メダカが横向きになって死にそうなときにできること!復活することはあるの?

スポンサードリンク

メダカは基本的には強い魚なので、ある程度放っておいても大丈夫。

でも、メダカも生き物なので、病気になったり寿命がきてしまうこともあります。

しかもメダカはとても小さいので、弱っているサインも小さく、見逃してしまいがちです。

メダカが弱っていたり、死にそうになっている時、何とか助けてあげることはできないのでしょうか?

今回は、メダカが弱っていたり、瀕死の状態になっている時の対処法を解説していきます。

スポンサードリンク

メダカが横たわるのは弱っているから?どうすれば復活することができる?

症状によって対策は全然変わってきます。

弱っている状態から復活させるのは、正直、厳しいところではあります。

とは言え、全く策がないというわけではないので、まずは落ち着いて、しっかりと症状を観察してください。

メダカの病気「転覆病」とは?

メダカが横たわって浮いていたり、お腹を上に向けてプカプカと浮いてしまう状態の時は、転覆病の可能性が高いです。

これは観賞魚にはとても多い病気です。

多い病気にもかかわらず、転覆病のメカニズムは未だ解明されていません。

なので明確な治療法もなく、対処療法をするしかありません。

ここからは、考えられる原因と、対策について解説していきます。

メダカが転覆病になる原因①エサの消化不良?!

エサの与えすぎにより起こりがちです。

エサの消化不良により、お腹の中でガスが発生してしまい、そのガスが原因となって浮いてしまいます。

メダカのエサの消化不良への対策

メダカは数日食べなくても全然問題はありません。

ですので、ちょっと絶食しましょう。

まずはお腹の中のエサを消化させてください。

かわいそうだと思ってエサを追加してしまうと、更に悪化させてしまいます。

一週間はエサを与えなくても大丈夫なので、様子を見てください。

メダカが転覆病になる原因②エア食い

メダカは水面に浮いているエサを食べる時や、口をパクパクしながらエサを探す時に空気を吸ってしまいます。

吸った空気を上手く排出できずにお腹に溜まってしまうので、お腹が浮いて転覆病にかかってしまいます。

メダカのエア食いへの対策

水面に浮くタイプのエサだと、空気を一緒に吸ってしまいます。

なので沈むタイプのエサをあげて、水面でエサを食べさせないようにしてください。

メダカが転覆病にならないためには普段からよく観察を

転覆病は一度なってしまうと、再発しやすい病気です。

復活はできても短命になりがちなので、普段と違うところはないかよく観察しましょう。

エサの与えすぎでもなく、エサも普段から水中に沈んだものを食べているようでしたら、水質の悪化も原因の一つと考えられます。

水質の悪化を防ぐためには、水替えが不可欠です。

転覆病以外にも、酸欠や水温が高すぎるなどの理由も考えられます。

水槽の大きさに対して、メダカの数が多すぎたりしていませんか?

直射日光の当たる場所に水槽を置いていませんか?

メダカを少数ずつ分けてあげたり、影に移動して水温を適温までゆっくり冷やしてあげてください。

メダカが転覆病になったあと!元気になるための塩水浴

塩水浴は、魚の力を温存し、自然治癒力を高める効果があります。

塩水浴の治療は、目的によって二つの方法にわかれます。

メダカの塩水浴の方法①0.5%程度の濃度で行う長時間の塩水浴

今回の転覆病に関しては、こちらの治療法。

0.5%程度の長時間の塩水浴は、ゆっくりとメダカの体調回復を促します。

でも、この治療法が効くのも初期段階まで。

対応が遅くなると、塩水浴だけでは病気を治すことは難しいです。

メダカの塩水浴の方法②1%以上の濃度で行う短時間の塩水浴

塩の成分である塩化ナトリウムには殺菌作用があり、塩分に弱い寄生虫や病原菌を弱らせる効果が期待されます。

1%という数字だけを見ると少量な感じもしますが、小さい魚にとっては、なかなか過酷な治療法です。

しかも難易度も高いので、塩水浴ははサポートと考え、メダカの病気治療は魚病薬で行いましょう。

メダカの塩水浴をする際の注意点

  • 塩水浴に使う塩は食塩ではなく、天然塩がオススメです。
  • 塩水浴を行う場合は、水槽に直接塩を入れるのではなく、バケツや予備の水槽に弱っている子だけを入れて行いましょう。


スポンサードリンク

メダカの寿命のサインにはどんなことがある?老化の症状と対策法

メダカが弱ってしまう原因には、もちろん寿命も含まれます。

飼育の環境と個体差にもよりますが、メダカはだいたい2~3年、生きます。

微々たる変化ではありますが、寿命のサインも出ます。

  • エサを食べる量が減る
  • エサを食べる速度が遅くなる。
  • エサを食べなくなる
  • 動きがゆっくりになる
  • メスが卵を産まなくなる
  • 背骨が曲がる
  • ヒレがボロボロになってくる
  • 痩せる
などなど、行動や見た目にも衰えが出てきます。

これに関しては寿命なので、手の施しようのないところではあります。

これまでの日々のお世話によって、寿命を延ばしてあげることはできたかもしれませんが、寿命で弱ってきた段階での延命は難しいのではないでしょうか。

ヘタに塩浴や水替え、薬浴などで急激に環境を変えてしまうと、とどめを刺してしまうかもしれません。

エサの食べ残しは小まめにすくってあげて、水質の悪化にだけは気を付けてあげてください。

あとはいつも通り、お世話をしてあげて、ゆっくり見守ってあげてください。

メダカを長生きさせる方法

飼育の環境次第では、メダカは長生きもできますし、逆に短命になってしまうこともあります。

ここからは、メダカに長生きしてもらう為のポイントを見ていきましょう。

メダカを長生きさせるポイント①水合わせ

水合わせは第一関門です。

メダカを購入した際は、丁寧に水合わせを行いましょう

メダカを長生きさせるポイント②カルキ抜き

水道水には殺菌作用のある塩素(カルキ)が含まれています。

うっかりカルキを抜き忘れてしまうと、メダカは全滅です。

メダカを長生きさせるポイント③適度なエサやり

メダカは胃を持たないので、消化が得意ではありません。

なので、メダカにエサの与えすぎはNGです。

その割には食いしん坊なので、ついついあげすぎてしまうんですよね。

私もエサの与えすぎで病気にさせてしまった経験があります。

くれぐれも、エサの与えすぎには気をつけましょう。

メダカを長生きさせるポイント④掃除・水替え

掃除不足が原因で、水質が悪化してしまいます。

メダカの排泄物や食べ残しが腐敗し、毒素を出してしまいます。

メダカを長生きさせるポイント⑤水温管理

室外で飼っていたり、室内でも直射日光の当たる場所に水槽を置いてあったりすると、急激に水温が上がることもあります。

水温が40℃ともなると、メダカが煮えてしまいます。

気を付けてください。

メダカを長生きさせるポイント⑥産卵の有無

メダカにとっても、出産は命がけ。

産卵の経験があるか無いかも寿命には影響してきます。

産卵の経験のないメダカのほうがもちろん長生き。

メスに限らず、種親の寿命は短いです。

スポンサードリンク

メダカが横向きになって死にそうなときのまとめ

メダカの寿命をいかに延ばせるか。

メダカの異変にいち早く気づけるか。

それは普段からのお世話と観察が大事。

逆に言えば、普段ちゃんとお世話していたら、ちょっとの異変なんてすぐに気づけます。

小まめに掃除したり、観察したりしていれば愛着もかなり湧きます。

せっかく飼ったのならメダカも大事な家族です。

最後まで、大事に育ててあげてくださいね。