バレンタインが近づくと、ウキウキしてチョコレート売り場を物色している私でした。

なにしろ、普段お世話になっているあの人・この人に、ありがとうと感謝の気持ちを伝えられる大事なイベントですから。

でも、気持ちを渡すと、それに応えなければいけないという、律儀な方もいらっしゃるようで、かえって気を遣わしてしまったこともあります。

この記事でお伝えしたいこと

  • お世話になった相手だからこそ負担にならないチョコを
  • お偉いさんからのお返しにびっくり
  • 相手の負担にならないための心遣い

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

私にとっての義理チョコは普段の感謝の気持ち

私の家は自営業だったので、付き合いは広く、男性陣も若い方から高齢者まで様々です。

得意先から下請けの人まで、チョコを渡したい人は沢山いました。

ランク付けするわけではないのですが、若い営業さんにあげるのと違って、得意先の部長クラスでは、やっぱりチョコの種類も『義理で簡単に』とはいかなくなっていました。

ブランド品で、有名な高級チョコを配っていたのですね。

でも、それが通常の感謝の気持ちを伝えるという、意味合いの義理チョコではなくなってしまったのです。

感謝の気持ちなのに相手に気を使わせてしまっていた義理チョコ

お偉いさんへ失礼のないようにと選んで渡していた高級チョコレート。

でも知らず知らずのうちに、バレンタインが営業バレンタインになっていったようで。

役員や部長クラスの方々は、高級チョコに対するお返しはそれなりのものをと考えられたようです。

  • ブランド物の香水
  • ブランドポーチ
  • ネッカチーフ

と、そんなお返しが届いてびっくりしました。

そんなつもりなかったのになーとしばし考え込んでしまいましたよ。

感謝の気持ちのつもりが、逆に相手の負担になってしまったり迷惑になってしまっていたんですね。


スポンサードリンク

義理チョコのお返しのひなあられで気がついた相手への心遣い

高級チョコレートへのお返しに負担を感じていましたが、ほんとの義理チョコらしいチョコを配った人からは、おひなあられのお返しをいただきました。

なんだか気持ちと気持ちが通じ合う、嬉しいプレゼントでしたね。

「いつもありがとね」「いやいや、こちらこそありがとう」そんな雰囲気がして、バレンタインの楽しさを感じるひとときでした。

さりげないもので、いいのですよね。

義理チョコで高級なものを渡してしまうと、もらった側としてはホワイデーでなにか見合ったものを返さねばならないと、お互いに負担になってしまう行事となっていたことに気がつきました。

こういったチョコなら、金額的にも相手も気を使わないし、ちょっと変わっていて体にも良さそうですよね。

さいごに

本命チョコと違って、義理チョコには、感謝の気持ちを伝えるという、大事な役目があります。

貰って嬉しいと思ってもらえるのも、負担にならない程度の金額のチョコに限ります。

「こんなの貰ったけど、何をお返しにしようか」と困られることは、本末転倒です。

付き合いがあるからと、チョコを営業の道具にしてしまうことは、失敗だったと思います。

こちらの気持ちの押し付けにならないように、お返しを考えなくてもすむような心遣いの大切さが大切なんですよね。

あなたの感謝の気持ちを伝えるための義理チョコ選びの参考になれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す