社内恋愛での結婚!退職後に上司へ結婚報告しても大丈夫?

この記事は約4分で読めます。

まずはご結婚、おめでとうございます。
お二人の行く末が、幸せである事をお祈りさせてください。

社内恋愛を無事成就させ、無事結婚まで行った場合、どちらかが退職後に報告しても問題ないと思います。
むしろ退職前に伝えると、引継ぎや業務に滞りが発生する恐れがあるので、退職前に伝える必要は無いです。
社内恋愛をしていた事を誰にも言っていないのであれば、退職前に話す事もないでしょう。

結婚報告は、会社に残ったパートナーに任せましょう。

スポンサードリンク

1.社内恋愛で結婚報告するタイミング 直属の上司には先にするべき?

では、社内恋愛を経て結婚するとなった場合、報告はどのように行うべきなのでしょうか。

まずは、直属の上司に報告するのが正解です。
続いて同じ課や職場の先輩、最後に同僚および部下に報告するという流れで行いましょう。
この流れは大事で、間違えてしまうとあなたや相手の立場や心証を悪くしてしまう恐れがあります。
報告する際はきちんと順番を守るよう、心掛けてくださいね。

(1)結婚の報告には注意が必要! 覚えておきたいポイントとは

結婚を報告する時には、報告の注意点がいくつかあります。
伝える相手別に注意点をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。


★上司に結婚報告するとき
上司には真っ先に結婚報告をするのは勿論ですが、結婚式をあげる予定であれば、披露宴や二次会への参加についても報告する必要があります。
部下が結婚するとなれば、上司は披露宴や二次会に呼ばれる可能性があるからです。
出席をお願いしたいとなれば、「ぜひ披露宴にもご列席頂きたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いします」と一言伝えましょう。

勿論、必ず呼べと言う事ではないです。
招待する予定がないのならば、「披露宴は親族だけで済ませる予定となっておりますので、皆様へは改めてご挨拶出来ればと思います」と伝えるのかマナーですね。

★同僚や部下
上司へ伝え終わったら、同僚や部下にも報告をしましょう。
同僚や部下に対しては、披露宴や二次会へ言及する必要はありません。

ただし、上司を呼ばずに仲の良い同僚や部下を呼ぶのは気をつけるべきポイントです。
上司や周りの職員たちにバレないよう、細心の注意を払う必要があります。


スポンサードリンク

2.社内恋愛で結婚退職後に転職するのは非常識?

社内恋愛で結婚が決まった場合、どちらかが退職するのはよくある事です。
更に退職後に再就職しても、全く問題はありません。
むしろ問題がないどころか、そちらの方が推奨されている風潮があります。
逆に夫婦2人同じ職場で働くのは、非常識だと言われてしまうくらいなのです!

(1)夫婦2人で同じ職場派NG! そのデメリット一覧


★女性関係で揉めやすくなる
仕事をしたら、同性異性関係なく関わる必要がありますよね。
しかし、奥さんが嫉妬深かったり誤解しやすいタイプであれば、「うちの旦那に気安く話しかけないで!」と思ってしまうかもしれません。
また、飲み会の席で旦那さんが同僚の女性と楽しそうに話している姿を見て、心が痛まないとは限りませんよね。

★周りが気を使う
例えば夫婦喧嘩をした翌日、いつも通りパートナーとにこやかに仕事ができると思いますか?
どうしても夫婦喧嘩のことが頭をよぎったり、イラついてしまったりと業務に支障が出てしまうのではないでしょうか。
また、イラついた空気は周囲の人達に漏れています。
その結果周りに気を使わせてしまい、迷惑をかける事に繋がってしまうのです。

★四六時中顔を合わせなくてはいけない
新婚当初ならまだしも、家でも会社でも一緒は辛いものです。
いずれ旦那さんや奥さんの目がない、自由でのびのびした時間が必ず欲しくなります。
お互い違う職場にいる事は、自分だけの時間を持つ事に繋がるのです。

3.社内恋愛で退職後に結婚報告すること!のまとめ

結婚の報告は、直属の上司→部下・同僚と行うのがマナーです。
間違っても真っ先に同僚に伝えたりする事がないよう、気をつけましょう。

また、どちらかが退職後に報告しても全く問題ありません。
どうしても2人揃って報告したいとなれば、上司にお願いして、報告する時間を作ってもらうようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント