父の日や、お父さんの誕生日。お父さんに贈り物をする時に『今年は何にしようかなぁ』って毎度のごとく悩んじゃいます。ハンカチやネクタイ、財布とかベルトや帽子なんかの小物とか、お酒やおつまみ系の食べ物。


でも、どれも毎回迷う割には、なんだか『コレ!』って言うものがなくって。そんなお父さんへのプレゼント、最近は『和の物』にこだわって選んでみてます。

この記事でお伝えしたいこと
  • お父さんへの贈り物は和風がいい
  • 作務衣(さむえ)って知ってる?
  • 普段使いの和の小物もいい感じ

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

お父さんへのプレゼントは和風がいい

毎年やってくる、父の日とか誕生日のお父さんへのプレゼント。

『去年はネクタイだったから今年は・・・何にしよう?』って、毎度の事ながら、同じように悩んじゃいますよね。私も実際、毎年のように『今回は何がいいかなぁ』って悩んで、結局一番無難な『お酒』になっちゃうことがずっと続いちゃってました。

そんな私も結婚して、父の日や誕生日に贈り物をする相手が『自分の父親』の他に『義理のお父さん』にも。1年の間にプレゼントを選ぶ回数が、倍になっちゃったんです。

どうせ贈るならちょっと変わったものを

毎回プレゼント選びの時には思う事なんだけど、『どうせ贈るんだったら、なんかちょっと変わったものがいいなぁ』って思っちゃいますよね。

別に変った物って言っても、変なものとか、驚かせるようなものって意味じゃなくって、『ありきたりの物』じゃないって意味で。

そんな時、毎週子供達と一緒にテレビで見てる『サザエさん』の波平さんの姿を見て『あっ、コレいいかも』ってふと思ったんです。すぐにネットで調べてみたら、『これもいい!あっ、こんなのもいいかも』って、どんどん魅力的なものが見つかったんですね。

その時に波平さんをみて『あっ』って思ったのが、お父さんが着てる『和服(ゆかた?)』なんです。

そんな感じの服をネットで検索してるうちに、服以外にも和風の良さげなものがたくさんあるんですよね~。

そして、その年は結局『波平さんチックな和服(ゆかた)』をプレゼントしました。

いつも贈ってたお酒よりちょっと高くついちゃったけど、思った以上に喜んでもらえたから良かったです*^^*

日本人は和服が似合う

それまでは、お父さんは和的なものを着るようなタイプじゃなかったんだけど、波平さんチックな服をプレゼントしてから、それが気に入ったらしくってしょっちゅう着てるみたいです。実際、意外なくらい似合ってたので、やっぱり日本人って和服が似合うんだなぁって、なんだか自分も欲しくなっちゃいました^^;

作務衣を贈って快適な夏をプレゼント

作務衣(さむえ)って聞いたことあります?こんな感じの服です。

良く、日本工芸とかの職人さんとかが着てる服なので、見たことはあるんじゃないでしょうか?

作務衣ってどんな服?
そもそも作務衣(さむえ)は、禅寺で僧侶が作業着として着ていた服なんです。

藍染め(あいぞめ)の木綿なんかで作られていて、上着は筒袖(つつそで)になっていて、打ち合わせ(※)を紐で結ぶようになっています。下は裾(すそ)を絞ったズボンです。

※打ち合わせとは、衣服の開きが重なる分部のことを指します

去年の義理のお父さんへの父の日のプレゼントは、この作務衣を贈りました。もともと夏でも快適に過ごせる作務衣だけど、汗を吸い取りやくす速乾性のある生地を使って、汗をかいてもサラッと切れちゃう作務衣があったので、これをプレゼントしました。

義父いわく『とっても着心地が良くって涼しくって動きやすいから、すっごく良い』とのこと。今度は私のお父さんにもプレゼントしようって思ってます。


スポンサードリンク

和の小物で粋なプレゼント

和の物は、別に服だけじゃありません。いろんな小物もとっても素敵なものがたくさんあります。

下駄(げた)

日本が世界に誇る履物『下駄』の特徴は、普通の靴と違って足の隅々にぴったりくっつかず、風通りがいいところです。蒸し暑い夏でも、足が蒸れたりしないから、とっても快適に過ごせます。

それ以外にも下駄にはいいことがたくさんあります。

下駄をはくとこんなにいいことが
  • バランス感覚が良くなる
    ⇒鼻緒を足の指にはさんで履くことで、足の重心が親指の付け根にきます。そうすることで、着地の衝撃を和らげるような歩き方になって、知らず知らずのうちにバランス感覚が養われていきます。
  • 鼻緒を足の指で挟んで歩くので、歩くだけで指の運動になります。
  • 足にぴったりくっつかないことで、足裏が適度に刺激されて、脳の刺激になって脳が活性化する。
  • 歩く時に足の裏の筋肉を使って歩くようになるので、土踏まずの形成を促進してくれる
  • 変な締め付けが全くないので、外反母趾の矯正に効果が期待できる

と、下駄にはいいところがたくさん。

年を取ってくると足腰が弱ってくるので、転倒して骨折しちゃったりする危険性があるけど、普段から下駄を履いて、バランス感覚を鍛えておけば、ちょっとしたことでは転びにくくなったり、足裏の筋肉を使って脳を活性化することで、認知症の予防効果も期待できちゃうので、大切なお父さんへの贈り物にはぴったりですよね。

それに、こんなカッコいい下駄を贈ったら、喜んでもらえないはずがないですもんね。

バンダナ

帽子をかぶってるお父さんも多いでしょうけど、バンダナをしてる方は少ないんじゃないでしょうか?まぁ、義理のお父さんは普段から100均で買ったバンダナでオシャレに決めてたりするんだけど^^;

そんなバンダナも、和風のオシャレなものがあるんです。これなら、普段の帽子の代わりにしてみても全然違和感がなく、とってもオシャレですよね。

クッション

何でクッション?って思いましたよね?お仕事で頑張ってるお父さんのお尻を優しく守ってあげたり、お家でくつろぐ時に、そっとお尻をいたわってあげる為。でもあるんだけど、実はブランケットにもなっちゃうくっそクッションがあるんです。

これは、先の『東日本大震災』での経験を踏まえて開発されたクッションなんです。

このクッションの災害時での使い道
  • 普段はお尻をいたわるクッションとして
  • いざと言う時は、防寒の為のブランケットとして

使えちゃうクッションなんです。

渋谷区の防災センターでも『防災グッズ』として紹介されてるものなので、品質も確かです。普段のお尻だけじゃなく、災害時にもお父さんを守ってくれる、そんなプレゼントも素敵ですよね。もちろん、柄は和柄です^^b

さいごに

私がここ数年、お父さんへのプレゼントに使ってる作務衣(さむえ)や『和』に拘ったグッズ。これは、『作務衣の専門店』の『伝統芸術を着る会』っていう通販で買ってるんです。他にも探せばいろんなお店があるけど、私はここのデザインと品質が気に入って、ずっとここを使ってます。

『見ているだけでワクワクするけど、なんだか落ち着く』そんな和の物が見つかりますよ。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す