通帳が破れた時はどうすればよい?まさかの事態の対処法はこれ!

大切な預金通帳。
もし何かの拍子で破れてしまった場合、一体どうしたら良いかはご存じですか?

もちろん、大切な通帳を故意に破ることはないと思いますが、

  • 引っ張り出した力加減で破けてしまったり、
  • パンツのポケットにいれておいて、そのままお洗濯してしまったり
  • ちょっと目を離した隙に、小さな子供から破られたり
お金にかかわる大切なものですので、破損したときには速やかに対処したいですよね!

そこで、今回は、そんな通帳の破損時の対応について、詳しくお伝えしていきますね!

スポンサードリンク

通帳が破れた!使える?使えない?ATMで使うと紙詰まりするかも?

そもそも、通帳が破れてしまった場合、そのまま使用できるのでしょうか?

通帳が破れた場合、もう使えない?

なんらかの事情で通帳が破損してしまった場合、そのまま使用を続けるのはやめておいた方が良いと思われます。
まだページが沢山残っている場合は、「もったいないから最後まで使いたいんだけどなぁ・・・」と思うかもしれませんが、各銀行では新しいものに交換することを推奨しています。
お金に関わるものですから、やはり破損した状態で使うのは縁起が悪い気がしちゃいますよね(^^;

破れた通帳はATMで使える?

破損してしまった通帳がATMで使えるかどうかは、ネット上に記載はありませんでした。

しかし、銀行では破損した通帳やATMは交換を推奨していますので、そのままATMでは使用せずに、新しいものにしてからATMを利用することをオススメします。
通帳ではありませんが、紙幣の場合は、破れたものをATMで使用すると紙詰まりをおこす可能性があるそうです。
通帳も同じように「紙」を使用していますので、ATMの中で破けた紙がぐしゃっとなってしまう可能性はありますよね(><)
やはり、お札と同じく破損してしまった通帳はATMでは使用しないようにしましょう。

私ももし使い始めの通帳が破損してしまったら、もったいない根性がでてしまって、そのまま使っちゃうかもしれません(^^;
この記事を書きながら、「もし破れたらすぐに新しいものにと交換しよう!」と心に決めました(^^;


スポンサードリンク

通帳が破れた際の再発行に必要なもの!これさえあればもう安心!

では、通帳が破損したとき、どのように新しいものと交換すれば良いのでしょうか?
通帳を新しくするには、2通りの方法があります。

1つ目は、「通帳繰り越し」として新しくする方法です。
これは新しく再発行するわけではなく、通帳を繰り越して未記帳分だけを記帳する方法になります。
通帳繰り越しするだけなので、手数料はとくにかかりませんし、持ち物も破損した通帳のみで大丈夫です。

そして2つ目は、「再発行」として新しくする方法です。
銀行に破損した通帳を持参しないと、通帳を紛失したと同じ扱いになってしまって「再発行」の手続きとなってしまうんです。
その場合は、通帳の再発行として定められている手数料が必要となってしまいます。
相場的には1000円+消費税くらいのようですね。

そして、再発行扱いとなるときに持参するものは、

  • キャッシュカード
  • 本人確認書類
  • 取引印鑑
  • 通帳再発行手数料
になります。
ほとんどの銀行が、この持ち物で再発行が可能ですが、持参するものや通帳の再発行手数料に関しては、各銀行によって違う場合がありますので、念のため事前の確認をするようにしてくださいね。
また、大手都市銀などは、インターネットや郵送で手続きが可能な場合もあるようですよ。

通帳が破れた時!のまとめ

いかがでしたでしょうか?

もし通帳を破ってしまったら、直接お金に関わる事ではないのに、なんだがショックをうけてしまいますよね(><)
すみやかに新しいものの手続きができるように、すこしでも参考にして頂けたら嬉しいです(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント