引っ越し手続きの順番で最も効率のいいおすすめの流れは?チェックリストも!

スポンサードリンク

就職や転職、転勤、マイホーム購入、家族が増えたなどなど…

様々なタイミングでやってくるのが引越しです!

引越しって思ったよりとても大変ではないでしょうか?

荷物をまとめるのももちろん大変ですが、共働き世帯だとさらに大変なのが役場関連の手続きです。

転出・転入や住所の変更、転校の手続き、さらには子供医療証の手続きなどやることは山積みですよね。

まずは大まかに流れを把握しましょう!

新居が決まったら、引越し日を決めます。

マンションの場合は引き渡しの日が決まっていたり、賃貸もいつから入居可能かなど都合がありますので、しっかり確認しましょう。

引越し日がきまったら、引越し業者も決めます。

その後、賃貸に住んでいるのであれば管理会社などに退去の連絡をしましょう。

大抵1ヶ月前に言うことになっているので、忘れないようにしましょう。

幼稚園や保育園の転園の手続きや、小中高の転校手続きをします。

幼稚園保育園は市役所などに保育園課などがありますので、早めに引越しの手続きの方法を確認しましょう。

引越しが近づいてきたら、転出届や水道やガスなどの手続きをします。

ここが一番面倒なのですが…

スポンサードリンク

引っ越し手続きのチェックリスト!何をいつまでにするのか知っておこう

具体的にいつまでに何をするのかを具体的にみていきます!

引っ越し手続きのチェックリスト①1ヶ月以上前にしておくこと

  • 幼稚園・保育園の転園手続き
  • 小中高の転校手続き
  • 現在の住居の退去申告、駐車場の解約
幼稚園や保育園などの手続きは自治体によって細かい内容が違うこともあります。

なので、引越しが決まった段階で手続きについて確認にいきましょう。

また、小中高も私立なのか公立なのかによって対応は様々です。

可能なら、引越しを検討している時点でいつどのような手続きが必要なのかしっかり確認しておくといいですね。

保育園は待機児童の問題も?!転園手続きは余裕を持って確認を

保育園などは待機児童の問題もあります。

新居の着工や契約をしたタイミングなどで一度市役所などに転園先など確認するのがいいです。

年度途中の入園でも4月入園の応募と一緒に出すように言われることがほとんどです。

そうなると1年以上前から動き出すことになることもありますので、余裕を持って確認しましょう。

引っ越し手続きのチェックリスト②引越しまで1週間以内にすること

  • 転出届
  • 国民健康保険の手続き
  • 印鑑登録の廃止手続き
  • 福祉関係
  • 電気・ガス・水道の停止連絡
  • 郵便物の転送
転出届は市町村が変わる引越しの場合に必要になります。

引越しの1週間前から取得可能ですので、早めに済ませておきましょう。

合わせて、国民健康保険や印鑑登録の廃止手続きなどを行います。

水道などは市で管理していることもあるので、転出届と一緒に手続きすることもあります。

引っ越し手続きのチェックリスト③引越し後14日以内にすること

  • 転入届
  • 電気・ガス・水道の開通
  • マイナンバーの住所変更
  • 国民健康保険の加入手続き
  • 児童手当の手続き
  • 福祉関連の手続き
  • 転校の手続き
  • 免許証の手続き
転入届を出した後、身分証の住所変更などが続きます。

特に忘れがちなのが児童手当!

子育て関連の担当部署へ行きしっかり手続きを済ませましょう!


スポンサードリンク

引っ越し手続きで市役所でやることは?持ち物で必要なものは?

市役所で一番最初にやることは転出届です。

引っ越しの手続きに必要なもの①転出届

転出届には

  • 身分証明書
  • 印鑑
があればOKです。

マイナンバーカードを作っていればマイナンバーカードも必要です。

先ほどリストアップしたことを覚えておかなくても市役所の人が次々と進めてくれます。

転出届を提出した後、次は国民健康保険、次はと案内されます。

案内にしたがって手続きを済ませていきましょう。

児童手当の手続きもします。

転入の際に使うので、所得課税証明書も発行してもらっておいてください。

引っ越しの手続きに必要なもの②転入届

次に、転入届を出す場合に必要なものは

  • 転出証明
  • 身分証明書
  • 印鑑
です。

マイナンバーカードは住所を変更してもらう必要があるので、必ず持っていきましょう。

転出と違って転出証明を持っていく必要があることを忘れないようにしてくださいね!

引っ越しの手続きに必要なもの③福祉関係の手続き

転入届の際に一緒に福祉関連の手続きをする場合は、

  • 子供の健康保険証
  • マイナンバーカード
も忘れないようにしましょう。

子供医療証の発効に必要になります。

引っ越しの手続きに必要なもの④児童手当

また忘れないで済ませたいのが児童手当です。

転出の際もらった

  • 児童手当受給自由消滅届
  • 所得課税証明書
を提出し手続きを済ませましょう。

児童手当は手続きが遅れると過去にさかのぼって給付されないので、もらいそびれが起こることもあります。

しっかりもらいましょう!

引っ越しの手続きに必要なもの⑤免許証

市役所の手続きが済んだら次におすすめなのが免許証です。

顔写真付きの身分証明書を用意することで、そのほかの住所変更手続きが楽になります!

スポンサードリンク

引っ越し手続きの順番のまとめ

新居はとても楽しみが多いですが、そこまでの引っ越しは本当に大変ですよね!

この書類忘れた!などがあると市役所行き直しです。

共働きですと休みの関係もあって余裕がないので、できれば1回でなんでも済ませてしまいたいですよね!

いつ何をするのか、真っ白なカレンダーにメモするのもおすすめです。

また、市役所でもらった書類が引っ越しで行方不明にならないようにしっかり保管するように気をつけましょう!

私も最近引っ越しをしたのですが、盲点だったのが転送手続きです。

郵便の転送手続きが遅くなってしまい、引っ越してから数日後から転送開始になってしまいました。

早いうちから出せますので、ぜひ早めに手続きしてくださいね!

なかなかスムーズにいくものでもありませんが、できるだけスムーズに済むように前もって準備しておきましょう。