花の種やメッセージと一緒に風船を飛ばしたり、イベントのオープニングセレモニーなどで、たくさんの風船が空に浮かんでいく様子を見たことがありませんか?

私も今年の夏に、子供たちと一緒に近くの海辺でのイベントで、みんなが一斉に風船を飛ばす「バルーンリリース」というイベントで、風船を飛ばしてきました。子供たちも大喜びだったのは、言うまでもありません!

でも…。「そうやって空に浮かんでいった風船は、その後どのようになるんだろう?」なんて、考えたことありませんか?

そこで今回は、私と一緒に「風船のその後」を追ってみませんか?

また、風船を空に飛ばすときには「ゴム風船」が使われる理由も。合わせてお伝えしますね。

スポンサードリンク

風船が浮かぶのはどうして?

地上から放たれた風船は、空に向かって浮かんでいきますが、どうして風船が浮かぶのでしょうか?だって、普段私たちが風船に空気を入れても、全然浮かぶことはありませんもんね。

その理由は、「空に浮かんでいく風船の中には、ヘリウムガスが注入されているから」なんですね。

なぜヘリウムガスで風船が浮かぶの?

でも、ヘリウムガスって…なんなんでしょう?

そう!学校で習った「元子番号2・元素記号He」。そのヘリウムのことです。

ヘリウムガスは、空気中の成分である

  • 酸素
  • 窒素
  • 水素

よりも軽い気体なので、そのヘリウムで膨らんでいる風船は、自然と空に浮かんでいきます。

でも、ヘリウムで膨らませた風船は、いったいどこまでとんでいくのでしょうか?「宇宙の果てまで…」なんて、夢のようなことが起きるのでしょうか?

上空での風船はどのようになるの?

地上から旅に出た風船!上空ではどのようになるかといいますと…。

上空で風船は気圧の変化によって割れてしまう

それは、まず上空では地上よりも大気圧が下がるため、地上の風船よりも大きく膨らみます。

大気圧が下がると、風船を外から押していた力が弱くなってくるので、風船の中の気体が膨張して大きくなるのです。袋入りのスナック菓子が、気圧の低い山の上ではパンパンに膨らむことと同じ原理ですね。

風船がさらに膨らむと、ゴムが薄くなり割れてしまうのです。

低温も風船の敵

ゴム風船の敵(?)は、大気圧だけではないのです。

実は、気温もゴム風船の伸縮に関係があって、ゴムの「びよーん」とのびる性質は、マイナス30~マイナス50度くらいで、なくなってしまうんです。

そして、上空8kmの気温は「マイナス30度くらい」と言われているので、そのくらいの上空まで飛んでいくと、風船のゴムが劣化してしまって、風船は割れてしまうのです。


スポンサードリンク

上空で割れた風船はどうなるの?

上空で割れた風船は、その後どのようになるのでしょうか?

説明したように、上空での

  • 大気圧の変化
  • 上空のマイナス20~30度の気温

によって風船が割れると、地球の重力によって風船の破片は、ゆっくりと落ちてくるのです。

風船の素材は、天然ゴムでできています。これは、ゴムの木から出る樹液を集めて作られているので、地上に落ちてきた風船の破片は、自然に還ることが可能なのです。

土から生まれたものなので、土にかえることができるので、環境汚染にはならないのですね。イベントなどで使う風船が「ゴム風船」なのには、ちゃんとした理由があったのですね。

ちなみに、露天などで売っているふわふわ風船は天然のゴム素材ではないため、飛んでいってしまうとただのゴミになってしまいますので、飛んでいかないように気をつけましょうね!

風船って空で割れるとどうなるの?のまとめ

花の種やメッセージなどと一緒に、大空高く飛ばした風船は、種やメッセージカードの重みがあるので上空高くまでは飛べません。風に乗って飛んでいくうちに、しぼんで私たちの手元に届くのです。

宇宙と大気圏の境界は高度120kmといいますから、風船が宇宙まで飛んでいくことは難しそうですね。

ですが今後の研究や開発によって、気圧の変化や寒さにも耐えられるゴムができれば、風船が宇宙まで飛んでいくのも夢ではないのかもしれませんね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください