子供のメイク落としで肌が弱い子でも安心の方法!

昔とは違って、子供でもメイクをする機会が多くなってますよね。

バレエを習ってれば発表会の時にはバレエメイクしなきゃいけなかったりします。

バレエメイクをすることで、一気に気持ちも盛り上がって集中することができますよね。

そんな風に習い事をしていないときでも、ここ数年でさら色んな所でなる盛り上がりを見せているハロウィン・パーティー!

そんなイベントでの仮装やメイクを家族みんなで楽しんでる、そんな人達も増えてきてます。

肌が弱い子供の場合には、発表会やイベントの仮装のときのメイク以上に気になるのが「メイク落とし」です。

そこでこの記事では

  • 肌が弱い子供でも安心してできるメイク落とし方法
  • 肌が弱い子供にも使えるお勧めのメイク落とし
っていうことについて、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク
  

子供にメイクをさせてあげたいシチュエーション

子供の肌が弱かったりアトピーがあったりすると、メイクをしたりして肌が荒れてしまうのが心配です。

なので、普段は子供が興味を持ったりしても、我慢させたりしないといけませんよね。

でも、中には

  • バレエなどの習い事の発表会のとき
  • 753での写真撮影のとき
  • 学校での学芸会とかの発表会のとき
  • みんなで楽しむハロウィンでの仮想パーティーなどのとき
といったように、『せめてこんなときくらいは』と何とかメイクをさせてあげたい時もあります。

このよいうに、普段は我慢させてるメイクも、子供が寂しい思いをしないように『このときくらいは』って思うことは、意外と多かったりするものですよね。

肌が弱い子供のメイク落とし 経験者お勧めの方法

そんなメイクも、メイクする前には『肌に刺激の少ないメイクはないかなぁ?』っていう風に気を使って探したり調べたりしますよね?

でも意外と忘れちゃいがちなのが、イベントが終わった後のメイク落としなんです。

そこで、肌が弱い子供にも安心のメイク落としの方法をご紹介します。

肌に刺激の少ないメイクの落とし方
1.刺激の少なめのメイク落としを準備します。
低刺激をうたってるものなら、そこまで気にしすぎる必要はないです。

低刺激のクレンジングオイル「ファンケル マイルドクレンジング オイル」の詳細を見てみる

2.メイク落としでクルクルとメイクになじませていきます。

3.しっかりとなじんできたら、こすりすぎないように気をつけながらふき取ります。

4.こちらも低刺激の洗い流すタイプのクレンジングを使って、こちらもクルクル回すようにしてしっかりと泡立てて洗います。

5.そのまま更に、固形石けんを手のひらでしっかりと泡立てます。
その泡でクルクルとしっかりメイクを落としていきます。

6.水でキレイに洗い流しましょう。

7.普段使っている薬があれば、その薬を塗りましょう。
なければ保湿クリームを塗って完了です♪
■高評価の保湿クリーム「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」の詳細を見てみる

この方法は実際にアトピー肌の子供が舞台メイクを落とすときにやっている方法なんです。

コツはメイク落としにこだわり過ぎるよりも、時間をかけてしっかりと落とすことですね。

普段よりも丁寧に優しく時間をかけて落としていくので、逆に肌の調子が良かったりするみたいですよ。


スポンサードリンク

子供の肌が弱いときのお勧めのメイク落とし

前述したように、肌が弱い子供のメイク落としは時間をかけてゆっくりと丁寧に落としていくことが大切なんですよね。

でも、できれば時間をかけずに手軽に落としたいっていう人もいるかと思います。

それ以外にも、例えばバレエの発表会が終わったあとに、できるだけ肌に影響がないように少しでも早く落としたいっていう場合もありますもんね。

そんなときに、おすすめのクレンジングがあります。

それが、ink.(インク)のクレンジングバーム『とろけるクレンジング』です。

この「とろけるクレンジング」は、大手通販サイト楽天でも1位を獲得してる、大人気のクレンジングバームなんですね。

これ1つで、しっかり落とせてしっかりと潤ってくれるんです。

口コミでの総合評価も4.45(2017年10月1日現在)と、かなりの高評価なので安心して使うことができますよね。

しかも、約10日分のお試しなので、子供のイベント用として使う分には十分ですもんね。

余った分はママがお試しで使ってみてもオッケーですよ。
■ink.の「とろけるクレンジング」の詳細を見てみる

イベント後の子供のメイクの落とし方!のまとめ

肌が弱い子供のメイク落としについてご紹介してきました。

普段は肌が弱いからっていう理由で、興味のあるメイクも我慢させてても、何か特別な機会くらいはできれば楽しませてあげたいですもんね。

ぜひ、そんなときの参考にしてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント