30代でファンデーションが浮くのは肌の劣化?大人のお肌ケアの事

この記事は約7分で読めます。

「いつもと同じメイクをしているのに、なんだか最近ノリが悪い」
「せっかくメイクをしたのに、すぐファンデが浮いてきてしまう」

30代になって、こう感じておられる方は多いのでは?

それは、年齢によるお肌の変化が原因かもしれません!

「30代はお肌の曲がり角」ということばもあるように。

もしあなたが20代の頃と同じケアをしているなら、お肌に合わなくなってきている可能性もあります。

そこで今回は、元美容部員の私がファンデーションが浮く理由について解説します。

後半では簡単にできる対処法や、大人の肌ケアについても触れています。

是非参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ファンデーションが浮く理由!気づかずやってる間違い行為とは?

そもそもどうして、30代になるとファンデーションが浮くと感じるようになるのでしょうか。

ここでは、まずその理由を見ていきましょう。

30代のファンデーションが浮く理由

ずばりそれは、お肌の水分量と皮脂量のバランスが崩れてしまうからです!

わかりやすく書くと、お肌にとっての水分とはみずみずしさを保つもの。

そして皮脂は、水分の蒸発を防ぐ膜のようなものです。

このふたつが適切なバランスを保っているお肌は、みずみずしく潤いのあるお肌です。

10代後半から20代前半の肌が、まさにこの状態です。

ふっくらとしてハリつやがあり、毛穴も目立ちにくい。

まさに、理想のお肌なんです。

30代の肌の状態はどうなっているの?

しかし残念ながら、年齢を重ねるとともに、このバランスは崩れていきます。

30代にさしかかる頃には水分量が少しずつ減っていくため、お肌の内部は乾燥しがちに。

そしてお肌の表面では、減っていく水分を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

この状態をインナードライ肌といいます。

この過剰な皮脂がファンデーションの油分と合わさることで、ファンデーションが浮きやすくなってしまうのです。

ついついやりがち!間違い行為って?

ここで、わたしたちが普段気づかずやりがちな間違い行為についてみていきましょう。

ご自身に当てはまるかチェックしてみてください。

間違い行為①ファンデーションの厚塗り
シミやくすみを隠そうと、ついついファンデーションを重ねていませんか?

余分なファンデーションがついていると、崩れやすくなるうえに、老けこんでみえてしまう可能性も!

間違い行為②誤ったスキンケアをしている
肌の表面がベタつくからといって、ベタつきを抑えようと頑張っている方も要注意!
  • 過度な洗顔やお湯を使った洗顔
  • さっぱりとさせる効果のある化粧水を使っている
  • ベタつくから乳液やクリームを使わない
  • あぶらとり紙を1日に何枚も使っている
これらの行為はベタつきを抑えるどころか、かえって肌の水分を奪って乾燥を招いてしまいます。

そしてその乾燥が、さらに過剰な皮脂を分泌させるという悪循環に・・・。

あなたの肌質は脂性肌?インナードライ肌?

ただ脂性肌といって、肌の水分量も多く、皮脂の分泌量も多いという方もいます。

脂性肌とインナードライ肌は、間違われやすいです。

一説では、30代前半の女性の7割から8割が、このインナードライ肌に当てはまるといわれています。

私が美容部員だった頃も、脂性肌だと思い来店されたお客様の水分量を計ったところ。

実は、インナードライ肌だった!なんてこともありました。

あなたはどっち?簡単セルフチェック!

「ベタつきが気になるけど、自分はインナードライ肌か脂性肌かなんてわからない!」
という方もおられるのではないでしょうか。

元美容部員の私としては、お店のカウンターでの水分量チェックをおすすめしたいところです。

ですが、なかなかお店へ行けない方も多いですよね。

そこで、簡単なセルフチェック方法をお伝えします。

1.普段と同じ洗顔をする
2.水分を拭き取り、スキンケアをせずそのまま10分おく

このとき、鼻筋やおでこはベタつくのに頬や目元は乾燥を感じるという方は、インナードライ肌の可能性が大きいです。

ちなみに脂性肌の場合は、全体的にベタつきがみられます。


スポンサードリンク

ファンデーションが浮く対処法と簡単にできるお肌ケア

では実際、どうすればファンデーションが浮きにくくなるのでしょうか。

もちろん、肌に合う化粧下地やファンデーションに買い替えるのも1つの手です。

でももったいないし、なかなか時間がとれない方もおられると思います。

そこで、ファンデの浮きを少しでも抑えるメイクのコツを3点お伝えします。

今お手持ちのアイテムでできることなので、是非毎日のお化粧に取り入れてみてください。

ファンデーションの浮きを抑える対処法

では、ここからはファンデの浮きを抑える具体的なメイクの方法を見ていきます!

ファンデーションの浮きを抑える対処法①肌の乾燥を防ぐ
メイク前のスキンケアで、しっかり肌に水分を入れてあげましょう。

特に、メイク前の洗顔のしすぎは禁物です!

優しく水で流すくらいで大丈夫。

ファンデーションの浮きを抑える対処法②水で濡らしたスポンジでファンデーションを塗る
水を含ませて、ぎゅっと絞ったスポンジでファンデーションを塗ると、肌との密着度が上がって崩れにくくなります。

このとき、顔の中心から輪郭に向かって薄く薄くを意識してつけていきましょう。

輪郭は陰になる部分なので、ファンデーションをあまりつけすぎないほうが小顔効果もありますよ。

ファンデーションの浮きを抑える対処法③余分なファンデーションの落とし方
余分なファンデーションティッシュオフするかブラシで落とす!

この一手間がとても大事なんです!

余分についたファンデーションを落とすことで、崩れの原因を減らすことができます。

ただ、どれだけ頑張っても浮いてきてしまう日ももちろんあります。

その日の肌の状態や、気候なども影響するので仕方がないことも。

そんなときもこの対処法の3つめを意識してお直しをするといいですよ。

ポイントはそのまま重ねるのではなく、予め崩れた部分など余分なものを落としてからお直しをしていくことです。

ぜひ意識してみて!簡単にできる大人のお肌のケアのこと

ファンデーションを浮きにくくするためには、日頃からのお肌のケアももちろん大事です。

メイクの崩れを抑えるだけでなく、若々しい肌を保つためにできる簡単ケアをまとめてご紹介します。

  • 顔の産毛をこまめに処理する
  • こするのではなく、赤ちゃんに触れるくらいの優しいタッチで洗顔をする
  • 日焼け止めや日傘などで、紫外線からお肌を守る
  • 水分をこまめにとり、お肌の水分量を保つ
  • 低刺激、アルコールフリーのスキンケア商品を取り入れてみる
どれも日常的に取り入れられることだと思うので、ぜひ意識してみてくださいね。

30代でファンデーションが浮くのは肌の劣化?大人のお肌ケアの事のまとめ

30代の肌に起こる変化や、簡単にできるテクニックを主にまとめましたが、いかがでしたか。

最後に、私が美容部員の頃に講習で教わった大事なことを1つお伝えします。

それは「健康的な生活を送ることが、どんな高級スキンケアよりもお肌に効く!」ということです。

脂っこいものを食べすぎると胃がもたれるように、お肌に出来物ができたりしませんか?

睡眠不足が続くと頭が回らないですよね。

お肌の細胞もうまく生まれ変わることができず、将来的にシミやくすみの原因にもなってしまうことも。

なにより、クマが目立って、それだけでも不健康に見えてしまいますよね。

今日が人生で一番若い日です!

毎日なにかと忙しいとは思いますが、自分を大事にして素敵に年を重ねていきましょう。

スポンサードリンク

コメント