新築祝いには贈ってはいけないものがある?何なら間違いなし?

この記事は約8分で読めます。

人生で一番大きい買い物と言われる「家」。

親戚や仲の良い友人が家を購入したら新築祝いを渡すことがあると思います。

何をあげようかと迷うと思いますが、新築祝いには贈って良いものと良くない(縁起が悪い)ものがあるのです。

そんな「新築祝いに贈ってはいけないもの」の中には、ついつい贈ってしまいがちなものもあるので、注意が必要なんです。

スポンサードリンク

新築祝いに贈ってはいけないものには何がある?

では実際に、「新築祝いに贈ってはいけない「と言われているものには、どんなものがあるのでしょうか?

新築祝いに贈ってはいけないもの★①壁に穴を開けないといけないもの

新居はまっさらなので、誰だって壁に穴は開けたくありませんよね。

なので、「壁掛け時計」「絵画」などはやめましょう。

同じ時計でも、壁掛け時計にも置き時計にもなるようなものであればOKです。

新築祝いに贈ってはいけないもの★②“火”を連想させるもの

おうちにとって避けたいものの一つに“火事”があります。

火を連想させるような

「コンロ」
「ストーブ」
「トースター」
「灰皿」
「ライター」
「お香」
「キャンドル」

などのプレゼントは避けましょう。

新築祝いに贈ってはいけないもの★③赤いもの

赤はお祝いの色なので、普通は縁起が良い色とされています。

しかし、同時に“火”を連想させてしまいます。

そのため、赤い色のものも避けた方が無難だそうです。

新築祝いに贈ってはいけないもの★④場所をとるもの

鉢植えの観葉植物や、家具などの場所をとるものも不向きです。

ご本人の希望であれば構いませんが、そうでない場合は避けましょう。

新居では、家具の配置や物の置き場所をきちんと決めているはずです。

そこに、場所を取るものをサプライズでプレゼントしてしまうと。。。

物がかぶってしまうこともあるでしょうし、そもそも置き場所がないということにもなります。

新築祝いに実用的で喜ばれるものランキング!最も間違いないものは?

