぱりその頃も学校に着いた時には「靴の中とか靴下はびしょ濡れ」な状態でした。

でも、同じように自転車通学をしていた人の中には、靴下をあまり濡らさずに通学してる人もいたんです。

その人がやっていた「靴下が濡れない方法」っていうのが

「靴の上からレジ袋と思われるビニール袋をかぶせて、自転車に乗ってくる」

っていう衝撃的なものでした。

今考えてみても「かなりの強者(つわもの)」ですね。

はっきり言って、当時の私にはそんなことをする「強靭なこころ」は持ち合わせていませんでした。

そして今も「これっぽっち」もありません。(基本、超ビビりで蚤(のみ)の心臓だったので。笑)

レジ袋を使わずに自転車の足元を雨濡れから防ぐには

私が高校生だった当時「ビニール袋の彼」はそれ以外に方法がなかったから「レジ袋」を使ったのか。

もしくは、本人(もしくは親?)のアイデアでこれいいじゃん!」ってひらめいた結果なのかはわからないけど。

でも、今ではレジ袋とかを使わなくても、ちゃんと「靴下が濡れない用のグッズ」がちゃんと売られているんですね。

しかも、近所のお店になかったりしてもネットで買って自宅にまで届けてくれるんだから、本当に便利な世の中ですよね。

なので「ビニール袋の彼」のような強靭な精神力を持ちあわせていなくっても「足元の雨濡れ対策」をすることができちゃうんです。

そんな中で、おすすめの「レインシューズカバー」を3つ紹介しますね。

★カッコいいレインシューズカバー
このレインシューズカバー、カッコよくないですか?

このシューズカバーなら、ビニール袋みたいに周りの人の目を気にする必要もありませんよね。

しっかり雨水が靴の中に入って靴下が濡れるのを防いでくれるし、靴も泥はねの汚れから守ってくれるので、靴も長持ちしますよ。

超カッコいいレインシューズカバーの詳しい情報を見てみる

★機能性抜群のレインシューズカバー
機能性重視でレインシューズカバーを選ぶなら、ロードバイク用のシューズカバーがおすすめです。

特に梅雨時期には雨の日も多いから、レインシューズカバーを使う頻度も多くなりますよね。

でも、ロードバイク用で機能性も耐久性も抜群なので、安心して使えます。

機能性とコスパ、それにスタイリッシュさも兼ねそろえたレインシューズカバーです。
ロードバイク用のスタイリッシュなレインシューズカバーの詳しい情報はこちらから

使い捨てタイプのレインシューズカバー
そして、この「使い捨てタイプ」のレインシューズカバーです。

まさに「ビニール袋の彼」が使っていたものを商品化した、そんなイメージが漂うレインシューズカバーです。

でも、「ビニール袋の彼」と同じだからと、あなどっちゃダメです。

この使い捨てのレインシューズカバー、実はとっても便利な優れものなんですよね。

何が便利かっていうと「とってもコンパクトに持ち運びができる」っていうところです。

朝から雨が降ってるようなときは、レインシューズカバーを付けて出かけるのでいいんだけど、突然の雨なんかのとき。

そんな時って、普通のレインシューズカバーだと、かさばるから普段から持ち歩いたりなんてしないですもんね。

でも、この使い捨てレインシューズカバーは、とっても小さくて普段からカバンの片隅にしのばせておく!

そうすれば、突然の雨なんかのときにとっても助かりますよ。

くつの上から履くだけの使い捨てくつカバーの詳しい情報を見てみる

私の場合は、

  • 普段使いようのレインシューズカバー
  • 緊急事態用の使い捨てレインシューズカバー
を使い分けて、靴下が濡れるのを防いでいます。

思った以上に効果抜群で、一度使うと手放せなくなりますよ。

靴の中が濡れちゃって次の日までに乾かしたい時

でも、いくら靴下が濡れないように対策をしても、そもそも雨の日って空気中の湿度も高くなってるし。

そういうこともあって、雨降りの日に靴を全然濡らさないようにするっていうのには、かなりムリがありますよね。

そんな濡れた状態の靴を次の日に履こうと思ったら「ん?まだちょっと湿ってる?」ってときってありますよね。

そうは言っても、裸足で出かける訳にもいかないから、その湿った靴を履いて出かけなきゃいけないんですけどねぇ。

そして、靴をぬれたままにしておくと、気になっちゃうのが「臭い」です。

あの生乾きの臭いがして、本当に嫌ですよね。

そんなイヤな靴濡れに、とっても便利なのが「靴用の乾燥器」です。

今ではこんな物まであるんですよね。

私が子供の頃、冬場はストーブの前に雨で濡れた靴を干してたのを思い出しました。

今って本当に探せば何でもありますよね。

靴用乾燥機の詳しい情報を見てみる

我が家では、靴が雨で濡れた時だけじゃなくって、子供の靴や上履きを洗ったあとにも乾かすにの大活躍しています。

自転車通勤での雨の日に靴下がずぶ濡れ!のまとめ

自転車通勤で雨の日に、靴の中とか靴下が濡れちゃってする不快な思い。

それも、今ではちょっとしたグッズを使う事で、それまでに比べてとっても快適に過ごすことができちゃいます。

有効に活用して、「靴下がびしょ濡れ」なんて不快な思いをする日常から解き放たれちゃいましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント