絵本作家が向いてる人は?作家の適性があるかチェックできる?

この記事は約5分で読めます。

「子どもの頃に読んだ絵本のことを今でも忘れられない…」

「子育てをしてみて、自分も絵本をつくってみたくなった!」

子どものころ誰もが読んだことのある、絵本。大人になってみて、絵本作家になりたいと思う人もいますよね。

文字でストーリーが進んでいく小説もいいけれど、小さい子でも楽しめる絵本も楽しい。

言葉だけじゃなく、絵を使って子どもたちにお話を届けられるのは、絵本ならでは!

今回は、絵本作家という職業についてまとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

絵本作家になりたいけど絵が描けない場合はどうすればいい?

絵本を作る時、大きく分けて二つの要素が必要です。

一つは「物語(文字)」。

もう一つが「絵」ですね。

絵本作家さんは、「物語」と「絵」の二つを組み合わせて、絵本をつくっています。

でも、人によって得意と苦手があります。

「絵本作家になりたいけど、絵を描くのは苦手…」という人もいるでしょう。

そこで、色々な絵本作家の「やり方」を紹介していきますよ!

絵本を作るやり方①一人でつくる

一つ目のやり方は、自分一人で「物語」と「絵」を作る方法です。

頭の中で、絵本にしたいストーリーや絵が思い浮かんでいて、絵を描くのが得意な人は、一人で作品をつくるのがおすすめです。

自分のイメージした通りの絵本をつくることができますよ!

絵本を作るやり方②二人で役割分担してつくる

二つ目のやり方は、二人で絵本を作る方法です。

「物語」を作る担当と、「絵」を描く担当に分かれて絵本を作ります。

この方法は絵本だけではなく、漫画でもよくありますよね。

  • 「絵本にしたいストーリーがあるけど、絵が上手く描けない…」という人
  • 「絵本の絵を描きたいけど、ストーリーは思いつかない…」という人
が、それぞれの得意を活かせる方法です!

役割分担をすることで、絵を描くことができなくても、絵本作家になることができますよ!

絵本を作るやり方③複数の人で協力してつくる

何人かで一緒に絵を描いたり、話し合いながら物語を作っていったりするのもやり方の一つです。

一人で全ての絵を描こうと思うとなかなか大変ですよね。

何人かで協力することで、一人の負担を減らして絵本を作ることができます。

ただ、絵を描く人によって絵のタッチ・雰囲気が変わってしまうこともあるので注意しましょう。


スポンサードリンク

絵本作家の収入は!?一般的な収入の計算の仕方を紹介

絵本作家になりたいと考える時、やっぱり大切なのが「収入」ですよね。

絵本作家の収入はどれくらいなのでしょうか?一緒に見ていきましょう!

まず、絵本作家がどのように収入を得るのかについて説明していきます。

絵本を出版すると、次の二つの形で収入をもらうことができるんです。

  • ①原稿料
  • ②印税
二つの収入の違いはなんでしょうか?

収入の計算の仕方も含め、解説していきます!

絵本作家の収入①原稿料

「原稿料」とは、絵本を出版する出版社から支払われるお金のことです。

「あなたの原稿を使わせてもらいますよ」と、絵本の使用料金を払ってくれるということですね。

原稿料は、本が出版される際、最初に一度だけ支払われるお金です。

作家の人気度やページ数、出版社の規模などによって料金が変わってきます。

絵本作家の原稿料の計算方法

「単価×ページ数=原稿料」

単価は「1ページ○○円」と決まっていることが多いです。

単価の幅は、数千円~数万円とかなり幅が広いです。

絵本作家の収入②印税

「印税」とは、絵本を販売することによって入ってくる収入のことです。

絵本の著作権は作家にあるので、その使用料ということになります。

印税の計算方法には「実売印税」と「発行印税」の2種類あります。

「実売印税」は実際に売れた部数で計算されて、「発行印税」は出版社がその絵本を発行した部数で計算を行います。

計算には「発行印税」が使われることが多いようです。

でも「実際にどのくらい売れたのか」なんてことを正確に調べるのは大変ですもんね。

では、そんな「発行印税」の計算の方法についてご紹介します!

絵本作家の印税(発行印税)の計算方法

「絵本の値段(本体価格)×発行部数×消費税×印税率」

印税率とは、出版社と作家さんの間で決められる「売り上げの取り分」です。

5~10%の間で決められることが多いです。

原稿料と同じように、作家さんの人気などによって割合が変わってくる部分ですね。

絵本作家の収入は「原稿料」と「印税」の合計

①の「原稿料」と②の「印税」の合計が、絵本作家の収入になります。

絵本の売れ行きによって大きく収入が変わるのが特徴ですね。

駆け出しの絵本作家さんだと、どうしても収入は少なくなりがちで、だいたい月収が13万円程度だと言われています。

絵本作家としての収入だけで生活を成り立たせるのは難しく、大抵の人が兼業をしているようです。

なかなか厳しい世界ではありますが、その分夢もありますよね!

絵本作家が向いてる人は?のまとめ

  • 絵本作家のやり方には1人~複数人と様々なスタイルがある
  • 絵本作家の収入は「原稿料+印税」で、作家自身の人気や本の売れ行きによって大きく収入が変わる
ぜひ、この記事を参考にして、絵本作家の夢へと一歩を踏み出してくださいね!

あなたの描いた絵本が書店に並ぶ日を楽しみにしています。

スポンサードリンク

コメント