新築祝いとして実用的で喜ばれるものは、

  • 日常で使える消耗品
  • 食べ物
  • 飲み物
でしょう。

何を贈って良いか迷った場合は、こういったものを選べば間違いありません。

では、喜ばれる新築祝いのランキングをご紹介します。

新築祝いに喜ばれるもの★【第1位】カタログギフト

カタログギフトは、

「好み」
「新しく建てた家の雰囲気」

に合わせて、お相手が好きなものを選べるのがいいですね。

価格帯もいろいろあるので、贈る側としても選びやすいので助かります。

■「新築祝いに大人気のカタログギフト」を見てみる

新築祝いに喜ばれるもの★【第2位】商品券、現金

商品券や現金は何にでも化けます。

「ちょっと味気ないかな?」と思うかもしれませんが、これも良いと思います。

贈る相手によって相場がありますので、適した金額を贈りましょう。

新築祝いに喜ばれるもの★【第3位】スイーツ

甘いものがお好きなお相手には、スイーツも良いでしょう。

子供がいるおうちであれば、子供でも食べやすいものを選べば、家族みなさんに喜んでもらえると思いますよ。

新築祝いに喜ばれるもの★【第4位】生活雑貨

生活雑貨にもいろいろありますが、私の一押しは「時計」です(後述します)。

置き時計タイプ、もしくは掛け時計にも置き時計にもなるタイプがオススメです。

時計は各部屋にあれば便利ですし、トイレ・洗面所・台所・玄関など置く場所はたくさんあります。

もしもリビングなどの主要なところで使ってもらえなくても、別の場所で使うことは充分可能です。

私だけかもしれませんが、家を建てるときは新築のあれこれで頭がいっぱいになってしまうんです。

でも、いざ住み始めると「あれ?時計がない」ということもあります。

まだ本格的に使っていない子ども部屋などは「時計を買う」という発想すらありませんでした。

時計は買えば高いものですし、電波時計などであればとても喜ばれると思います。

サイズはリビング以外でも使えるように、大きすぎないものが良いかなと思います。

新築祝いに喜ばれるもの★【第5位】消耗品

必ず使うであろう

「洗濯洗剤」
「食器洗い洗剤」

などの消耗品もオススメです。

「無添加のものにこだわっている」、などのお相手に好みがあるかもしれません。

なので、普段は買わなさそうな、少し高級なものを選ぶのがおすすめですよ。

新築祝いに喜ばれるもの★【第6位】キッチン家電

この「キッチン家電」を新築祝いに贈るのであれば、お相手の希望を聞いてからにしましょう。

「新築祝いでキッチン家電、何がいい?」と聞いたときに明確に「○○というメーカーの○○が良い」と言われれば、それを贈ると100%ありがたがられます。

新築する時期はお金は出ていく一方なので、希望したキッチン家電をいただけるなんて嬉しすぎますよね。

大型のキッチン家電ではなく、「ミキサー」「ハンドブレンダー」などもおすすめです。

新築祝いに喜ばれるもの★【第7位】キッチングッズ

「まな板」
「包丁」
「食器」
「ふきん」

などのキッチングッズですね。

包丁は結婚祝いのタブーですが、相手が「包丁が良い!」と希望された場合は、新築祝いですし贈っても差し支えないと思います。

新築祝いに喜ばれるもの★【第8位】お花

食べものの好みがわからないということであれば、お花でも良いと思います。

私のオススメはアレンジメントのお花です。

お花があれば気分も良くなります。

花束でも豪華で見栄えがしますが、花瓶を出して活ける手間がかかります。

アレンジメントのお花であれば、そのまま置くだけです。

お花が終わったときに処分するのにオアシス(お花を指しているスポンジのようなもの)が少しかさっばってしまいます。

でも、玄関でも食卓でも置けるので、とっても良いと思いますよ。

新築祝いに喜ばれるもの★【第9位】リビンググッズ

新築祝いには、リビングで使うものもおすすめです。

「ランチョンマット」
「クッション」
「ブランケット」
「スリッパ」

などですね。

お相手の好みをよく知っているということであれば、喜んでいただけるかもしれません。

ただ、贈るお相手が上司の方であれば、スリッパなどの履物は「踏みつける」というイメージなので避けた方は無難でしょう。

私が実際にもらって嬉しかった新築祝い

そして、我が家が新築したときにもらったもので、一番実用的で嬉しかったものは「時計」です。

ちょうど、リビングに時計がなく、私や夫の好みを知ってくれている先輩からのプレゼントだったのでとても嬉しかったです

置き時計にも掛け時計にもなるタイプのもので、我が家では置き時計として今でもずっと使っています。

■「新築祝いにぴったり!人気の時計」を見てみる

その次にもらって嬉しかったものは「虫退治グッズ」です。

スプレータイプの殺虫剤や、ゴキブリが寄ってこない置き型のものとかの詰め合わせです。笑

「え?」と思われるかもしれませんが、私は嬉しかったです。

というのも、私は虫がものすごーーーーく苦手で、そのことを良く知っている友だちからのプレゼントがこれだったのです。

もらってすぐ、殺虫剤のスプレー缶は家のいたるところに設置しました。

虫を発見してから買いに行くのでは遅いので、虫を見つける前の“お守り”としてもらいました。

私のおすすめは、部屋を汚しにくいマイナス85℃の凍殺ジェットの殺虫剤です。

意外と高いので、私と同じように「虫嫌いの人」なら、もらえると嬉しい!はず…です。笑


スポンサードリンク

新築祝いの渡し方!直接渡しにいけない場合にはどうすればいい?

新築祝いは、直接渡すのが良いです。

おうちに招かれた場合はそのときに渡すのがベストです。

パーティーなどで他にも招待客の方がいる場合は、その方たちの目に触れないところでこっそり渡すのがマナー。

贈り物のグレードが違ったりした場合にお互いに気まずくなってしまうからです。

時期としては、一般的に入居して半月~2ヶ月後に渡すのが良いそうです。

入居してすぐであれば、家の中は片づいていないでしょうし、引っ越し後の手続きで忙しくされていると予想されるからです。

なので、家の中が片づいて気持ちも落ち着いた頃にお渡しするのが良いでしょう。

今は感染症予防のために、「人に会う」という行為自体がなかなか難しいです。

なので、直接渡せない場合は、郵送でも構いません。

こんな時代ですので、宅配業者の方の負担も軽減するために都合の良い日時を伺って、指定日配送してもらった方が気が利いていいですね。

新築祝いには贈ってはいけないものがある?のまとめ

新築祝いには贈ってはいけないものがある?ということについてみてきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきましょう。

  • 新築祝いには「壁に穴をあけるもの」「火を連想させるもの」「赤いもの」「場所をとるもの」は避けましょう。
  • 新築祝いに喜ばれるものは、日常で使える消耗品が実用的なのでオススメです。
  • お相手の好みを知っているのであれば、時計などの生活雑貨も喜ばれます。
  • 新築祝いは、入居された半月~2カ月後に渡しましょう。
  • 直接渡せない場合は、郵送でも構いません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント