アルバイトとパートの違いは?履歴書の書き方も違うの?

この記事は約5分で読めます。

求人情報などをみていると、アルバイト募集とパート募集の2つがありますよね。

でもこれって、実際のところ何が違うか疑問に思いませんか?

よく、職種や仕事内容によって使い分けられているイメージがありますよね。

あとは、主婦がするものはパートで、学生がするのがアルバイトというイメージもあります。

今は子育てをしているワーママも多く、子供が大きくなったら家計のためにも働きたい!と思ったとき。

アルバイトをした方が良いのか、パートをした方が良いのか悩ましいです。

時給だけじゃなく、そこに社会保険だとか雇用保険などが絡んでくると、結局どちらが良いのか分かりづらいですよね。

そこで今回は、アルバイトとパートの違いを、保険と絡めてお話していきます!

スポンサードリンク

パートとアルバイトの違いで社会保険の適用条件も違うの?

私自身も、出産を機に仕事を辞めているので、子供が大きくなったら働きたいと思っている主婦の1人です。

でも求人を見ていたりすると、アルバイトとパートがそれぞれ別々に募集されていることがあります。

職種などによっても違ったりするので、実は気になって、以前調べてみたことがあります。

実際のところ、この2つは大きな違いはないようです!

募集している職種などによって書き方が違うのは、パート=主婦層、アルバイト=学生層というイメージかもしれないです。

どのような人材がほしいのか…によって、分けている可能性が高いですね。

そのため、主婦がアルバイトに応募しても、何の問題もないと言うことです!

その他のイメージだと、パートは短時間勤務、アルバイトは長時間勤務というイメージもありますね。

どちらにしても、やってみたい求人があれば募集内容を見て、応募しても全く問題はありません。

アルバイトやパートの社会保険の適用条件ってどうなるの?

アルバイトとパートには、大きな違いがないことが分かりましたね!

そうなると、社会保険の適用条件がどうなるのかが気になるところです。

アルバイトでもパートでも、条件を満たすことができれば、問題なく社会保険が適用されます。

その社会保険が適用される条件というのは、「週の労働時間が20時間以上」ということです。

それとあわせて、収入面でも「月8.8万円以上」というのが条件になります。

あとは、学生ではないということや、雇用期間自体が1年以上の見込みがあること。

その他、従業員が501人以上の会社に勤務する。

もしくは、500人以下の会社に勤務する場合でも、社会保険に関して労使合意されていればOKということになります!

これらが満たされていれば、社会保険に加入できますので、安心してくださいね。

アルバイトとパートは履歴書の書き方に違いがある?

先ほどもお伝えをしましたが、アルバイトとパートには違いがありません!

そのため、履歴書の書き方なども同じなので、安心してくださいね。

例えば過去にパートやアルバイトを行っていて、それを履歴書に記入しなければならない場合。

アルバイトかパートか正式にはどう書けば良いの?と思うこともありますよね。

これに関しても、どちらでも全く問題はないので安心してくださいね。

以前勤めていたところで、応募したときにパートと記載があった場合はパートと書けばOKです。

もしアルバイトであった場合は、アルバイトと書いておけば問題ないですよ!


スポンサードリンク

パートとアルバイトの違いで雇用保険の適用条件も違うの?

パートとかアルバイトって、雇用保険の加入対象になるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

パートだろうがアルバイトだろうが、社会保険と同じで、「条件」さえ満たしていれば、ちゃんと雇用保険も加入対象になります!

そしてその「条件」というのは、「31日以上の雇用期間が見込める」ということです。

あとは、週20時間以上働いているかどうかも条件に入ります。

そのため、雇用期間が31日以下の人は対象になりません。

どれだけ長い期間働いていっとしても、週20時間以上という条件を満たさない場合も、対象にはならないということです。

週に何日・何時間働いたら雇用保険の加入対象になるの?

週20時間というと、例えば主婦がパートで週4日ほど働く場合。

1日5~6時間でクリアできるので、だいたいの方は当てはまるような気がしますね!

週2~3日で1日4~5時間しか働かないという場合だと、雇用保険の加入対象にはならないので注意してくださいね。

パートやアルバイトだと、日によって勤務時間が変わることもありますよね!

そのような場合でも、週20時間というところがクリアできていれば問題ないですよ。

パートやアルバイトでも雇用保険が適用されれば、失業したときに失業手当が支給されますよね。

子育てをしているご家庭であれば、これはとても重要ですよね。

もちろん一人暮らしでアルバイトをしているという方でも、同じぐらい重要です。

このあたりの仕組みを理解しておかないと、もしかしたら損をする場合もあります!

これからアルバイトやパートで働きたいと思っている方は、面接のときなどに確認をしておくと安心です。

アルバイトとパートの違いは?のまとめ

アルバイトとパートには、大きな違いがないことが分かりましたね!

募集をかける側も、短時間しっかり働いてくれる人が欲しいのか、逆に長時間働ける人がほしいのか。

そのようなイメージの違いで、使い分けていることが多いかなと思います。

主婦の方であれば、パートでもアルバイトでもどちらでも問題ないですよ。

ただ、子供がいる場合は長時間働くのは難しい人の方が多いので、そのあたりはしっかりと確認してくださいね。

そしてパートでもアルバイトでも、社会保険や雇用保険に関しては、働く前に必ずチェックしましょう!

気になる仕事をみつけたら、保険についても職場に確認しておけると安心ですよ。

スポンサードリンク

コメント