子供の成長は日々喜ばしいものですが、誕生日プレゼントとなると悩む方も多いのではないでしょうか?

少子化の時代ともなると、子供の数は少なくてもかまってくれる大人は多いですもんね。
なので、誕生日プレゼントもあちらこちらから貰うことになります。

「子供も喜んでいるし、いいのかなぁ」なんて思いつつも、やっぱり気になりますよね。
そしてその結果、2、3回遊んだだけで飽きてしまったおもちゃの山…。

今回は、そんな子供への誕生日プレゼントについて、「誕生日プレゼントは何個くらいが良いのか」だとか、「みんなプレゼントの中身はどうしてる?」といった内容をご紹介していきます!

スポンサードリンク

1.平均的なプレゼントの個数はどのくらい?

私が子供のころは、一緒に同居している祖父母も含めて1つのプレゼントをもらっていました。
でも今は核家族だからか、祖父母と両親別々にプレゼントをもらう子供が多いよう。

2016年のデータだと、子供へのプレゼントは平均3.3個!
予算合計は2万円!

これって多いでしょうか?
それとも意外と少なめ?

母方父方それぞれの祖父母、そして両親から1つまたは1つずつもらうと考えると、妥当な数なのかもしれませんね。

2.子供への誕生日プレゼント おもちゃ以外で実用的なものは何がいい?

せっかくプレゼントしてもらえるのなら、積み上がり続けるおもちゃの山より、
  • 長く使えるもの
  • いつでも使えるもの

のほうが、親としてもありがたいですよね。

ということで、オススメなプレゼントがこちら。

  • ひらがなさいころつみき
  • 絵本
  • ブレイブボード
  • 色鉛筆 ユニカラー

(1)3歳~5歳の子供への誕生日プレゼント

この時期は体を動かして楽しむほか、知的好奇心を満たすものがあると、なお良いでしょう。

上にお兄さんやお姉さんがいると、自分も同じ事をやってみたくなる時期でもあるので、選び方には工夫が必要ですね。

①ひらがなさいころつみき(くもん出版)
初めてのひらがなには、こういった教材がちょうどいいですね!
いつもの積み木遊びから少しグレードアップして、名前や野菜の絵柄を作り出すこともできます。
子供にも簡単に持てる大きさですし、かわいらしい絵で楽しく遊べちゃいますよ!

②絵本
定番ですが、想像力をきたえることができ、決まり事を守ることを教えてくれるプレゼントです。
子供の好みもありますし、「これがほしい!」となった場合や図書館で同じ本を繰り返し読んでいるとき。
そんなときには、自分専用の絵本を買ってあげるのもいいでしょう。

おススメなのは

  • 「そらまめくんのベッド」(福音館書店)、
  • 「もったいないばあさん」(講談社)

などです。
シリーズものであれば1冊読んでも他の絵本も探せますね。

(2)6歳以上の子供への誕生日プレゼント

小学校入学を控えていると、プレゼントも学校で使えるものになりがちですよね。
でも入学後ともなると、友達も増えて外で活発に遊ぶようになります。

学校の授業だけでなく、友達と手紙を交換するといったこともあるでしょう、
なので、そういった「交友関係を広げられる道具」があると良いですね。

①ブレイブボード
ブレイブボードの対象年齢は8歳からですが、実際には5~6歳から始める子もいます。
ヘルメットなどをつけて安全に配慮したうえで、思いっきり遊ばせてあげましょう!

子供は上達が早いので、すぐにいろいろな技を覚えます。
大人用も子供用もあるので、休日には一緒に遊んでみるのもいいかもしれません。

②色鉛筆 ユニカラー(三菱鉛筆)

  • 36色
  • 72色
  • 100色

から選べる色鉛筆。
持ち運びもできるので、学校や外出先でも使えます。

女の子も男の子もたくさんの色を使うことが大好きなので、こういった大人用の色鉛筆も楽しく使いこなせます。


スポンサードリンク

3.子供への誕生日プレゼント 渡し方ってどうしてる?おススメの方法は?

プレゼントをあげるにしても、子供には
  • そのありがたみをわかってもらいたい
  • 甘やかしすぎないようにしたい

と思うのも、親としては当然の心理。

だからこそ、渡すときにはポイントがあります。
キーワードは、「感謝」と「お礼」です!

(1)誰からのもらいものなのか理解させる

最近は親戚が遠方にいることも多く、誕生日プレゼントが宅配便で送られてくることもありますよね。
顔の見えない相手からもらうと、それこそプレゼントが勝手に降ってきたように思いかねません。

まずは、親が子供に、「おばあちゃんからのプレゼントだよ」と子供に手渡しすることが大事です。
「去年の夏休みに会ったよね」など、情報を付け加えて具体性を持たせるのもいいでしょう。

(2)プレゼントをくれた人へお礼をさせる

プレゼントをもらうとついつい遊ぶことを優先したくなりますが、そこを一旦ストップ!

早いうち、できればもらった日のうちに相手にお礼をしましょう。
もちろん、実際に何か特別なものをおくることはしなくても大丈夫。
子供が自分でお礼の言葉を言うことが大事なんです。

私も昔は電話口でお礼を言わされました…^^;
電話が嫌いだったのでつらかったですが、大事なことだったんだなあと大人になってからわかります。

電話がどうしてもいやだ、という子には手紙か電話を選ばせてあげてください。
手紙を書いたら、親が取り急ぎ電話でお礼を言う、というのもアリでしょう。

子供が「相手への感謝の気持ち」を忘れないように気をつけたいものですね。

4.子供の誕生日プレゼントまとめ

いかかでしたか?

子供への誕生日プレゼントは「平均3個」です。
長く使えたり、子供の教育のためになったりするものをプレゼントにすると、親も一安心です。
また、子供に対してはプレゼントをくれた人を認識させ、お礼を言えるようにすることが大切ですよ!

せっかくの誕生日プレゼント。
物に対する気持ち、相手への感謝や思いやりの気持ちを育てる、そんなきっかけにできるといいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<子育てのお役立ち情報>
子育てのお役立ち情報はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください