特に暑い季節になってくると、気になってくる『靴の臭い』。私も昔っから足の裏が汗っかきで、靴の中が蒸れて、すぐに臭ってきちゃいます。

そんな『引き継がなくてもいい親の特徴』まで、しっかりと受け継いでしまったうちの娘も(ごめんねぇ><)、この季節になると学校から帰ってきた靴の中はしっかりと『ムレムレ』しちゃってて、かなり臭いんですよね~。

靴の臭いをとるために、ちゃんと靴を洗った後は臭いもとれて臭くないんだけど、まだ靴をはきはじめたらすぐに臭ってきちゃうんですよね。

この記事でお伝えしたいこと
  • キレイに洗って除菌もできてるのに、何でまたにおってきちゃう?
  • 靴を履き始めたら臭くなってくるにおいを抑えるにはどうしたらいい?
  • 外出時に靴から異臭が!緊急事態にお勧めの応急処置

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

靴の臭いって洗ってもまたすぐに臭ってきちゃう

せっかくキレイに洗って、におわなくなった靴でも、またはきはじめちゃうと、同じように臭ってきてしまいますよねぇ。靴を洗うのって結構大変だから、本当嫌になっちゃいます。

靴の強烈な臭いもキレイにとっちゃう洗い方は、『子供靴が臭いときに洗っても消えない頑固なにおいを取っちゃう洗い方!』の記事で紹介しています。興味のある方はどうぞ。

キレイに洗った靴なのに何でまたすぐ臭ってくる?

でも、何で『キレイに洗って臭い菌も除菌できてるはずなのに』、またすぐに臭ってきてしまうんでしょう?

靴を洗った後って、臭い菌もある程度は除菌できてるんだけど、実はその臭い菌って『足の裏』にもいるんですね。(足も臭かったりしちゃいますもんねぇ)

その『足の臭い菌』が、靴の中のムレムレした居心地のいい環境の中で『増殖』してしまうから、またすぐに『せっかく洗ったのに、臭ってきちゃう』っていうことになっちゃうんですね~。

だったら、足の裏の臭い菌を完全に消し去っちゃえばいいんじゃない?って思うけど、『体の臭い』ってなかなか完全に消すってことは難しいですからねぇ。

どうしても臭うのが嫌だったら『臭う ⇒ すぐに洗う ⇒ またすぐに臭う ⇒ 頑張ってすぐに洗う ⇒ …』って感じで、頑張るしかないんでしょうか?

靴の臭いを抑えるためには普段からの靴のケアが大切

そんな『靴の臭いとのイタチごっこ』は、きっとこれから先も続いていくことになるんでしょうねぇ。でも、履いた後の靴に対して『毎日のケア』をちゃんとしてあげることで、靴の中の臭い菌が大繁殖してしまうことを最小限にとどめて、臭いにくくすることは可能なんです。

せっかく頑張って洗った靴なのに、次の日に子供が学校から帰ってきて、脱いだ靴からまた異臭が…とかって、かなりショックですもんね。

普段から気を付けたい毎日の靴ケア

毎日同じ靴をはかないようにする
靴は一度ムレムレになっちゃうと、一晩置いておいただけでは、完全に乾燥できてません。そして、その湿り気の残った靴を次の日も履いて学校に行くと、靴の中が乾燥することがないまま、またムレムレ状態になってしまって、臭い菌が増え放題になってしまいます。

毎日同じ靴をはかずに2~3足の靴をローテーションしてまわすのが理想的ですね。

ただ、うちの子もそうなんだけど、子供って靴が何足あっても『基本、気に入った靴を続けて履きたがる』ってことがよくあります。

なので、できれば学校から帰って靴を脱いだら、玄関から別の『風通しのよい場所』に移動して、次のローテーションが回ってくるまで、しっかりと靴の中を乾燥させてあげるようにしましょう。

脱いだ靴は下駄箱にしまわない
『同じ靴を毎日はかない』でも話したように、ムレムレになった靴はすぐには乾きません。なので『脱いだ靴をそのまますぐに下駄箱に入れる』のは、一見『お行儀が良さげ』にはみえるけど、『靴の臭い』的なことから考えると、よろしくないんです。

下駄箱は一般的には風通しも良くないし(風通しがいい下駄箱は見たことがないけど)、靴のムレムレが取れないまま『臭い菌が繁殖しやすい状態での保管』となっちゃいます。

なので、履き終わった靴は玄関や下駄箱にはしまわずに、ベランダや玄関先とかの『風通しのよい場所』に置くようにすると、靴の中も早く乾燥して、臭い菌が繁殖しにくい状態にすることができますよ。

履き終わった靴の中敷きも交換する
足って主に汗をかくのは『足の裏』です。その足の裏にかいた汗っていうのは、靴の中敷きが吸い取ってくれています。なので、私やうちの娘みたいに『油足』の人が履き終わった靴の中敷きは『かなりの湿りっ気を帯びてる状態』になってます。

なので、その水分で潤った『靴の中敷き』を取り出してやるだけで、靴の中が乾燥する速さが全然違ってくるんですね。

できれば、靴の中敷きも何枚か用意しておいて、ローテーションしてあげると、より効果的ですよ。靴の中敷きは、別に消臭効果があるようなものじゃなくても、全然大丈夫です。あとは『足にフィットした形』とか、『色やデザイン』とか、子供の歩きやすいもの、好きなものでオッケーです。

靴を乾燥させるときに脱臭もしちゃう
履き終わった靴を早く乾かすことで、臭い菌が増えるのを抑えることができて、結果『臭い抑えること』ができるんだけど、それでもやっぱりちょっとは臭っちゃいますよね。

そんな時には、靴を乾燥させる時に、脱臭や消臭効果があるようなものを靴の中にいれておくと、靴についた汗の臭いなんかも消臭してくれるのでお勧めです。

靴の中の脱臭・消臭効果があるもので、お勧めなものは次のものがあります。

靴の中に入れておくと脱臭消臭効果が期待できちゃうもの
  • 10円玉
    ⇒銅イオンに殺菌作用があるので、銅で作られている10円玉を靴に入れておくことで、靴の中の臭い菌を殺菌してくれます。
  • ドクダミ
    ⇒ドクダミの葉っぱには消臭効果があるので、近くの土手に生えてるドクダミをとってきて、靴の中に入れておきます。すると、ドクダミの独特の臭いも消えて、一緒に靴の中の臭いも消臭してくれてるのには驚きです。

  • ⇒炭に脱臭効果があることは有名ですよね。100均に売ってる炭でも十分効果がありますよ。ただ、脱臭用の炭は『低温でじっくりと焼かれた炭』で、柔らかくて汚れがつきやすいので、直接靴の生地に触れないように、靴の中に紙を敷いてその上に炭を置くなどして、靴が汚れてしまわないように気をつけましょう。
  • グランズレメディ
    ⇒『グランズレメディ?』何それ?(今、私の頭の中では『ザプーチンズのナニコレ』が流れてます♪)これは『ニュージーランド生まれの靴用除菌・消臭パウダー』のことで、はっきり言って、その消臭効果はすごかったです。

    このグランズレメディっていう粉を靴の中に入れておくと、臭い菌をやっつけてくれちゃいます。

    そして、この粉のすごいところは『粉を靴底にふりかけたまま靴が履けちゃう』っていうことと、『振りかける ⇒ 履く』を1週間続けると、なんと半年間もその消臭効果が持続して『靴がにおわない』んです。どっちかと言う、娘用と言うよりも私用に愛用してます。

    グランズリメディの詳しい情報はこちら(外部サイトへ移動します)


スポンサードリンク

靴が臭くてヤバい時のお勧めの応急処置

子供も小学生とかになると、友達付き合いもでてきて『今度のお休みの日はお友達の家に遊びに行ってくる』なんてこともあります。そんな時に気になるのが、靴を脱いだ時のムレムレの靴から立ち込める臭い。

夏の暑い季節になると、靴の中もムレムレになって、靴を脱いだ瞬間に『異臭』がしてきちゃう…なんてこと、経験ありませんか?同じ事が、子供がお友達の家に遊びに行って靴を脱いだ時に、玄関に靴の臭いが充満しちゃう…考えただけでもおそろしいですよね。

そんな時には『携帯用の消臭スプレーが便利です。さすがに『完全に臭いを消し去る』ってのはムリだけど、臭いを軽減してくれる効果は期待できます。子供に携帯させて『お友達の家で靴を脱いだら、自分の靴の中にシュッシュってしておいてね』って言っておけば、子供の靴だけ臭すぎてからかわれたり、家の人の顔がしかめっ面になっちゃうこともなくなるので、安心です。

さいごに

場合によっては『靴の中でヨーグルトでも作ってる?』みたいな、乳製品が発行したような臭いまでしてくる、子供の蒸れた靴の臭い。そんな臭いをどうにかしてあげたいと、一生懸命に洗っても、また靴を履き始めたら何日もたたないうちに、臭いが復活しちゃいます。

その臭いを少しでも軽減してあげられるように、日々の靴ケアの参考にしていただけると嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

子育てのお役立ち情報
生活の知恵/雑学のお役立ち情報

コメントを残す