金魚と出目金を一緒にするといじめられるって本当?

夏祭りや秋祭りの出店のなかで、特に小さい子にとっては金魚すくいは、祭の最大のイベントのうちの1つです。

そんな金魚すくいの水槽の中は、赤い和金がほとんどで、たまに赤白が混じっている程度なことが多いんですが、中には出目金を入れている出店もあります。

そんな出店のおやじさんは、小さい子ほど「カモ扱い」にしています。

すくえなかった場合には「1匹もらえる」というのが相場ですが、300円の金魚すくいでもらえる赤い和金は1匹50円程度ですから、「金魚すくいは儲かる商売」なんですよね。

ただ目玉商品の出目金を子どもがビギナーズラックでゲットしまうこともあります。

ゲットした出目金を、和金と一緒の水槽に入れようとしている、そこのあなた!
ちょっと待ってください!、

「出目金」と「和金」の相性は、実は同じ金魚ながら非常に悪いのです!

スポンサードリンク

1.出目金は金魚からいじめられる?一緒に住むのは無理なの?

出目金と和金を一緒の水槽に入れると、旦那さんに止められたことで違う水槽で飼う事をした、あなたは大正解です!

実は金魚の中でも「和金」は、攻撃性が非常に高い事がわかっているんですね。
同じ大きさの和金同士なら問題がありませんが、1匹が大きく1匹が小さいと、小さないんぎょは確実に攻撃対象にされてしまうのです。

金魚は自分よりも小さい物は「エサ」として認識する事が多く、力関係によっては小さい金魚をツツキ回します。

結果、最悪の場合は、飼い主が知らない間に骨と化している場合もあるのです。

金魚の世界も人間と世界と同じということですね~。
力が物を言う世界という事です。

同じ種類の金魚でも最悪のケースをたどる事があるのですから、出目金など形のまったく違う金魚を同じ水槽に入れる事で、和金は出目金を攻撃対象に認定する事になってしまうのです。

よく思いだしてください。
金魚すくいの水槽の中で浮いている金魚がたまにいますが、多くは小さいタイプや違う種類のタイプが多いはずです。

中には病気の物もいますが、その多くは知らない間にツツキ回されて弱って、この世を去ってしまっているのです。

簡単に言えば、和金は「いじめッ子」という分類に属していると思っていた方が良いでしょうね。

出目金と和金を一緒の水槽で飼育すると、出目金が和金にツツキ回されでしまう結果が待っているだけなのです。

金魚を飼育する場合は大きさ、種類は同じ物にするのがベストなのです!


スポンサードリンク

2.金魚と出目金 寿命に違いはあるの?

「出目金と他の金魚では、寿命に違いがあるの?」って気になったことありませんか?
出目金は改良された品種だから他の金魚より短命なのでは?と考えている方も多いのではないでしょうか。

金魚は元々はフナの改良版ですから、結構飼育次第では長生きするのです。

初心者の方で「金魚が長生きしてくれない」と考え混んでしまっている方もいる事でしょう。

その原因の多くは、水槽内の水質悪化を防いでくれるバクテリアの存在です。
このバクテリアの有無が、金魚の寿命に大きく関わってくるからです。

水の管理とエサの管理をちゃんと行う事で、病気にかかりにくく金魚を長生きさせることが可能なのです。

金魚もうまく飼育する事が出来れば、種類によっては30cm近くになる物までいます。

ここまできたら金魚というより「フナ」ですけどね~。

ここまで大きくなる種類はある程度限定種ですが、それでも多くの金魚は20cm近くまで大きくなります。

金魚や出目金をうまく飼育する事が出来れば、10年以上の長寿の金魚も可能という事なんです。

先ほども紹介しましたが、水とエサをうまく管理出来れば10年越えも不可能ではないという事なのです。

3.金魚と出目金を一緒にするといじめられる?のまとめ

「金魚と出目金を一緒の水槽に入れても大丈夫なの?」ということについてご紹介してきました。

祭の出店の金魚すくいの金魚は、なにか病気を持っている可能性があるので、前から飼育している同じ和金の水槽にすぐに入れるのは危険と考えて置いて下さい。

別の水槽を用意して1週間程度様子を見て、元気そうであれば問題ありませんが、病気持ちなら1週間ともちませんからね。

金魚といっても結構飼育するのは大変という事がわかたでしょう。

命を飼育する訳ですから、飼育する側もそれなりに勉強しておくべきだと思いますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント